猫にブロッコリーを与えても大丈夫?メリット・デメリット

猫にブロッコリーを与えても大丈夫?メリット・デメリット

まるで、緑色の花束のようなブロッコリー。体に良い食べ物として知られています。でも人間にとっては良くても、猫にとってはどうなのでしょう?猫にブロッコリーを与えても大丈夫なのか、そのメリットやデメリット、与え方をお伝えします。

565view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫にブロッコリーを与えても大丈夫!

ブロッコリーをつかむ猫
  • 猫がブロッコリーを食べても害はない
  • ブロッコリーを与える量に注意する

猫にブロッコリーを与えるのは基本的にはOKですが、量には気をつけてください。ブロッコリーの親戚であるカリフラワーや、ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトも同様です。

適量を守ってうまく使えば、愛猫の健康維持に役立てることができます。

猫にブロッコリーを与える良い効果

ブロッコリースムージーと猫

愛猫がブロッコリーを食べる事のメリット、デメリットをお伝えしていきましょう。

猫にブロッコリーを与えるメリット

  • ブロッコリーには殺菌作用と抗酸化作用がある
  • 老化防止の作用がある
  • 肝臓の解毒機能を活発にする働き
  • 抗ガン作用
  • 体内の老廃物や有毒物質の排出を促す
  • 便秘解消
  • 貧血の予防

ブロッコリーに含まれる代表的な成分として、グルコシノレートがあり、これは消化されるとイソチオシアネートに変化します。イソチオシアネートは強力な殺菌作用と抗酸化作用があります。

それ以外にもビタミンC、Eやβカロテンが豊富なので、老化を抑える作用があります。

また、ブロッコリーに含まれるグルコシノレートやスルフォラファンという成分には、肝臓の解毒機能を活発にする作用や、抗ガン作用があると言われています。猫の体内の老廃物や有毒物質の排出を、促すと考えられています。

ブロッコリーは食物繊維やマグネシウムも豊富なので、便秘解消にも役立ちます。

ただ、猫にとって食物繊維はマグネシウムの摂り過ぎは、逆に便秘を酷くさせてしまったり、尿路結石の可能性を増やしてしまったりする場合がありますので、与える量には注意が必要です。

その他にも、長生きに良いとされる葉酸や、猫にも良く見られる鉄欠乏性貧血に効果的な鉄分も含まれています。鉄の吸収を高めてくれるビタミンCも含まれていますから、適量を守れば貧血の猫にもオススメです。

ブロッコリーを与えてはいけない猫

ストップの看板と猫

甲状腺機能低下症の猫

ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは、健康な猫の場合は有効に働いてくれる期待が持てるのですが、ヨウ素欠乏により甲状腺機能低下症になっている猫にとっては、逆効果です。

健康を促進してくれるはずのスルフォラファンがヨウ素の取り込みを阻害してしまい、症状が悪化する可能性があります。ただ、ブロッコリーを加熱する事で、その問題はなくなります。

ブロッコリーのアレルギーがある猫

また、ブロッコリーに対してアレルギーを持っている猫もいますので、充分注意しましょう。初めてブロッコリーを与える時はごく少量にして、愛猫の様子を見ながら量を増やしていくようにしましょう。

猫にブロッコリーを与える時の注意点とは

ブロッコリーの臭いを嗅ぐ猫
  • ブロッコリーは1日1房程度にしておく
  • 加熱をして細かく切って与える

猫に与えるブロッコリーの量は、1日小さじ1杯程度にしましょう。与え過ぎは良くありません。ご飯に小さなブロッコリーの房を1つ、ちょこんと乗せておく程度で充分です。

生のブロッコリーは消化が難しい場合があるので、加熱して与えましょう。猫が食べやすいように、細かく切るとベストです。

ブロッコリーを加熱するポイント

加熱する際、お湯で茹ですぎるとせっかくのビタミンが溶け出してしまうので、短時間にするか電子レンジで加熱しましょう。

芯は食物繊維が多過ぎて良くない、とする意見もあれば、芯の方が栄養豊富なので使った方が良い、という意見に分かれます。愛猫の様子を見ながら、与えるようにしてください。

カリフラワーの与え方

カリフラワーもブロッコリー同様に、加熱してから細かくして与えると良いでしょう。

ブロッコリースプラウトの与え方

  • ブロッコリースプラウトは生のままでもOK
  • ブロッコリースプラウトは抗ガン作用がある

ブロッコリースプラウトは、肝臓の機能をサポートしてくれ、抗ガン作用があると言われるスルフォラファンが非常に豊富です。

ブロッコリースプラウトは加熱せず、生のまま細かく切って与えましょう。スルフォラファンは揮発しやすい成分ですので、食べる直前にカットするようにしてください。

中には、猫草のようにバリバリ食べる猫もいるとか。スルフォラファンの働きは3日間持続すると言われていますので、さほど頻繁に食べさせることはないようです。

また、ブロッコリースプラウトは商品によって含まれるスルフォラファンの量が異なるので、同じブロッコリースプラウトでも、選び方には注意した方が良さそうです。

まとめ

ブロッコリーの臭いを嗅ぐブルーの猫

最近は、結婚式のブーケトスの新郎バージョンで、ブロッコリートスというのも定番になりつつあるようです。そんな身近な野菜であるブロッコリー。うまく使って愛猫の健康に、役立てましょう!

人気のキーワード