猫が腎不全になる原因や症状、治療法について

猫が腎不全になる原因や症状、治療法について

腎不全は、猫に多い病気です。最近、愛猫の食欲が衰えたり、体重が減ったりしていませんか?また、水をやたら飲む、おしっこを沢山することはないですか?そんな症状が出たら、もしかすると腎不全になっているかもしれません。猫の腎不全とは一体どんな病気なのか、詳しくチェックしていきましょう。

1260view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫の腎不全とは

聴診器をあてられる茶トラ猫

腎不全には、老化によって腎臓の機能が低下することで起きる「慢性腎不全」と、急激に腎臓の機能が悪くなる「急性腎不全」があります。猫は、慢性腎不全が圧倒的に多いです。犬や人間に比べると、猫は腎不全を頻発しています。

腎臓の機能が75%以上損なわれた状態が、腎不全の定義です。
腎臓にはネフロンと呼ばれる組織がありますが、ネフロンは血液中の老廃物を取り除いて尿として排出する働きを担っています。このネフロンが少しずつ壊れていくことで、腎臓が機能不全に陥り、慢性腎不全になっていきます。猫の腎不全とは、どのような病気なのでしょうか?猫に多い慢性腎不全について、詳しくみていきましょう!

猫の慢性腎不全と急性腎不全との違い

猫の慢性腎不全は、腎臓の機能低下がゆっくりなのに対し、猫の急性腎不全は急激に腎機能が低下します。実は獣医師でもどちらなのかを区別することは難しいようですが、元気な若い猫が急に動かなくなった時は、急性腎不全が疑われます。尿路結石やユリ科植物などの中毒、感染症、薬物などが原因となっているので、心当たりがないか確認してみると良いでしょう。

腎不全にかかりやすい猫

タオルをかぶった老猫

猫の腎不全は9歳以上の高齢猫(シニア猫)に多い病気です。10歳以上の猫の、実に30%〜40%が腎不全にかかっていると言われています。猫の年齢が上がる毎に、腎不全を発症する確率も高まっていきます。

猫が腎不全になる原因

寝ているペルシャ猫

猫の糖尿病や多発性嚢胞腎などの他の病気により、腎不全が引き起こされることがあります。また、アビシニアンやペルシャは系統的に腎不全を起こしやすいと考えられています。

ある調査では、他の動物では腎臓の機能に障害が発生した時に修復に働く、AIMという特別なタンパク質が充分に機能していないことが分かりました。これが、慢性腎不全の原因の1つになっている可能性も出てきています。

腎不全の鍵となっているネフロンは、健康な猫でも老化と共に数が減少していく、と言われています。もちろん個体差はありますし、食生活によっても異なります。

猫の腎不全で現れる症状

顔を覆っている猫

猫の腎不全は、かなり進行してから症状が現れることがほとんどです。主な症状は、下記の通りです。

  • 食欲低下
  • 体重減少
  • 多飲多尿

食欲の低下に伴う体重減少は、腎不全と診断される3年程度前から見られるケースも多いです。ですから、定期的に愛猫の体重を測ることで、早期発見に繋がる場合もあります。また、定期検診を半年に1回程度受けることも、早期発見の為に有効です。

猫の腎不全の治療法

病院にいる猫

猫の腎不全の検査

腎不全の検査は、血液検査や尿検査などの腎機能検査と、レントゲンと超音波検査の画像検査があります。

猫の腎不全の治療法

腎臓の機能は一度失われてしまうと、元に戻ることは残念ながらありません。ですから、治療と言っても低下した腎臓の機能を取り戻すことではなく、症状の進行を遅くする方法になります。

最も効果的なのが、療法食を利用した猫の食事療法です。特にグルメな猫では、療法食を食べないこともあります。ですが、フードの切り替えは1ヶ月程度時間がかかるものと認識してゆっくり行っていくことで、90%の猫は療法食を食べるようです。療法食は各メーカーから販売されていますが、必ず獣医師の指示が出てから与えるようにしてください。

その他にも、血圧や血中のリン濃度、カリウムのコントロール、胃腸炎、脱水、貧血の治療などを行うことで猫の腎不全の症状を押さえ、進行を遅らせる方法が取られます。

猫の腎不全の予防法

フードを食べる猫

腎不全は猫の老化で起こる病気でもあります。ですから、完全に腎不全を予防するというのは難しい点もありますが、食事内容によりある程度、腎臓の機能を維持することができるようです。

腎不全を予防する為の猫の食事内容とは、リンやナトリウム、たんぱく質を抑え、オメガ3脂肪酸(EPA、DHA、αーリノレン酸)を強化したものです。特にEPAやDHAは、猫の腎臓の負担を軽くしてくれる働きが期待されます。愛猫が年を取って腎不全の症状が現れてからではなく、なるべく若いうちから、腎臓に負担をかけないようにすることが大切です。

まとめ

舌を出す猫

重大な腎臓病の一つである腎不全についてお話してきました。老化は仕方ない事とは言え、飼い主さんとしてはなるべく愛猫には健康で長生きして欲しいですよね!その為には、日頃の食事と定期検診など、飼い主さんができることがあります。愛猫の一生は飼い主さんに掛かっている部分も大きいです。愛猫と少しでも長い幸せな時間を過ごすために、できる限りのことをしていきましょう☆

50代以上 女性 にゃんママ

我が家は、去年5歳のオス猫が慢性腎不全になり、症状が出始めてからは5日で亡くなってしまいました。参考になるかどうかわかりませんが、その時の状況を投稿したいと思います。

その日も元気に過ごしていた我が家のオス猫は、夜急に普段は行かないようなソファーの隙間に入り込んだんです。そういえば夜ご飯を食べなかった。水も飲まない。そっとしておいた所、大量のおう吐。いつものおう吐とは違い、便のようなニオイでとてもキツイニオイでした。

翌日、朝イチで動物病院へ。血液検査をした結果、腎臓の数値が平均の何十倍も高い状況になっていました。獣医師さんいわく、慢性腎不全で間違いないだろうとの事。この日は脱水防止の為点滴をし、獣医師からは「もう長くない、このまま通院を続けて脱水防止の為の点滴をし続けるか、家で看取るかのどちらかしかない」と告げられてしまいました。

自宅に帰り家族で話し合った結果、脱水を予防する為の点滴しかしてもらえず、もう治療法が無いのなら病院嫌いの愛猫が可哀想だ。家で看病をしてそのまま看取ろう、と苦渋の決断をしました。

更に翌日、ついに自分で歩く事が出来なくなり…症状が出てから3日目、5.6キロもあった体重が3キロまで落ちてしまい、背骨が浮き出ているほどでした。おしっこがしたくなるとトイレに向かい歩こうと頑張るが、どうやら力が入らないようでした。

そのまま失禁するようになり、そのたびに申し訳なさそうに鳴きながら涙を流す愛猫を見て、こちらも胸が痛くりました。主人と子供たちと数時間おきに体を拭いて、体勢を変えてあげたりしました。

そして翌日、口から出血が見られるようになりました。口元に置いてあげたタオルはすぐに血でいっぱいになるので、そのたびにタオルを交換して顔を拭いてあげました。もう鳴く元気もないのに、こちらが名前を呼ぶと「ニャー」と小さく鳴いていました。

その日は子供たちも愛猫とのお別れが近づいている事に気が付いたのか、「抱っこするから写真を撮って」と言いました。写真を撮り、愛猫の固い体、そして苦しそうな顔を見て、もう今日が最後かもしれないと思いました。その嫌な予感は当たってしまい、翌日、朝7時頃愛猫は天国へ旅立ちました。


慢性腎不全の場合、症状が徐々に表れるわけではなく急に現れますが、実は徐々に体の中では変化が起きているんだと思います。

もしも猫が慢性腎不全かもしれないと疑った場合、諦めずに早急に病院へ連れて行ってください。もしかしたら透析等で助かる場合があるかもしれません。

食欲があったり、いつもと変わらないように見えても内臓の変化は外から見ているだけではわかりません。定期的に健康診断を行い早期発見が特に腎不全の場合は大切です。 愛猫との別れは急にやってきます。一日一日を大切に過ごしてあげてください。
人気のキーワード