猫がやきもちや嫉妬をしている時にする7つの行動

猫がやきもちや嫉妬をしている時にする7つの行動

猫は非常に感情豊かな生き物です。時にやきもちや嫉妬をすることもあります。この記事では、猫がやきもちや嫉妬した時の仕草や、対処法などについて具体的に紹介します。

4496view

猫がやきもちや嫉妬をしている時にする7つの仕草

白背景でこちらを見る猫

猫がやきもちや嫉妬をした時、具体的にはどのような態度を出すのでしょうか。
猫がやきもちや嫉妬をした時の行動について、いくつか例を出して紹介していきます。

飼い主を噛む

気の強い猫や去勢前のオス猫だと、やきもちや嫉妬をして飼い主に噛みつくことがあります。
猫に噛みつかれると嫌われているのかなと思いがちですが、そうではなく「飼い主が他の存在に奪われる」といった危機感から噛みつくという攻撃に出ているのです。

やきもちや嫉妬の対象に喧嘩をしかける

猫は気に食わない相手がいると、猫パンチなどをして喧嘩をしかけることがあります。
「ここは自分の縄張りだ」「飼い主は自分のものだ」とやきもちや嫉妬の対象に訴えかける猫もいるのです。

遠くからじーっと見つめてくる

普段クールな猫やプライドの高い性格の猫は、嫉妬心などないように見せかけていることがあります。しかし、本心としては気になるので、遠くから飼い主を見つめてアピールしてくることがあります。

割り込んでくる

飼い主がTVを見ている時にTVの前に居座ったり、PCの作業中にキーボードに寝転がったりして、割り込みをする猫がいます。これらの行動は、猫がやきもちをやいていて、構ってほしいがためにわざとやっていることがあるのです。

鳴いてアピールしてくる

鳴き声を出すことによって「構ってくれ」とアピールする猫もいます。
人間も誰かに構ってほしい時は「ねえねえ」と声かけするように、猫も「ニャー」と鳴いて人間に声かけすることがあるのです。

粗相をする

猫によっては、粗相で嫉妬心を表す場合があります。
体も健康で、トイレできちんと排せつできるはずなのに、新しい同居人が増えたと同時に粗相をして飼い主を困らせたという声も少なくありません。
わざと粗相をする理由として「ここは自分の縄張りだ」と強くアピールしたいといった猫の心理が隠れているのです。

家出をする

中には嫉妬心から家出をしてしまうこともあります。
「自分には居場所がない」「どうせこの家にいても構ってもらえない」と猫が思ってしまい、やきもちをやいた猫が家を飛び出してしまうことがあるのです。

猫もやきもちや嫉妬をするのか

伏せている猫

猫はやきもちや嫉妬をしやすい生き物です。もちろん、猫によってその差はありますが、特に子猫の時から飼い主と一緒に過ごしており、飼い主を母親のように慕っている場合は、嫉妬しやすい傾向にあります。

猫の脳は人間の脳の構造に近く、脳の中の「大脳皮質」という部分が発達しているといわれています。この大脳皮質という部分は、記憶や感情を決定する重要な器官です。なので、人間のように悲しんだり、喜んだり、そして、時にはやきもちや嫉妬したりすることもあるのです。

猫は何に対してやきもちや嫉妬をするのか

垂れ目の猫

猫は実にさまざまなものに対してやきもちや嫉妬をします。他の猫が対象になることもあれば、人間が対象になることもありますし、場合によっては物に対してやきもちや嫉妬をすることもあるのです。
以下、具体的にどのようなものに対して猫がやきもちや嫉妬をするのか詳しく紹介していきます。

他の猫や動物に対してやきもちや嫉妬をするケース

よくあるケースとして、多頭飼いをしているおうちで特定の猫ばかり可愛がっていると、他の猫がやきもちや嫉妬をすることがあります。特に、新入り猫など後から家に来た猫に対しては嫉妬しやすく、拗ねてしまう場合もあるのです。
また、猫に限らず犬や鳥、うさぎなど他の動物を飼っている場合でも「飼い主が他のやつにとられた」と思ってしまう場合があります。

人間の赤ちゃん、彼氏・彼女に対してやきもちや嫉妬をするケース

結婚をして旦那さん・奥さんができた場合や、子供が生まれた場合など、新しく家族が増えることがありますが、そのような時にやきもちや嫉妬をする猫もいます。
新しく家に入ってきた伴侶や子供は、猫からしてみれば「新入り」です。それなのに、新入りの方ばかりに飼い主が構っていると不快に感じるのです。
また、彼氏や彼女が家に遊びに来た際、飼い猫に全く構わないと、その恋人に対してやきもちや嫉妬することもあります。
なので、今まで同居していなかった人間を家に入れる場合は、猫にも気を使ってあげましょう。

飼い主が他の物に夢中になっているとやきもちや嫉妬をするケース

猫は物に対してもやきもちや嫉妬します。例えば、飼い主がTVやスマホ、PC、新聞などに夢中になり、猫に構ってあげることを怠っていると、物に対して嫉妬心を覚えるのです。

他にも、ぬいぐるみを可愛がっていたら猫が嫉妬したというケースもあります。

上記の動画では、ぬいぐるみを可愛がったら猫はどのような反応を示すのか実験をしており、猫がやきもちや嫉妬している様子を見ることができます。

猫がやきもちや嫉妬をした時の対処法

抱きかかえられ寝ている猫

猫がやきもちや嫉妬をした時に有効な対処法は、とにかく猫に構ってあげることです。
生活環境がいつもと違う時こそ、今まで以上に猫とスキンシップをとったり、猫じゃらしで遊んであげたりしましょう。
もし家の部屋数に余裕がある場合は、猫と飼い主だけでゆっくり遊べる部屋を用意し、しばらくの間その部屋の中で猫に構ってあげることも非常に有効です。

まとめ

抱きかかえられこちらを見る猫

生活環境が変わって同居人が増えたり、新しいペットを飼ったり、忙しい時はつい先住猫にまで気が回らなくなりがちです。
しかし、構ってもらえないことが猫にとってストレスになることだってあります。
ストレスから体調不良や問題行動に繋がることもあるので、猫のことを考えて、常に愛情たっぷり注いであげることがとても重要です。

人気のキーワード