猫が飼い主を無視するときの本当の気持ち5つ

猫が飼い主を無視するときの本当の気持ち5つ

猫の名前を呼んでも無反応だったり、遊びに誘っても相手にしてもらえなかったり、猫に無視されていると感じることありますよね。猫がなぜ飼い主さんを無視してしまうのか、どんな気持ちでいるのかご紹介します。

955view

1. 一人でいたい

窓の外を見る猫の後ろ姿

猫は基本的に単独で行動する生き物です。飼い主さんにべったりしない猫は一人で過ごしたいと思うこともあるようです。決して飼い主さんを嫌って無視しているわけではありません。猫の名前を呼んだときに、猫をよく見ると、耳を飼い主さんのいる方向へ動かしたり、しっぽを動かしたりして返事をしていることがあるんです。

2. 眠い

横になるメインクーンの顔

人間も眠いときはそっとしておいてほしいものですよね。猫も眠いときは飼い主さんの呼びかけや誘いに応じないこともあるんです。猫の一日の睡眠時間は14時間ほどあります。眠そうな表情、眠ろうとしている様子なら、猫に構わずにそっとしておいてあげましょう。

3. 集中している

遠くを見ている茶白の猫

遊んでいる、家の中を歩いてパトロールしている、物音を聞いている、虫など動くものを見つけた、などのときは猫が集中しているときです。こういったときは、飼い主さんが猫の名前を呼んでも「それどころじゃない!」といった感じで反応してくれないことが多いでしょう。

4. お気に入りの人ではないから

此方をみる猫

これは飼い主さんとしてはショックですが、猫にもお気に入りの人がいます。家族で猫を飼っている場合によく分かるのではないでしょうか?

主に猫のお世話をしている人が呼んでもそっけない態度や無反応なのに、猫がお気に入りの人が呼ぶと、とてもうれしそうに鳴いてゴロゴロスリスリするということがあるんです。我が家の猫もお気に入りの家族がいて、その家族が呼ぶときだけ子猫のような鳴き声で返事をします。

5. 名前をわかっていない

不審そうな子猫

名前をつけたばかりの猫は呼ばれてももちろん反応しませんが、自分の名前を覚えるまでにかかる期間は猫によって違います。

子猫から育てて、すぐに名前を覚える猫もいれば、1歳を過ぎても名前をわかっているのか飼い主さんが見てもわからない猫もいます。呼んでも無視しているのは、猫が自分が呼ばれていることをわかっていない可能性があります。

まとめ

横になっている猫

猫の性格はツンデレ、自由気ままなど言われていますよね。飼い主さんを無視することも、猫あるあるなのかもしれません。

しかし、猫も気が乗らないだけで飼い主さんを無視しているのではないようです。眠い、遊びやパトロールなどで忙しいときなどは飼い主さんに反応してくれません。

また、お気に入りの人が別にいたり、名前を覚えていなかったりと、飼い主さんとしては少し悲しい理由もあります。猫が今どのような気持ちなのか察して、しつこく構いすぎないようにしてあげたいですよね。

スポンサーリンク