捨て猫を見つけた時に取る行動と保護した際の対処法

捨て猫を見つけた時に取る行動と保護した際の対処法

捨て猫を見つけた時、あなたならどうしますか?道を歩いていたら、どこからか聞こえてくるか細い「ニャ〜ニャ〜」という鳴き声…。ふと見ると、まだ幼い子猫が捨てられていた…。捨て猫を発見する事態にいつ遭遇するか、分かりません。ここでは、捨て猫に対して取れる方法を考えていきます。

12512view

捨て猫を見かけたら

目をつむる野良猫

か弱い捨て猫を見かけた時、どうするかは人によって違うでしょう。すぐに捨て猫を保護しようとする人もいれば、素知らぬ顔で通り過ぎる人、どうしようかとその場で悩む人…。捨て猫が1匹ならまだしも、何匹もいるとなると、私も悩むと思います。

でも、そのままにしていたら、その捨て猫はどうなってしまうのでしょうか?運良く他の人が拾ってくれれば良いですが、最悪の場合は衰弱して死んでしまうか、あるいはカラスなどの餌になってしまうか。または保健所に連れていかれ、そのまま殺処分か…。実際、殺処分になる猫のうち、大半が子猫なのです。この現実をこのままにしておいて、よいのでしょうか?

捨て猫に対してあなたが取れる4つの手段

バッグの中の子猫

捨て猫を見つけた時、あなたが取れる手段は、大きく分けて次の4つになるかと思います。

1.捨て猫を見なかった事にする

完全無視です。子猫があたかもそこに捨てられておらず、何も見ていないと自分に言い聞かせて、通り過ぎるのです。後日、ふと捨て猫たちのことを思い出しても、「あれは夢だった」として、完全に記憶から排除する手段を取ることができます。

2.捨て猫を保健所へ引き取り要請をする

地域の行政に連絡をして、「子猫が捨てられているから引き取って欲しい」と要請します。保健所などに引き取られた捨て猫たちは、飼い主が見つからなければ、3日〜7日後には殺されてしまうでしょう。それも、苦しみながら。

運が良ければ、保健所を見回っている動物保護団体などに引き取られて、その捨て猫が保護される可能性はあります。ですが、全国で何万匹もの子猫が保健所に連れてこられる現状の中では、かなり低い確率と考えて良いでしょう。

3.捨て猫を一旦保護して里親を探す

「一度子猫を保護して、里親が見つかるまで責任を持つ」と、覚悟を決める方法です。ご自身がペット不可物件にお住まいの場合は、捨て猫を連れて帰るのは難しいかもしれません。ですが、大家さんに事情を話して、里親が見つかるまで猫を置いても良いか交渉してみれば、許されることもあるかもしれません。

既に猫を飼っている、または猫好きな友人知人に、捨て猫の保護をお願いしてみても良いでしょう。動物病院にも、協力してくれるところがあります。子猫の命を守るため、当たってみても良いのではないでしょうか?

4.捨て猫を自分の愛猫にする

捨て猫の面倒を一生みると、覚悟を決める方法です。これは一時的な感情ではできません。むしろ、しない方が良いでしょう。猫はお世話にそれほど手がかからないとはいえ、病気をした時や、その捨て猫が産まれたばかりの子猫の場合だと、それなりに手間と時間をかけなければいけません。医療費がかかることもあります。

家族の一員として、一生を共に生きて行くという強い気持ちがなければ、この決断はオススメできませんが、捨て猫にとっては1番喜ばしい選択です。

捨て猫を保護した際の対処法

ケージの中の猫

捨て猫を保護すると決めた方は、この先を読み進めてください。

保護した捨て猫の月齢によっても対応は異なりますが、まずは捨て猫の保温と低血糖を防ぐことが先決です。タオルなどで包んだり、寒い季節には湯たんぽやカイロなどを使ったりして、体温を保ちます。低血糖を防ぐには、ガムシロップが有効です。猫用ミルクがあれば、飲ませてあげましょう。猫用ミルクは、コンビニでも手に入ることがあります。夜などで、すぐに動物病院に行けない場合にも、これらの方法は有効です。

捨て猫がそれほど衰弱しておらず、そこそこ元気があれば、すぐに動物病院に連れて行ってもよいでしょう。また、先住猫がいる場合は、必ず子猫を隔離します。動物病院に行く前に捨て猫を近づけてしまうと、感染症やノミ・ダニなどがうつってしまう可能性があります。また、捨て猫には寄生虫がいることもありますので、病院で検査してもらいましょう。分からないことは、獣医師にどんどん聞いてしまいましょう!その指示に従って、家でのお世話をします。

捨て猫の里親探しについて

人にすりよる野良猫

もし保護した捨て猫の里親を探す場合は、様々な方法があります。まずは、友人知人に当たってみることです。動物病院で里親を探していることを伝えると、協力してくれることもあります。地域の行政で、捨て猫の飼い主を探す会を開いている場合もありますので、問い合わせを行ないましょう。

インターネットを使った里親探しの方法もあります。検索すれば、多くの里親募集サイトが出てきますので、利用のルールを守った上で、保護した捨て猫の情報を掲載してあげましょう。

まとめ

うずくまる子猫

捨て猫を保護するのには、それなりの覚悟と手間、時間とお金がかかります。あなたの決断1つで、その捨て猫の命の結末が決まってしまうかもしれません。出来れば、捨て猫が幸せになってくれますよう祈ります!

人気のキーワード