猫が排泄の後に家の中を走り回るのはなぜ?4つの理由

猫が排泄の後に家の中を走り回るのはなぜ?4つの理由

猫は謎多き動物。一緒に暮らしていると、「なぜそんな行動を?」と驚く光景を見ることがたくさんありますよね。その一つが、「排泄後に家の中を走り回る」という行動です。初めて見たときは「いったい何事か」と思われた方も多いでしょう。今回は、猫が排泄後に猛ダッシュで走り回る理由についてまとめてみました。

1058view

1.敵に襲われないようにするため

ジャンプする猫

野性時代に単独で行動していた猫にとって、排泄することは、自分の匂いや形跡を残すことでもあります。しかし、それは敵に自分の存在が知られてしまうこと。

そのため、猫は敵に襲われないように、排泄物からできるだけ早く去ろうとする習性があります。家の中を走り回るのは、その名残からとる行動という説があります。

2.興奮状態になるため

ジャンプしようとする猫

猫の野性時代は、いつ敵に襲われるかわからない緊張状態にあります。排泄は無防備な時間でありながら、終わるまで動くことができないため、最も緊張が続く時間。

排泄中は副交感神経が刺激されますが、排泄が終わると交感神経が優位になり、ハイテンションになると言われています。興奮状態になり、走り回りたくなるのかもしれませんね。

3.スッキリ!

トイレの前の猫

排泄した後にスッキリした気分になるのは人間も猫も同じ。猫も排泄をした後は体が軽くなるため、気分も良くなりテンションが上がるという説もあります。

4.飼い主さんに知らせるため

トイレの中の猫

汚れてしまったトイレを掃除してほしくて、「トイレしたよ!」と飼い主さんにアピールしている可能性もあります。

我が家の猫も、走り回ったあとに、私の顔を見て「ニャー」と鳴きます。「掃除して!」と訴えているのかもしれませんね。

まとめ

走る猫

このような行動は「トイレハイ」なんて呼ばれていますね。飼い主さんの間でも、「猫あるある」として、話題になる行動の一つでしょう。

謎の残る行動であり、諸説ありますが、部屋の中をドタバタ走り回っても決して叱ることなく、優しく見守ってあげましょう。

あまりにもいつもと違う様子であれば、痛みや不快感を感じている可能性もあります。病院で一度診てもらってくださいね。

スポンサーリンク