猫のペットロスを乗り越える方法とは

猫のペットロスを乗り越える方法とは

愛猫が亡くなり、ペットロスになってしまう人は少なくはありません。猫の死を目の当たりにした時、ペットロスにならない為の方法はあるのでしょうか。

28504view

猫の死によるペットロス

落ち込む女性

ペットロスは文字通りにいくと「ペットを失う」という意味になりますが、実際には、愛しいペットとの別れにより、寂しくて辛くて、何も手に付かなくて、心にぽっかりと大きな穴が開いたような。それはもう言葉では表せられない程の、大きな悲しみでいっぱいになるという意味で使われています。

可愛がっていて大切にしていたペットが亡くなってしまうのですから、この気持ちは飼い主なら誰もが経験する悲しみだと言えます。更に、その悲しみの域を超えてしまい、日常生活に支障をきたすような症状を「ペットロス症候群」と言います。

現在では、多くの家庭で猫が飼われている時代です。そんな中、愛猫の死により悲しみに暮れ、ペットロスを経験している人も少なくありません。現に私も、愛猫の死によるペットロスを経験したうちの一人です。

病気がわかり、ある程度理解していたものの、いざ亡くなってしまった時には親が亡くなってしまったかのような悲しみ。もう二度と会えないという悲しさから、いつもの様に家事や育児に手が付かなくなってしまいました。

私の場合、そんな日がしばらく続きました。しかし、私は独り身なわけではなく、主人も小さな子供もいます。いつまでも悲しみに暮れているわけにはいかないのです。頭ではわかっていても、体がついていきません。これがペットロスなのです。

猫のペットロスにおける症状

悲しむ女性

愛猫の死によりペットロスになってしまった場合、

  • 食欲不振
  • 思い出しては涙が止まらなくなる
  • 寝付けない
  • 体調不良や発熱
  • 何もやる気が起きない

等の症状が現れます。

もしも、猫の死の直後からこの様な症状が見られる場合は、ペットロスと考えても良いでしょう。このように、猫の死によるペットロスは精神的な症状から身体的な症状まで様々です。ペットロスの場合、病気とは違いますので薬では治す事ができません。

又、上に書いたような症状だけではなく、「何でもっと可愛がらなかったんだろう」、「たくさん遊んであげればよかった」、「あの時こうしてあげれば」等、様々な後悔に押しつぶされそうになります。この後悔が1番辛かったりもするんですよね。

猫の死でペットロスにならない為に

猫の手と人の手

できれば猫の死でペットロスになるのを避けたい、そう思う方も、いらっしゃいますよね。ペットロスにより、自分の生活が困難になり日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。そして何より、愛猫もずっと悲しんでいる飼い主を、天国から見守るのはつらいはずです。

では、猫の死に直面してもペットロスにならない為の方法はあるのか、と気になる所ですが、正直、ペットロスにならないという方法は無いと思います。そこで、私がペットロスから立ち直った方法を、幾つかご紹介していきたいと思います。

  • 泣きたいだけ泣く
  • 時間の許す限りゆっくりする
  • 後悔を謝る
  • 次に繋げる強い心を持つ

この4つです。猫の死によるペットロスの立ち直り方は、本当に人それぞれだと思いますので、あくまでも参考までにしてください。

私の場合、愛猫の病気がわかってから亡くなって1週間経つまでの間、毎日毎日泣き続けました。そして主人にも頼り、どうしても何も手に付かない時は家事や育児をいつものようには頑張りませんでした。無理はせずにすべてできる範囲でやって、他は主人がやってくれていました。

そして亡くなった時には、「もっと早く病気に気が付けなくてごめんね」、「あの時こうしてあげなかったのも本当にごめんね」、「爪切りも嫌がってたのに無理やりやってごめんね」と、些細な事でも謝りたいことは全部謝りました。

謝ったからといって何か変わるわけではありません。でも、猫に伝えたい事をしっかり伝えるって、とても大切な事だと思うんですよね、自分の気持ち的に。何も伝えられないままだと、一生モヤモヤし続ける事がわかっていたので、私は気にかかっていた事はすべて謝りました。

私の場合、猫の死によるペットロスで1番の回復につながったのは、新たな家族を迎える事でした。始めは「あの子に似た猫を引き取る」という気持ちでした。似た子を里親のサイトで探しました。

でも、どれだけ探しても居ないんです。もう駄目だってまた悲しみに暮れ始めた時、ふと目についたSNSで、子猫の里親を探している方に出会いました。それまでは亡くなった愛猫に似ていない猫を飼うつもりなんてありませんでした。

しかし何故かその時、この子たちを引き取ろう。そういう気持ちになったのです。子猫2匹を引き取ってからは、愛猫にしたかった事、謝りたい事等の後悔を生かせていますし、無事にペットロスから立ち直る事ができました。

新しい猫を引き取るのは、何だか愛猫を忘れるみたいで嫌だと思っていた私ですが、そんな事ありませんでした。新しく来た猫たちに何度も助けられ、元気も貰っています。だからと言って、亡くなった愛猫を忘れた事なんてありません。

まとめ

抱かれる子猫

大切な愛猫を失った経験がある方は、ペットロスを経験済みかと思いますが、まだ経験していない人にとっては未知の悲しみです。猫を大切にしていた飼い主さんなら誰もが経験すると思われるペットロス。

ペットロスにならない為の方法なんて、いくら探してもありません。それなら、思う存分悲しんで、たくさん後悔して、ペットロスから早く立ち直る事を目標にしましょう。愛猫の事はいつまでも忘れずに、そしてその時に経験した後悔を、次の子に生かすのです。

これが亡くなった愛猫に対して、私たち人間ができる最大の供養になると思いませんか?

40代 男性 クリス

辛く悲しいけれど、いつでも思い出せば笑顔になれる懐かしく感じることができる。楽しかったことを思い出してあげることが何よりの供養になるかな。

40代 男性 おちゃ

仔猫の時に家に来て、いつの間にか自分より歳上になって、だけど幾つに成ったって間違いなく愛猫ならぬ愛息で、でも種族が違うから摂理では先に寿命が尽きた。でももしこれが逆だったら、この子が頼る者無く残ってしまったら、と考えてみれば、あぁこの子の分迄生きて、思い出す事が
出来る順繰りで有り難いと思う。哀しみに我慢はしないけど
この辛さを抱けば辛抱(心棒)にはなる
心棒一本足せば幸せになる
17年と四ヶ月、人なら85歳か、
種族を越えて家族になれた。
ありがとう

50代以上 女性 はなちゃん

はなちゃん、はなちゃん、はなちゃん…何度呼んでももう動かないのね。
最後の最後、無理にお水飲ませちゃってごめんなさい。一番後悔しています。
ゴクンと飲んでくれたのに…よけい辛かったね。
ごめんなさい。最後まで頑張ってくれてありがとう。産まれた時から21年も一緒にいてくれてありがとう。お転婆さんでケガしたり脳炎になって目が見えなくなっても、ずっとずっとがんばり屋さんでしたね。はなちゃん、感謝と後悔とでいっぱいです。ようやく痛さもなくなりご飯いっぱい食べて下さい。お水いっぱい飲んで下さい。野原を走り回って下さい。ありがとう。

50代以上 女性 匿名

たま最後の日に点滴や注射をしてごめんね。痛かったよね。出血もあったし。ありがとうね。いままで一緒にいてくれて。

女性 匿名

にゃーちゃん
たった4年で逝っちゃうなんて
最後までせっかちさんだったね
まだまだ一緒にいられると思ってたのに
もっと、一緒にいてあげればよかった…
もっと…
猫飼い一年生の私は、あなたにとって良い飼い主じゃなかったよね

私に猫といる幸せを教えてくれた
寒い日にくっついて寝る幸せも
ふかふかのお腹に顔を埋めて深呼吸する幸せも
ぜんぶぜんぶあなたがくれた…

お腹がすいたからって、おでこを噛んできたよね
思わず笑って起きちゃった
お風呂についてきて、尻尾をお湯につけて楽しそうだったね
落ちないかヒヤヒヤしたよ
さいごまで甘噛みは覚えなかったね
だっこも嫌いで、15秒が限界で
壁紙で爪を研ぐから敷金はとっくの昔に諦めたよ
でも、可愛くて、可愛くて、可愛くて…

ふたりで過ごした部屋に、一人で帰ることがつらいと思ってたから
にゃーちゃんは虹の橋を渡って私のところまで来てくれたんだよね
私が悲しむから、私が帰ってから、ひとりで虹の橋を渡ったんだね…がんばったね…えらいね…がんばった…

これからは苦しさも空腹もなく、ずっと一緒にいられるね
でも、にゃーちゃんはせっかちさんだから
さっさと着替えて会いに来てくれるかな
ずっとまってるね…


30代 女性 ホシちゃん

ホシちゃんへ大好きでした。ずっと側にいてくれるとどこかで勘違いしていました。
あなたが亡くなった事がまだ受け入れられません。
ベットルームを訪ねに来てくれることを待っています。
あなたが毎晩当然のようにベットに上がって隣で寝てくれる事が幸せでした。
ありがとう。
最後本当に苦しんだ事を思い出すととても辛いです。
今は痛みから解放されて、あっちで元気に他の猫たちと仲良くできてますか?
甘えん坊な所があるから心配です。
またあなたに会いたいです。
あなたが最後まで戦ったように私も自分の病気と戦おうと思います。
ずっとそばにいてね。

50代以上 女性 つくりん

昨日の朝、脳腫瘍で虹の橋を渡ったルドルフ。13歳。早すぎたね。
もう悲しくて寂しくて、愛おしくて、急に涙に襲われて号泣する事が何回あっただろう。

異変に気づいたのは10月中旬、それから病院を4つ巡って、脳腫瘍という事実が確定したのが死ぬ3日前。
このひと月半、症状の進行が早くて、苦痛と違和感、そして猫のプライドと戦ってきたルドルフ。つらくてもフラフラ倒れながら一生懸命トイレに行こうとする姿が本当に切なかった。
お腹は減っているようなのに、脳腫瘍が原因で上手くご飯が食べられない事がなんとなく分かって強制給餌を決行。
最初は私も下手くそだったし、ルドルフも嫌がったけど、最近ではお互いに要領を得て、私が作ったルドルフ飯をシリンジでほ乳瓶のミルクをを飲むように食べてくれた。死ぬ前夜も完食してくれたよね。
まだ300gしかないルドルフが拾われて来たばかりの頃を思い出しながら、与えてたよ。

※ルドルフ飯=全体比率の50%の鶏肉、カボチャ、ジャガイモ、米、昆布、リンゴ、塩微量をクタクタに煮てフードプロセッサーでペーストしたもの。私が食べても美味しかった

だから体力はちゃんとあったし、毛並み良好、体重も激減はしなかった。なのに、神経性の病気だから思うようにいかなかった。きっともどかしかったと思う。
最後、脳腫瘍を言い渡した獣医さん(最初からここに行くべきだったと、これだけが後悔)は、治る見込みがない、苦痛だけが大きくなっていく事を考えて、安楽死を勧めた。私もそれには同意したけど、そのタイミングが難しかった。先生は、「痙攣を起こした時」がそのタイミングだとアドバイスされました。
けど、まだひと月はなんとか一緒に居られるよね…と思っていたのに、そのタイミングがすぐにやってきて。

もう頑張らせたくなかった、苦痛から解放してあげたかった。
だから今までの他の猫よりも、ずっと楽に虹に橋を渡れたはず。
私の腕の中で永遠の眠りに就いた生涯で一番愛した超溺愛坊やだったけど、死に際まで甘やかせてしまった。
本当にあの方法で良かったのか、正直考えないわけではないけれど、ようやく熟睡出来た事には違いないから。
死ぬ間際、毛皮を着替えて、ママの元に戻ってくるって約束したよね?きっとるーちゃんを見つけるからね、待ってるからね。
そして、今度は、ママの晩年に寄り添ってね。
ルドルフ、ありがとう。

10代 女性 ごりら

まだ6歳だったのに、おかしいよね。神様って、いないんだって、すごく、思った。
みるくちゃんは、私といて楽しかったですか?私は本当にあなたのことがあとから来たぽんたよりも、ちびこよりも、一番愛しているよ。ぽんたはこわがりであまえんぼうさんすごくぽっちゃりでちびこはやんちゃであぶなっかしくてみるくちゃんにかまってあげられる時間が短かったのかもしれない。ほんとにごめんね。毎晩毎晩ブラシしてあげられなくてごめんね。ちゃんと私の部屋まで来てくれたのに。ほんとにごめんね。みるくちゃんは3匹の中でほんとに1番お利口で優しくて綺麗で素敵だったよ。最後、苦しかったかな?病気に気づいてあげられなくてごめんね。ほんとうにごめんね。おかしいよね、だって。まだ6歳なのに。ちびことぽんたにはみるくちゃんの分まで長生きしてねって伝えたからね。ほんとに大好き。こんなに大好きな人はもう出会わないと思う。ほんとに愛してるよ。天国では寂しくない?大丈夫?あの時次来る猫に生まれ変わって帰ってきてねって言ったけど、次来る猫はだいぶ先になるかもしれない。私が大人になったとき。お母さんが新しい猫は飼いたくないんだって。もう辛い思いしたくないんだって。ごめんね。それまでちょっと待っててね。ベランダで一緒に日向ぼっこしたね。楽しかったね。注射、いつもいつも痛かったよね。ほんとに痛いよね。ほんとにごめん。みるくちゃんのためだったんだよ。痛かったよね。会いたいよ抱きしめたいよ。鼻をぺろぺろしてよ。こんな早く別れが訪れるなんてね。本当に今までありがとう。あーーーほんとにやだ。辛すぎる。あれから1ヶ月半たったけどまだ、まだ、全然立ち直れないよ。学校、次の日行ったんだよ?行かされたんだけどね。ほんとうはそばにいてあげたかった。ごめん。ほんとうに。もうやだよ辛い思いさせてごめんね。ほんとうにごめんなさい。お願いだからうらまないで。だいすき。また絶対会うんだよね?会うんだよ。会うんだよ。会えるから絶対。次の猫の名前はみるくだよ。だって、中身はみるくちゃんだよ!てんごくから帰ってきてね。今だけ、今だけ、待ってて。もうすぐだから。ごめんね。私は獣医になる。勉強するから。いつも机にのってノートの上にのってたよね、みるくちゃん笑笑邪魔しすぎだよー!笑でも遊びたかったんだよね。ごめんほんと。大好きだよ。
みるくちゃんへ
あいちゃんより。

20代 女性 アキ

もともと成猫でうちに来た野良ニャンでした。
とても人懐っこく、家族に慣れるのも早くて、そしてとても賢い猫でした。
私が辛くて仕事を退職して1週間後にふらっと庭に現れ、仕事が決まって働き出して2日後には交通事故で亡くなってしまいました。
初めて猫を飼い、仕事をしていなかった時の毎日は、大好きな猫と一日中過ごすことができ、とても素敵な毎日でした。

飼いだしてたった4ヶ月で天国に行ってしまいとても悲しくて…ふと思い出すと涙が止まりません。何かを手に入れれば必ず何かを失うのかなとどうしても思ってしまいました。

でも、無理して元気に振る舞おうとせずにたくさん泣こうと思います。そして、自分が天国に行った時に会えるのをこれからの人生で楽しみに生きていこうと考えました。まだまだ悲しみからは脱することは難しいですが、ペットを飼っていればみんな必ず通る道。忘れることなく、私も猫の思い出と一緒に生きていこうと思います。

50代以上 女性 ケンケン

僕のアマゾン(三毛猫雌)21年と9ヶ月の生涯を捧げてくれて有難う。僕が35歳の時、6月の梅雨時でした。僕が釣ってきた魚を表の水道の洗い場で捌いていたら君は煩いくらいミャーミャーと声を上げて鳴いていたよね!余程お腹空かしていたんだよね!魚の半身を上げたら、物凄い勢いでガツガツと食べたよねぇ!仕事から帰って来たら3日3晩玄関前でお座りして僕の帰りを待っていたよね!最初の2日間は無視出来たけど、3日目には根負けしたよ!分かったよ!飼って上げるよ!と言ったら、言葉を理解したのか、小さい体で階段を1段1段上がって来たよね。それから21年以上のお付き合いに成るなんて、本当にこの僕と出会ってくれて有難う。僕が40歳の時に人間関係に疲れはて、君を連れて樹海へ行き、いざ君の首を絞めようとしたら君は涙を流したよね。僕は、その時に我に帰る事が出来ました。何故にこんな所へ来てしまったのだろうか!と冷静さを取り戻しました。君は僕の命の恩人(猫)です。2017年2月14日に君は息を引き取る間際に僕の腕の中で最後の声を振り絞りワオン!ワオン!と犬みたいな声を上げたよね!今まで私を養ってくれて有難う!と命を大切にして下さい!と言ってくれました。11時35分、静かに永眠しました。
君が居てくれたお陰で僕は生きています。毎日が有難う!の感謝の気持ちです。

50代以上 女性 チーマイン

チーマ 2/13に19歳で亡くなって お座り お手 おかわりを3回 ちんちん して 合図があるまで食べない賢い子。ドアを開けても合図の指指示があるまで飛び出さない、飛びだしても舌打ちしたら帰ってくる。マンションだから違う階の同じ部屋で 開けてーって鳴いてた姿が愛しいよ。物を投げると咥えて持ってきて 高いトコから降りるのは私の腕の中に飛び込んで来る。前の子に似たキジ猫オスの一目でこの子って里親になり19年甘えた君。私が甘えさせて貰った。。。だからねキミが居ないと部屋が広くて。。。ベットでずっと一緒に寝てたしガスコンロ点けたら呼びに来たりと相棒が居ないと寂しいけん。虹の橋に行く話をしたら2回も嫌がってないたから、次の仔になって帰っといでって二回言ったら腕の中て逝ったから 絶対同じ仔を探すから また遊ぼう一緒に煮物やマグロを食べたり寝たり帰っといで相棒。

20代 男性 猫が亡くなったので語ります。(号泣かも?)

私がこの子と出会ったのは小学1年生の時です。
私と父親だけで遊園地に行き遊んで家に帰ってくると何やら母と姉が静かにダンボール箱を覗いてます。
私「ナニナニー?」
母「しっ この中見て」
とニヤニヤしながら言うので見てみるとマグカップ一杯にすっぽり入ってしまいそうな小さな子猫が寝ていました。
あまりにも小さいので人形かと思いました。
しかしじっと見てみると微かにお腹が動いています。
私「この子飼うの?」
母「うん」

その子の性格はアメとムチで例えるならアメ1:ムチ4といったあまり甘えてこない猫でした。

正直これと言った面白いエピソードはもう無いのですが、私の布団に入ったり(私が自分の腕をテントの棒のようにして、空間を作らないと入りません、疲れます汗)常に猫の指示に従ったり(意味も無くドアをいくつも開けさせ結局何もしなかったり笑)
でもさぁ…特に何も面白いイベントとかやってあげれなかったし、猫に対して私はいつもちょっと撫でるだけであまりそれ以上しようとしてなかった

今思い返せば私とコミュニケーションをとるため扉開けさせたり、布団に入ってずっと見守られながら私の温もりを感じて寝たかったのだと思う。

それなのに俺はちょっと撫でたり扉開けてやったらすぐにゲームやら筋トレしにジム行ったり…
塩対応はどっちだよ!
どう考えても俺がくそであいつが気遣いのできるよくできた猫だったんだ。

ラムも少し衰えてきたころ、喘息を患った、これは死ぬまでずっと治らなかった、食べたものを吐いてそれを片付けるのが面倒だと思い。
ゲロをしばらくそのままにしたり、あいつが苦しみながら吐く姿を見慣れてしまい撫でることすらしなかった。

その時は深刻だと思わなかったんだ……
次第に高い所にジャンプできなくなったり、それでも俺は危機感をもたなかった。

正直あいつが死ぬなんて全く想定してなかった

なぜ想定できなかった?
あいつは俺達家族の前では弱音を吐かないよう元気な姿でいつもと変わらぬアメとムチで接してきたんだ

いや本当に世話されてたのは俺だった
朝遅刻しそうな時間まで寝てると猫が起こしてくれた、死ぬ1ヶ月前くらいからベッドで仰向けに寝てると甘い声で近寄ってきて私のお腹の上で寝たり……

私と姉と母(父には最後までなつかなかった)
に平等な時間振りで寄り添ったり

僕がスマホをいじってふと横を見るとラムが見守ってたり…

もう時間が無いって分かってたのかな?
バカな私は最後の最後まで本当に死ぬなんて予測は微塵もしてなかった。

ある日私が仕事から帰ってくると
母「ラムね…死んじゃった、今お姉ちゃんの部屋で寝てる…」
少しほんの少し2秒くらいよく分かんないショックに襲われた。
私はいつも仕事帰りにジムに行くので風呂に入ることにした、自分の部屋へ着替えとタオルを取りに行く途中、姉の部屋をちらっと見て寝てるラムを見た。
そして風呂場へ入り泣きました
人生で始めてあんなに泣いた
会社員になったのにね
悲しくて泣いて泣いて泣きまくった。

そして……いつ亡くなったのか聞いたら
母「あなたが寝てる時に病院から連絡があって亡くなったの」

つまりラムは深夜家族の誰からも見守られること無く



死んだのかよ!!

嘘だろ!

こんな最後なのかよ!!

ありえねぇ!!

最悪だ!!

マジか……

本当に嫌になる

涙が止まらない、俺最低すぎるよ

最悪だ……


嘘だろ マジでよ

最後までそばに居てあげたかった!

最悪だ

さいっていだ


人生って何なんだろ

金が大事なのか?愛が大事なのか?
何考えてんのか分かんなくなってきた

こんな最低なこと最後にするなんて

一人で寂しく

家でも無い病室で死なせるなんて



最悪だ!!!

くそすぎる

一生取り返しのつかないことをした

彼女は私に尽くしてくれて、俺はゴミだったって話だ

最後まで読んでくれてありがとうございます

今は気が狂いそうですが

悲しいことにこれも時間と共に忘れてしまうのでしょうね。
なので私はとことん悲しみます

これが私のペットロスへの向き合いかたです。

もしこれを読んでいてペットを飼っている方がいたら一つアドバイスしたいのが、病室にペットを入院させている方がいたら可能な限り一緒に居てあげてください

深夜でもです

明日仕事があっても関係ない

徹夜で付き添ってあげてください

40代 女性 lunamana

今日愛猫のルナが永眠しました
悲しくてずっと泣きっぱなしなんですが
それでも目の前に横たわっててもルナは本当に可愛いんです、悲しい気持ち以上に、可愛いなあって気持ちが溢れて来ます
フワフワの長毛もソックス履いた手足も背からお尻にかけての丸いシルエットもちょっと大きめのとがった耳もフッサフッサの尻尾も、本当に何度見ても可愛い!
帰って来ると走って迎えに出てくるとことか、寝るよーと言うとパッとベッドに乗ってど真ん中で枕まで独占するとことか、朝化粧始めるとあー出掛けちゃうんですねーと不機嫌になってフン!って言うとことか大好きでした

ルナも私がルナにべた惚れで、いるだけで可愛い可愛いと褒められてる事絶対わかってたよね、ドヤ顔してたもんw

毎日、可愛いよ大好きだようちに来てくれてありがとう一緒にいてくれてありがとうと言ってました
私は彼女に会えて幸せでしたから毎日伝えてました
猫のいる生活が私にとってどれほど幸せで大切なのか教えてもらいました
大好きだったから、私もルナの為にできる精一杯をしてきました
だから後悔はありません、きっとルナも私の事好きだったはず私の所に来て良かったと思ってくれてたはずと思ってます
だってあんなにベッタリ甘えんぼさんだもの

いつかは別れが来るのは知ってました
そしてやっぱり辛い
それでも猫と一緒に過ごす時間はこの上なく幸せな物で
きっと私はまた猫を飼うでしょう

ルナ、本当に今まで一緒にいてくれてありがとう、一生忘れないしずっと変わらず大好き愛してるよ

20代 女性 のんちゃん

痩せてきたり、うんちがゆるかったりしたけど、元気だし食欲もあったから病院に連れていってあげなくてごめんね。
前に1度病院に連れていったら、初めての外と知らない人たちが大勢いて緊張しすぎて、あなたが死にそうになってたから、それから病院に連れていくのが怖かったんだ。
もっと小さい頃から病院に行き馴れてればよかったね。

昨日の夜、呼吸が荒くなって病院に連れてったら、緊張しすぎてそのまま心臓止まっちゃったね。
最後に抱っこしてあげられなくてごめんね。
知らない人に囲まれて怖かったよね。
辛かったよね。
小さな体に水がいっぱい溜まっちゃってたね。
苦しかったよね。
本当に本当にごめんね。

あなたが我が家に初めて来た当時、以前飼っていた猫ちゃんが7歳で突然亡くなってしまい、もう猫は飼わないと決めていた矢先、父と母が勝手にあなたを飼い始めましたね。
話を聞いたとき困惑しましたが、あなたに出会い、困惑などすぐに消えました。
当時の私の心を救い、癒してくれてありがとう。
本当に本当に感謝しています。
私達家族はあなたの事が大好きです。
あなたのお陰で私達家族は笑いの多い家族に戻りました。

あなたは私達の家族で幸せでしたか?

にゃー!
ぶぅ
ゴロゴロ

あなたの声がききたいです。
あなたのあたたかい体温を感じたいです。
ふわふわの身体を抱き締めたいです。
きっと嫌がると思うけど...笑

本当に本当に大好きだよ!
たくさん楽しい時間をありがとう!

50代以上 女性 匿名

クウが亡くなったのは、深夜2時45分でした。白血病のキャリアで、血液の癌に侵され一月から抗ガン剤治療し、胸水抜く治療を毎週のようにして一時は快方に向かってるのかと思うほど、食欲もあったのに、抗ガン剤が効かなくなってきて ご飯も食べれず、食べても嘔吐の繰り返しでした。可愛い鳴き声のクウ まだ、2歳9ヶ月でしたね
お母さんはクウの事愛してるよ これからもずっと愛してるからね 仕事から帰ってくるまで待ってたね お母さんのお願いを聞いて 1人で逝かないでってむりなお願いをきいてくれて、ありがとうね まだ、日曜まで 冷たいだろうけど、家にいてね お兄ちゃんと二人で 見送るから それまでは毎日抱っこさせてね。チビ兄が、寂しそうにしてるよ 分かるんだね チビより先に逝っしまったことが。チビはこれで、2人を見送ってくれたねありがとうね。でもね クウ 最期迄 永遠の子猫だったね 本当に愛してる 涙が止まらないよ 最期は腕の中で逝けたよね?短い生涯だったね白血病の子猫は三年くらいしか生きられないってわかってたけど 覚悟はしてたけど 残念でならない動物愛護団体の人達 考えた下さい 保護してるだけでなく 血液検査もきちんとしてあげて 欲しい せっかく新しい家族を迎える人の為に 自分達の自己満足だけでの、里親会は辞めて下さい。哀しませる為の会なのでしょうか?違うと信じたいです。

50代以上 女性 匿名

突然亡くなった愛猫パンダ。この世に生まれて一年ちょっと。朝は元気だった。いつもと変わらずキッチンに立つ私にすり寄ってきて撫でてアピールしてた。でも、子供の試合があったその日、弁当作りに忙しかった私は、パンダをスルーしてしまった。その日はアイロンや掃除機がけをしてた私は、リビングの扉を閉めてしまったの。そのあと主人の部屋に寄って階段をのぼって二階の私の部屋にいったのね。一度見に行った時私の布団の上で伏せてこっちをみてた。二度目に見に行ったときその場で横たわって寝てるように見えた。三度目同じ姿勢で寝てた。パンちゃん、って呼び掛けても何の反応もなかった。いつも呼び掛けて反応ないことなんてなかったのにまさか亡くなってるなんて思わず、出掛けてしまった。途中不安が大きくなって、家にいた主人へ連絡してみようかとも思ったけど、2日前喧嘩してたから電話もできなかった。帰っていつも通りパンダが迎えてくれるだろうと願いながら玄関あけたけど、そこにいなかったから、すぐに二階へ行き反応のないパンダにパニックになった。主人も私の留守中気にかけてみに行ったけど寝てると思ったらしい。二人在宅してて、半日も愛猫の死を気付かないなんて、悔やんでも悔やみきれない。一生背負っていこうって思った。翌日火葬場に行く前に主人がパンダの体を拭いていつものようにブラッングした後、蝶が主人の足にとまった。パンダの模様と同じ白と茶がかった黒色だった。火葬した夜、階段をトコトコのぼるパンダのかわいい足音がした。気のせいなんかじゃなく間違いなく私の部屋の前まできてまた戻っていった。
今日でパンダが亡くなって3日。死因もよくわからないから余計に諦められない。先天性疾患が多いといわれるスコティッシュだけど、パンダはいつも元気だったから。

ただこんな喧嘩ばかりの自分勝手な家族に、パンダがきてくれたことに意味があったんだと思う。大切な事をおしえてくれた。パンちゃん、ありがとう、ごめんね、ほんとにありがとう。亡くなって初めてこんなにも愛おしく大切な存在だと気づいた愚かなママを許してね。
もっと、温かい家族になるよう頑張るから、そうなれたら、パンちゃん生まれ変わってまた家にきてくれるかな。

40代 女性 影千夜のねぇさん

影。
最期、私が起きるまで死んではいけんと頑張ったんやろ?待ってくれたんやろ?
キツかったやろ?
でも、ママさんが来た途端ふっと魂が抜けて動かなくなったね。目も開いたままで生きてるみたいだったね。
もう限界やったんやろう?
待ってくれてありがとうな。
甘える子ではなかったから、最期は頑張って看取らせてくれてたんかな?
かーくん。ありがとうね。
大好きで仕方ないよ。
また会おうね。

20代 女性 匿名

愛猫ちゃっぷが亡くなりました。
もうすぐ10歳でした。
10年前、先住猫が亡くなったのが寂しくて義母がボランティア施設から引き取ったのがちゃっぷでした。
その施設には猫が1匹だけ。鼻の下が真っ黒でブサイク。目も目ヤニでほとんど開いてなかったそうです。
引き取った3日後、施設から「カワイイ子猫が3匹来ましたので交換しましょうか?」との電話が。
義母は「そんなことするはずないでしょう!この子はもうウチの子です」と怒鳴ったそうです。
それから毎日少しずつ目ヤニを取り、数週間後には目もぱっちり!とっても大きくてキレイな目をしていました。
3年後、付き合っていた彼(現在の夫)の実家に初めて遊びに行った時に私とちゃっぷが出会いました。
それから結婚して、同居をして。
いつの間にか私の側にばかりいるようになったちゃっぷ。
トイレにもお風呂にも、自営をしている家の敷地内にある事務所でも一緒。
主人が猫アレルギーと分かるまでは寝室も一緒でした。
本当にストーカーのようで。
本当にかわいくてかわいくて仕方なくて。

亡くなった時は突然でした。
エサも普通通り食べて、1、2分前までお座りをして私の顔をジッと見て自分の顔を私の手にスリスリしてきて。いつものように私の横で新聞で1人遊んでいました。
何も気にせずに主人と話をしてしていると突然、「ひゃーっ」というような今まで聞いたことのない鳴き声が。
えっ、と思っているうちに3回鳴いて動かなくなりました。
気が動転して体が震えて動かなくなっていた私の代わりに、主人がちゃっぷを抱えて呼びかけていました。その声に驚いた義母も駆けつけて、その後のことはあまり覚えていません。
ちゃっぷを連れて行かないといけなくなった時も信じられなくて、認めたくなくて、私はどこにも行かない!と泣き続けていたのですが、主人に「1番好きな人の側で死ねてちゃっぷは幸せだった。最期の最期までちゃんと一緒にいてやれ!」と怒鳴られてハッとしました。
ああ、ちゃっぷは私に看取らせてくれた。
原因は分からないけどすぐ隣で息を引き取った。
それだけで、良かったのかな。

ちゃっぷと過ごした6年間、幸せだった。
義父母との同居で精神的に参っていた時も、体調崩して寝込んだ時も、楽しいときも嬉しいときもどんなときもずっと一緒で、本当に幸せだった。
ちゃっぷがいたからこの家でやってこれた。
ちゃっぷは私と一緒で幸せだったかな?
まだまだ心の中にポッカリ空いた穴は埋まりそうにもないけど、辛くて悲しいのは変わらないけど、涙もいつまで経っても枯れないけど。虹の橋で待っててね。
今まで本当にありがとう。ずっとずっと大好きだよ。

50代以上 女性 匿名

夫が単身赴任で一人暮らしていた時、庭にフラッと現れた白黒ハチワレのけんちゃん、痩せて黒い毛並みが赤茶けて貧相な雄猫だった。脚を怪我していて高熱を出していた、病院で日帰り入院で手術。熱が下がるまでの1週間、その1週間で我が家の家族になったね、エイズ白血病のダブルキャリアだと分かり、涙ぐんだ私に獣医が、そんなのこの子の運命と言われた、それから4年、立派な体格になり毛並みも艶々のイケメン猫になったけんちゃん、優しくて賢くて強くて最高の私の息子だったのに、4年目白血病発症、酷い貧血で逝ってしまった、自分ならば苦しむくらいなら安楽死したいと思っているくせに、けんちゃんには、元気になるんじゃないかとバカな希望を持ってしまい死ぬ前日まで痛い注射させてしまった、ごめんなさい。亡くなった日、我慢強かったけんが、遠吠えのように泣いた、病院に連れていこう、入院させ酸素室にと慌ててる間に、死んじゃった、、、
もう病院に行きたくなかったのかな。
本当にごめんなさい、苦しめたくなかったのに苦しめてしまった。一時間置きに目が醒め眠れません。食欲をわすれてしまったようです。頭の中はけんちゃんとの思い出ばかりを追いかけてます。けんちゃんに救われました一人ぽっちの生活に喜びや幸せをくれましたありがとう。なのにあなたにはダメなお母さんでした。亡くなる前日、寝たきりだったのにフラフラになりながら、しっかりその目は私を見て歩みよりバタンと私の傍で倒れたね、最期の挨拶してくれたね。猫は誇り高く愛情の深い賢い動物です。どうか猫を棄てないで下さい。猫の運命は飼い主が決めるのですから。

40代 女性 匿名

つい最近、3歳の誕生日を迎えたその日に、孫のように育てていたサビ猫が急死しました。
母猫である猫を5年前に我が家に迎えたとき、既に身ごもっており、3匹の可愛い子猫を
私たち家族を信頼して我が家で産んでくれてから、すべてがスタートしました。
体がとても小さく、成猫になっても2.4キロしかありませんでしたが、これという持病もなく
人懐こくてどこにでもついてくるような本当に本当に愛らしい子でした。
共に老いていく未来像を勝手に想像してたのに、その日は突然やってきました。
サビ猫のサビが激しく吐いて、半日後、病院に連れていったときは
肝臓・膵臓の数値が測れないほど白血球の数が増えて低血糖に陥り、多臓器不全とのこと。
瀕死の状態のサビを自宅で点滴することになり、連れて帰って1時間、そのまま
低血糖の発作を起こして逝ってしまいました。
あの時もっと早く気づいてあげれてたら、結果は変わったのかもしれない、という後悔が
胸をよぎります。
毎日サビの面影を思い出しては泣いています。3年間というとても短い期間だったけれど
私たちと過ごしたかけがえのない時間を忘れることはないでしょう。
本当に、本当に感謝しかありません。
サビ、大好きだよ。向こうで待っていてね。

40代 女性 ねね

ペットロスの存在が知られたのは、1950年代後半のようで、
英語圏の方が、ペットロスについての情報が豊富ですね。

かけがえのない相棒を突然失うのだから、
残された方には、深刻な悲しみを経験します。
人間としてごく普通の反応、
だけども、激しい苦しみ。

「配偶者との死別」と同様の心理的ケアが必要だと思いました。

特に、事故や事件で愛する相棒を失った方には、専門医によるPTSD治療も必要かもしれません。









50代以上 女性 ミーママ

4年前の七夕に家の前で保護した猫のミーを今年4月に亡くしお葬式も49日も済んだのに、泣かない日はありません。みなさんのお話を読んでもお気持ち痛いほどわかり辛くて泣いてしまいました。
犬しか知らない我が家に来て、さぞかし歯がゆい事がたくさんあったでしょう。今、昨年暮れに保護した若いソラにミーの時に気がついてあげられなかった事を全部してあげたいと思います。
あなたの思いに答えてあげられなくてごめんねミーちゃん、そしてたくさんの事を教えてくれてなによりうちに来てくれて本当にありがとうミーちゃん。。。

10代 女性 メメちゃん

めめちゃん。
5年間っていうすごくすごく、短い時間だったけれど、私はとても幸せな時間でした。冬には布団の中にもぐって来てくれたり。夏は、冷たい床の上で、ぐでーんと寝てたり。とにかくそれが可愛くて、、何枚写真を撮ったか覚えてないです。。でも、、、両足で歩くのが困難で、左足を引きずって歩いてた。なのに、何もしてあげられなかった。ご飯も食べなくなって、水しか飲まなくなった。亡くなった日、朝からめめちゃんは、やけに体が冷たくて、にゃーにゃー泣いてた。まさかその日に亡くなるとは思ってませんでした。老衰です。めめと遊んだ思い出や、だっこした思い出、一緒に寝た思い出、、とにかく沢山あるね。私はひとつも忘れてないよ。虹の橋はどう?私はいつでもここにいるからね。めめちゃんも私たち、家族のこと忘れないで?またここで会おうね?いつでも待ってるから、、。

40代 女性 kumin

ディルへ

長く一緒に居た気がしたけどまだ五年でしたね。
クーちゃんの家族をと思ってあなたを迎えてからの毎日はおとぼけな表情とイタズラばかりするやんちゃな性格で毎日「ディル~やめてー」が口ぐせになってました。いつもの少し離れたところから私をじっと見てくれてましたね。テレビの前に座るのも私の事を良く見れる場所だったからですか?
毎晩そばで寝てくれてありがとう。どこにいても私がベッドに入ると来てくれましたね。
クーちゃんとちがってディル顔は寄せずおしりにや尻尾を私に向けて大きく脚を開くスタイルでしたね。
あなたのお腹のぬくもりでぐっすり眠れました。寒い夜もポカポカでした。ありがとう。蛇口から水飲む姿も、テーブルから上手に物を落とす姿も棚の上で寝転ぶ姿ももう見れないのは本当に残念です。

もうすぐ健康診断行こうと思ってたところだったので悔しい気持ちもありますが
色々と考えてるとディルの事を思えばこれでよかったかと今思ってます。
動物は人間より生まれ変わりが早いからまた私との縁を頼りにまた来てくれる事を待ってます。どんな形でもいいのでまた一緒に過ごしたいです。
こちらから迎えに行ってもいいですか?何か合図してね。
今日は苦しくて辛い日だったけどディルのためにみんないろんなお世話してくれたね。ノイ君と遊んでくれた事感謝してます。本当はどうたった?ディルは自分が思ってるよりみんなあなたが好きでした。手がかからないからあまり構ってあげれなくてごめんなさい。もう少し早くに、という私の後悔は次会った時に愛情で返しますね。明後日の夕方には会ったことあるお父さんや新しい猫友達も大勢待ってるのでどうかみんなと楽しくやって下さい‼️そしてまた会う準備をしてください。私もあなたの帰りをまってます。
今年の冬、ディルがいないベッドで寝る寂しさを乗り越えられるよう頑張ります!
またねー。ディル行ってらっしゃーい
癒し、笑い、安心、温もり、だんらんをありがとうー

50代以上 男性 コウちゃんパパ

コウちゃん 
白猫で青い目のコウちゃん(男の子)が2018年6月2日に13歳で亡くなりました。
腎臓がわるくなっていて、延命段階でしたが持ち直して来ていたのに、朝獣医さんで無理な施術をして、夕方まで預かった貰っていましたが、緊急の電話が入り、急いで行ったのですが、もう亡くなっていました・・・
いつもこの子といる時が一番の幸せであると分かっていて、コウちゃんにもいつもそう話していました。2005年5月26日に工場の裏で保護した日から、いつも私を慕って、外出中は、「帰りが遅い」と家族に嘆いていコウちゃん、電話で「もうすぐ帰る」というと、受話器に顔をこすりつけていたそうです。コウちゃんがいてくれて、あまりに幸せなので、この子が亡くなるということが、意識の中から抜け落ちていた気がします。早くから処方食に切り替えて、医者にもかかっていましたが、食事の量が減ってきたときに別の獣医さんにかかるとか、もっと長生きできるように出来ることはたくさんあったのに・・・後悔がつきず、毎日思い出して泣いています。コウちゃんがいつも私を大好きでいてくれたので、私はコウちゃんといるだけで幸せでした。 今はコウちゃんの幸せを神様にお祈りし、毎日涙を流すばかりです。おじさんの繰り言を聞いてきくださって、ありがとうございます。

30代 女性 ちょうちゃん

らーちゃん!!!らーちゃん!!!
今は何をしているのかな?
いつもらーちゃんは私の部屋にきて起こしてくれたね、布団を剥がして強引に入ってきてくれたね。らー!!って呼んだらにゃーんってガラガラの声で返事して遠い所から来てくれたね。
膝の上で寝てらー?って呼んだら寝ながら返事もしてくれたね。本当に君は可愛いくて我が家の天使だった。
急すぎるお別れ。。糖尿病が発覚してから1週間。。もともと歯周病を患ってたらー。あの時全部歯を抜けば。。。そう、らーは糖尿と歯周病の合併症を起こしてしまい菌が脳へ。。。悔しいよ。らー病気糖尿に気づいてあげられなくてごめんね。
あんなに元気だったのに!!!らー。。。まだ君が居なくなってしまった事を受け入れられない。。らー。お願いだから元気な姿を見せてほしい!また、抱きしめたいよ。君は本当にお利口さんで、甘えん坊で家族が大好きな坊やだったね。こんな早くお別れが来るなんて。らーちゃん?君は幸せだったかい?私はらーと一緒に居られて幸せだったよ。本当に君を愛してたよ。らー。ねぇ本当にもう居ないの?らー。。

50代以上 女性 匿名

ハッピーが居なくなって明日で一週間。辛くて悲しくて胸が苦しい。約20年前に父を亡くした時も辛くて苦しくて、でも時間と共に普段の生活が出来るようになる事も知っていました。しかし、自分が元の生活に戻る事さえ嫌でした。忘れてしまう訳ではないけど、あんなに大好きで居なくなった事がこんなに苦しくて、この苦しさが楽になる事さえ許せませんでした。亡くなる前の24時間は呼吸も荒くて目も閉じられないくらい苦しそうでした。あんなに苦しそうだったのに、自分だけ楽になってはいけない気がした。食事が十分摂れなくなって凄く痩せていました。なのに私はブクブク太って。私だけ美味し物を食べてはいけない気がしました。あんなに痩せていたのに顔だけは前と一緒で綺麗でした。顔つきも気丈でした。だから、もしかしたら奇跡がおこるかもと変な期待をして、嫌な病院通いをして頑張らせてしまった。猫は元々表情を顔に出さないらしい。だから辛くても平気だよって顔してたの?もっとああしていれば、こうしてやればと後悔ばかりが押し寄せて来ます。亡くなる一週間位前まで一緒に寝てくれた。多分最後に寝てくれた日は、居ないので探していたら先にベッドで待っていてくれた。その時もまだいけるかも、って変な期待ばかりして。親子喧嘩してたら仲裁入って、息子が泣いてたら慰めに近づいてきてくれて。本当に賢い猫でした。仕事から疲れて帰って来て、ソファーの上で、貴方の毛ずくろいや寝ている姿をじっと見てるだけで幸せでした。階段を上がろうとすると先に駆け上がって、曲がり角の踊り場でいつもゴロンとお腹を見せてくれました。忙しくてスルーしてしまう事も度々。もっとお腹を撫でてあげればよかった。それから顔を近づけても嫌がらす、鼻チュウや鼻や顔、手や腕をなめてくれた。ほっとくと痛くて皮膚が赤くなるくらい。相方の猫もよくなめてあげてた。本当にやさしくて面倒みのいい猫でした。だから私も依存して、甘えてばかりいた。貴方はいい匂いがして大好きでした。貴方は私たち家族に沢山のものを与えてくれた。貴方は家に来て幸せだったですか?もっと一緒に居たかった。私が死んだら待っててね。また一緒に暮らしたい。また会いたい。

40代 女性 匿名

リンちゃん、あなたが死んだ日ほど泣いた日はありません。
まだうちに来て3ヶ月しか経っていないけど、あなたは家族でした。
伯母が連れて来た2匹のうち病気持ちでクシャミ鼻水がひどかったあなたを、家族に迎えました。
みるみる元気になって、おてんばでうるさいくらいだったけど、甘えん坊で抱っこされると、下から顔を見上げる仕草が可愛くて可愛くて。
サラとも少しずつ仲良くなりかけてた時に、お父さんの不注意で事故に合わせてしまいました。
痛かったね。辛かったね。苦しかったね。
二晩は頑張ってくれて、ご飯も食べてくれたね。でも、最後は苦しんで、病院に行く途中からぐったりとなってしまったね。どんなにか我慢してただろうね。
本当にごめんなさい。あたしたちがもっと気をつけていればと後悔しかないよ。
サラちゃんもさみしそうにしているよ。
どうか、天国では苦しまずに沢山遊んでね。大好きなご飯沢山食べてね。
うちに来てくれてありがとう。沢山の幸せをありがとう。
一生忘れません。

30代 女性 匿名

うるへ

元気?
あたしは四年経ってペットロスって気付いたよ笑
ちいちゃい身体でよく耐えたね〜
さくらは4歳になったよ
元気だし最近威嚇してくるよ

お手紙にしようと思ったら書くこと思い浮かばないなぁ
お母さん、携帯の写真である時からあなたが居なくなったのに気付くのがすごいさみしいぜ
次生まれてくる時は、ウンと長生きして二俣の妖怪になるくらい生きてください
それか、またあたしんとこおいでよ。
まだしてあげたいこといっぱい
いっぱいあるからさ

また会おうね
会えなくてもいいから
元気で生きてておくれよ
じゃあね

おかん

30代 女性 ミキ

今朝、冷たくなって丸一日経ったモモコを家族みんなで埋めた。
18年と5ヶ月の猫生を、母猫に置いていかれたその日からずっと一緒に過ごしてきたモモ
昨日は最後の夜を静かにみんなで過ごしたね。
死んでいても大きな耳がピンと立って、包んだタオルから覗くおでこから後頭部、首元に変わらずフワフワと気持ち良い毛が生えていて、しっぽは硬直もせずフワフワのままで、鼻筋がキュッとカーブした横顔が最後まで最高に愛らしかった。
ワガママで自分勝手だけど、傷ついている人には何故か敏感で、そっとよりそってくれてたって知っていたよ。
食いしん坊で、ダイニングに座って夕食を摂る私の膝に飛び乗っておかずをおねだりしていたのがつい昨日のことのよう。
モモの可愛さ、愛おしさ、愛らしさのおかげで私の人生は既に幸せなものだと確定したよ。
そんなかけがえのない存在と人生のうちに出会えたんだから。
仕方ないから今は少しの間だけ別の場所で暮らして、何年後かにまた一緒になろうね。

何よりも一番大好きなモモ、どうか安らかに

40代 女性 匿名

びーくん、最後の日、無理やりご飯食べさせたりお水飲ませてごめんなさい。点滴や注射も痛かったよね。痛く苦しい思いを沢山させてごめんなさい。もう痛くないよね。天国で元気だった頃のようにご飯もりもり食べていっぱいいっぱい走り回って遊んでね。

女性 匿名

もう、死んじゃったんだよね…昨日はちゃんとご飯食べてたのに。箱の中の花を見るとねているみたいだったよ。本当に信じられないよ。花とは、いつも一緒だったね。花はつまみ食いの名人だった。だから私はいつも食事中テーブルからから立つときは、テーブルをよく見ていたよ。でも今日は、花はもう動かないんだよね。わかっているけどついつい見てしまうよ。十三歳までよく頑張った。白血病だったのに一年も、よく頑張ったね。花、私はあなたが今すぐ箱から出てきてご飯ちょうだいって言うような気がして仕方ないよ。花、私もペットロスを乗り越えるから。もうぐずぐず泣かないから。天国から私を見ていてね。ありがとう。

50代以上 女性 匿名

10月18日うるが3歳で亡くなりました,とても臆病な猫だったのに私にはとてもいいこだっだので、大丈夫な気がして入院させてしまった、次の日行くと怯えずっとおこっていました、一度は帰ったのですが、心配で夕方迎えに行きました、お医者様からあと一日頑張ってくださいと言われ、帰ってしまいました、次の日は絶対連れて帰って怖かった分ずっと抱っこしようときめ、
急いで仕事をかたずけてる時でした、病院から電話がはいり様態が急変したとのこと、急いでいったときには、昨日と違って目も反応しませんでした、でも抱っこするとぐるぐるとお腹をならし、ふっと息を吐いたなくなりました、入院して3日でした、そんなときでも,うーと威嚇してました。よほど怖かったんだと思います、
どうか皆さん入院させないでください。怖い思いをさせないでください ほんとごめんなさい ごめんなさい 大好きだよ 許してね
 病院から贈られた献花は受け取れませんでした

50代以上 男性 匿名

昨日オス猫を亡くしました。
23年共に生活しました。

私の気持ちを理解しているような猫でした。

辛い事があって沈んでいる時等、そっと横に来て同じ方向を向いて座っていてくれました。
表情からいろいろと察してくれたのだと思います。

リードを付けて散歩にも行きました。
犬のようにスタスタ歩きました。

亡くなる直前、寝たきりで動かなくなっていた首を全力で持ち上げて、両目を見開き私を
しっかりと見続けてくれました。
白内障で真っ白になった瞳孔で。

数匹の犬猫を看取ってきました。

こんな高齢な猫になると、本当に心が通じているとしか思えません。

家族になってくれた事に心から感謝しています。

50代以上 男性 イチロウ

私の場合、愛猫は、既に「猫」では無くなっていましたので「ペットロス」になる筈も無く、ただ、空に昇った二年前より哀しい思いが続いているだけです。 つまり死んだ、とか、亡くなった、では無く「空に昇った」のでした。

斎場で骨を拾い、一年後にあるお寺に納骨し、年に二回の合同慰霊祭にお参りをして冥福を祈っています。

最近では、お寺に納骨される方々も相当な数ですので、慰霊祭の折には、犬や猫を家族として遇された方々も相当数がおられるのが分かります。 

愛猫の写真や動画が相当の量がありますので、気に入った写真を拡大してもらいましてポスターにして室内に掲げています。 昼寝をしている折の安楽な写真、猫タワーから室外を眺めている毅然とした写真、玩具で遊んでいる楽しそうな写真、等々です。 

撮影時には、ただ可愛い写真を観たいがためでしたのに、今、その写真を観て溢れる涙を何度も拭わねばならない、とは。

しかし、我が身も何時かは愛猫と同じく空に昇る時が来る、と思い定めて平穏の暮らしに戻らねば、愛猫が嘆く、と自分に言い聞かせる日々です。

30代 女性 さくらい

今朝未明、慢性腎不全で闘病していたソマリのありすが天に昇りました。
14歳8ヶ月の生涯。最期はお腹に乗せたまま休んでいて、痙攣で気づいて。ぜいぜい呼吸しながらだったけど、声を絞り出してにゃーんって言ってくれたね。声も出せないくらい辛かったはずなのに。
11歳で発症して、よくがんばったね。
時々得意だったジャンプを失敗するようになったのを老化だと思ってた。
食べなくなって、トイレに行ったり来たりするようになってやっと異変に気付いた。
どんどん悪くなっていって、たった2週間で逝ってしまった。
シリンジで強制給餌してもどんどん減っていく体重。
点滴入れても元気にならなくなっていった。
トイレもフラフラしながら行ってたのもできなくなって。
ただ抱っこで過ごした時には目の焦点は合ってなくて。それでもありす! って声に反応してくれて。
今はもう硬く冷たい体。明日にはお骨になってしまう。
いつか私も行くから。一緒にお墓に入ろう。まだ泣かせてね、ありす。
いつでも帰ってきて良いからね。甘えっ子でたくさん可愛い声で鳴いていたありちゃん。頼りないママだったけど、一緒にいてくれてありがとう。幸せだったよ。

40代 女性 みかぽん

チャオ、11月14日お父さんの2年目の命日に逝っちゃったね。

21年間もの長い間、私のとなりでずっと私を見続けて一緒にいてくれてありがとう。
糖尿も風邪も肺に穴が空いても、ぜんぶ驚くほど完璧に克服して健康な姿で私を驚かせてくれたね。

お転婆でイタズラっ子で悪いのを分かっていながらソファで毎日爪とぎしてたね。
私がチャオ~!と怒る声を聞きたくてわざとイタズラしてたね。

一昨日、チャオが私の腕の中で、私の顔をじっと見ながら両手で私の顔を触って
最期の挨拶をしてくれたとき、笑った顔を見せてあげたかったのに
ずっと泣いちゃってごめんね。

また会えるよね。日本を離れて遠い国まで私と一緒に来てくれてありがとう。
愛してる。ずっと愛してる。虹の橋でチャオが待っててくれると信じてるよ。

いつでもまた会いに来て良いからね。チャオが大好きなオモチャはずっと私が持っているからね。

21年間ありがとう。チャオ。

50代以上 女性 るぅん

昨日、11月17日に、ナナが逝きました。
まだ、6歳になったばかり

脾臓と小腸の辺りに腫ようができていました。おそらくそこが何らかで出血したのだろうとの事です。

10月20日にやけに吐くから、病院に連れ行った時は、見つからなかった

たぶん、その時に判っていたら辛い治療がまってたら、ナナは隠したんだね

脱水があるのと吐くから点滴をしたら元気になったけど
2週間くらいで、また吐くようになった。

その時に病院変えたんだよね
でも、なぜかママが新しい病院で検査を渋ったんだよね。
今思うと、あまりよく診ない先生だった。
痛み止めと捕液と吐き気どめ
なぜか、インターフェロン

食べなくなって、ママは脂肪肝が怖くて、強制的にご飯を食べさせた。

ごめんね
辛かったね

でも、上手く食べてたよね

元の病院に戻そうってパパが言って
ママの仕事の合間に連れて行ったら

血液が、生きてるのが不思議なくらい悪いと言われ、緊急輸血の為の措置中に容態急変

そのまま、虹の橋を渡ってしまった。

先生が心臓マッサージしてたけど

もう、いいよ!って叫んでごめんね
息を引き取る時、抱えることしか出来なかった

最後の病院に行く時も、嫌がったよね
連れて行かなかった方が良かったのか

亡くなる時は、麻酔を入れてたから苦しまなくて良かったのか?

判らないけど

ナナちゃん、向こうには、いっぱい友達もいるから

いつか、また会おうね

亡くなる2日前の写真を見ると、悪い様に思えない

急すぎるよ
若すぎるよ

ナナちゃん

20代 女性 姉

数日前に私も愛猫を亡くし、今まさに悲しみの真っ只中です…
皆さんが書いている通り、毎日思い出が甦っては涙が流れます。
うちの猫は体が大きく、膝に乗せたらすぐ足が痺れてしまうくらいでした。
病気になって弱々しくなり、直ぐに吐いてしまう状態になってからはガラスを扱うように気を遣いました。
抱いたら気分が悪くなるかもしれない…
勝手にそう思い、抱っこの回数が減ってしまいました。
あの子が死んでから、もっとスキンシップをとってあげたら良かったと思い後悔が募ります…
しんどくて自分では動けなくて、誰かと触れたくても触れられなかったのかもしれない。
もっと側にいてほしかったかもしれない。
10年以上も大切に育て、可愛がり、当たり前の存在だったあの子の死は、家の中で一番大きな物が無くなってしまったようです。
私の心にはあの子と同じ形、同じ大きさの穴が空いてしまいました。
もう参ってしまいました…
ある晩大量の涙と共に溢れてきたのはごめんと言う言葉でした。
でも病気になってからは少し覚悟をしていたこともあり、冷たくなった体を触っていたときは、うちの家族でいてくれてありがとうと言う感謝の気持ちが一杯でした。
今もすぐ近くにいるような気がします。
鈴の音や、トテトテと足音が聞こえてきそうです。
今までありがとうね。

30代 女性 まや。

けいちゃん、早く怪我に気付いてあげられなくてごめんね。
辛いのに、点滴や消毒、無理矢理ご飯食べさせてごめんね。
あなたが居た9年間、毎日とても楽しくてとても幸せでした。
もう二度と会えない。撫でる事も、抱きしめる事もできない。
考えただけで、胸が苦しくておかしくなりそう。あなたの鳴き声が、今も聞こえる気がします。
この悲しみを乗り越えるなんて、できるのかな。
そんな時がくるのかな。
弱いママでごめんね。
今はまだ、泣かせてね。
あなたは、いつまでもずっと、ずっとずっと、あたしの宝物。

20代 女性 匿名

我が家で飼ったいた。
猫のミルクは家猫でまだ
13歳10ヶ月でした。
平成30年11月22日
AM 10:40亡くなりました。
お通夜、お葬式をしました。
いなくなったのが嘘みたいです。
いつも呼べばにゃーと泣いてくれていた
のにもういません。
ミルクは去年亡くなった。 
私のお母さんの弟から私へのカタミの猫でした。
白内障になって最初は左目が悪くなりました。
そして左足も悪くなり段々痩せてきました。
今思うと最後ミルクは亡くなることをわかっていたんだと思います。
家の中を最後の見回りをしてました。
最後は苦しまずに、大好きだったキャットハウスの中で
家族に看取られながら亡くなりました。
前に飼っていた3びきは事故で亡くなりました。
4ひきめになるミルク絶対に外には出さないようにしょうね
と家族で決めて悲しんでるの私を見てみかねたおじさんが
飼ってくれた大切な家族でした。
とっても大切なミルクはいつも家族のアイドルでした。
私は亡くなったことが受け止められなくて
お線香あげながらいつも泣いてます。
ミルク私たち家族のもとに来てくれてありがとうございます。

女性 匿名

11歳10ヶ月でゆずが亡くなりました。
3週間 点滴とスポイトでお薬を飲むくらいで
ホタテのすりつぶしやスープをほんの少し舐めるくらいで なんで?というくらい生きてくれました。そしてゆっくりと弱っていき最期はガリガリでした。うんちも下痢になり、最期の日は体の匂いも変わりなんとなくそうなんだと感じ、
腎臓系で苦しむかもしれなかったので、鎮静剤を病院からもらっていて、そしてついに痙攣が始まり薬を入れました。苦しむ声も上げる事なく静かに亡くなりました。可愛い可愛いと言われるとどんどん可愛くなる子だったので、死に顔も満ち足りた顔で、愛おしく、ありがとう。と言いました。いま骨壷に入って家のゆずスペースに鎮座されています。昼間忙しくしていると失恋によく似た痛みが心の何処かにあり 信号待ちなどでふとした瞬間その痛みをポカンと捉えてしまい ゆずの不在を感じ涙してしまいます。 ほんの小さな痛みですが、捕まると 爆発してしまい3週間のゆずの頑張りを頭の中でなぞり ありがとう。と思えるまで考え抜いてしまいます。
可愛い可愛いゆずは それを聞いて満足気なゆずの気持ちはいまどこにありますか?
ゆずに会いたいです。
ふわふわのお腹から温かい匂いを胸いっぱいに吸い込みたい。
満足気なあのお顔に沢山のキスの雨を
ありがとうね。ゆじ

20代 女性 匿名

ミルクに会えなくて寂しいよ。
ミルクに会いたいよ。
あって抱きしめたいよ。

ミルクはもう亡くなってしまった事が
信じられない、亡くなる2日前まで
いたミルク生きていたミルクはもういない


ミルクが子猫の時にペットショップで
出会って一瞬で飼いたいと思い
ミルクを買いました。
会ったその日に購入の契約をしました。

運命の猫チンチラシルバー(オス)
でも3びきめの猫がその時すでに亡くなっていてすぐ
だったのでバレンタインの日に受け取りにいきました。

ミルクがいない生活は心に凄く大きな穴が空いたみたいです。
悲しくて、悲しくて、悲しくてとても寂しいです。

ミルク今までミルクと過ごした生活はとても楽しかったよ。

ミルクどうして亡くなってしまったのいなくなった
ミルクのことを受け止められないよ。

今年のクリスマスもミルクの誕生日を一緒過ごしたかったよ。

毎晩仏壇の前でミルクの写真見ながら
ミルクと呼びながら泣いていてごめんね
ミルクに会いたくても会えない

いつも一緒だったから寂しいよ。
いつも一緒だったから悲しいよ。

ミルクのそばに行きたいよ。 


13年10ヶ月あっという間だったね
ミルクと家族になれて本当に良かったよ
命日2018年11月22日までそばにいてくれて
ありがとうございました

40代 女性 ユキ

今月12/4 朝6:34 愛猫ボン(三毛猫雄)が13歳2か月10日で慢性腎不全のため亡くなりました。
13年前、私は学校の臨時職員として働いており、その時の生徒の家の裏で子猫が鳴いている、助けてほしいと電話が入り、彼を保護したところから私たち夫婦の生活が始まりました。
体重100g。目も開いていない、いなりずしみたいな小さな子。
彼を育てるために同棲して間もなかった私たちは結婚しました。
私は子宮の病気で子供を産むことはできないからだ。そこに現れた小さな天使。それがボンでした。
毎日、ミルクを2時間おきに与えて、排泄を促し、ホッカイロで体を冷やさないようにして、300gになったころ、彼の背中の毛を見て、三毛猫の雄だとわかりました。
小さな彼は私たちを親だと思い、私たちはボンを子供だと思っていた。
だから、私より先に絶対に死なないと勘違いしていた。
小さな天使はメキメキ大きくなり、9.4kgまで成長した。
獣医から「柴犬並み、ダイエットが必要です。」と言われて、体重を落とすためにダイエットフードに切り替えた。
徐々に体重が減って、順調に思えたのに。ボンは時々吐くようになった。
仕事が終わり、帰ってくると姿が見えない。
探すと家の隅で隠れるようにうずくまっていた。
おかしいと思い、病院に連れて行ったら、腎臓病ステージ4
なんで、気づいてあげられなかったの。
体重は5.6kgまで落ちていた。11歳の誕生日の目前だった。
そこから、病院通いが始まったね。
初めは1ヶ月に1度くらいから。それが徐々に期間が短くなり、
最後の1年は毎週2、3回。皮下点滴は自宅で毎日。
嘔吐止めと、食欲増進、造血剤の注射。
痛かったはずなのに、病院に行くときはご機嫌になって、先生に愛嬌振りまいて。
13歳の誕生日、迎えられるかどうか心配だったけど、あなたはちゃんと応えてくれた。
最後の誕生日会だったね。
それから2か月と10日。
朝、あなたは少し吐いて、私を呼んだ。
あなたに万が一があった時に備えて、私はずっとコタツで寝ていた。
あなたは体を冷やさぬようコタツの上で寝ていた。
あなたに呼ばれた私は、自分でもよくわからないまま、あなたをブランケットごと
包み込んでコタツに抱きしめて寝た。
スースーっと息が聞こえた。
そして、しばらくしてその息が途切れた。
私の腕の中で、虹の橋を渡ってくれた。
瞳孔が開いていて、息をしていないことを確認し、時間を見て、
私は主人にあなたが旅立ったことを知らせた。
涙が止まらなかった。
だって、あなたは私の息子。私より生きるはず。
そう信じていた。

安らかなあなたの顔を見て、私は早く骨にした。
沢山抱っこしたけれど、あんなに抵抗しないあなたを見ていたくなかった。
叩かれることも知らない。人間って怖いってことも知らない。
純粋過ぎた我が子。

泣き上戸の主人を前に私は泣けない。
泣いてはいけないような気がしてしまう。
なのに、ココロはあなたを求めている。

ボン、あなたは私の所へ来て幸せだったですか。
沢山の痛い注射、つらくなかったですか。
わがままで生き永らえさせた私たちを恨んでませんか。

私はあなたに助けられてばかりでしたね。
うつ病になった私をあなたは迎えてくれた。
入院から帰ってきた私にニャンと3回鳴いて、求めてくれた。

なのに、私はあなたに流動食を無理やり飲ませたり、水を無理やり飲ませたり。

最後の写真も私とのツーショット。
あなたの痩せこけた顔、見るたびにつらくなります。
だけど、虹の橋を渡った顔はとても安らかで。
苦しみから解放された安らかな顔。

ボン、私の子供になってくれてありがとう。
あなたが必ず戻ってくると信じ、私は生きて待っています。
だから、懲りずにウチに戻っておいで。
その日まで待ってるからね。

大好きなボンちん。
本当にありがとう。愛しています。

40代 女性 きい

愛猫のミルクが、3日前に腎不全で亡くなりました。15歳と4ヶ月でした。
もしもタイムマシンがあったら、4年前に戻って病院に連れて行きたい。
食欲低下、嘔吐の増加、運動能力の低下…。
全てを「老化」と勝手に思っていた自分を引っ叩いてやりたい。
2年前の夏、異変に気付いた時はもう腎臓がほとんど機能していませんでした。
投薬もビビりな私は下手で、苦しい思いをさせてしまいました。
亡くなる2日前、歩く事も単独で出来なかったあなたが、突然移動したがりましたね。
手を貸し辿り着いた先は、私の布団でした。
「ここがいい」と言わんばかりに「ニャア」と一声鳴くと、あなたは生涯最期の歩行を終えました。
いつも、具合が悪くなると、隅に潜んでいたあなたが。
最期の時を、私と過ごしたいと全力で訴えたその姿に、涙が止まりませんでした。
失禁してしまう程の激しい痙攣の後、子猫のように、何度もニーニーと泣いた声が、今でも耳から離れません。
最期の6〜7時間は、私の腕枕の中でずっと見つめ合ってましたね。
夜が明け、明るくなっても瞳孔が閉じなくなっている事に気付き、旅立ちが近い事を感じました。
それでも、時折もっと寄り添いたいそぶりを見せたので、その度に頬ずりしました。
最期は、魚みたいに口をパクパク数回して息絶えました。
初めて会った子猫の時から、死んだ後もなお、可愛さは衰える事がありませんでした。
家に帰ると、全力で迎えに来たあなたを今もつい期待してしまいます。
目の前に、お骨になったあなたがいるのに、まだ実感が湧きません。
まだこの手に、あの暖かく、柔らかでモフモフの感触が残っています。
家中にあなたが溢れていて、家に帰るのが辛いです。
いつになったら、骨壺を抱いて泣く夜から解放されるのでしょう。
会いたい、会いたい、会いたい。
二度と叶う事のない願いと分かっていても、祈らずにはいられません。


50代以上 女性 きなこのママ

10月に生後1ヶ月で我が家に来たきなこ
たった3ヶ月半の命でした。
たった2ヶ月半しか 一緒に居られなかった。
最後の日は 突然やってきた。
息が荒いことが気になり獣医さんには診てもらっていたのに。
口呼吸になり 苦しそうなきなこを 少しでも楽にと 手術をお願いして 帰りを待っていたのに 深夜 呼吸不全で 虹の橋へ逝ってしまった。
ごめんね。ごめんね。もっと早く気づいてあげてたら 一緒にお正月を迎えてたのに。
ごめんね。
きなこ 会いたいよ。抱きしめたいよ。

病院へ引き取りに行って抱っこしたら もう 涙が止まらず 自分を責めて 責めて
きなこ ごめんね。ごめんね。

きなこの面影が そこらじゅうにあって 何をしても思い出し 涙 涙。ただ涙。
スマホの写真を 全部印刷して 家中に飾ったりして 気持ちを落ち着かせること 色々やってます。
悔やんでも きなこはもう居ない。
健康な猫ちゃんに生まれ変わって また再開できるよう きなこに発信しています。

悲しみは いつ癒えるのかはわからないけど 受け入れ 向き合って 心の中でも 独り言でもいいから きなこと会話していこうと思います。

30代 女性 りょぅ

チビちゃん
2018年6月5日。生後1ヶ月くらいのチビちゃんが、カラスに襲われそうになってる所を保護したよね。うちには既に3匹の猫がいて、これ以上は家計的に無理だよなぁ。。って。。里親探ししたけど、結局見つからなくて、そのまま家で暮らすことになった。本当はね、パパには里親探すといいながら チビちゃんの可愛さにやられて手放したくなかったんだよ!本気で里親探してなかった(笑)
おチビでやんちゃで、他の猫にかかって行っては怒られて、ママが歩くとずっと後を付いて歩いて たまに足に絡まって転びそうになって、鬱陶しいなって思うこともあったけど、そんな所がたまらなく好きだったんだよ。強すぎる頭突きのスリスリも、抱っこはあまりさせさてくれないのに、ギターを弾いてる時はずっと寄り添って寝てくれて、自分が甘えたい時だけ、究極にデレて。他の猫が私に甘えてると割り込んでくるところも、夕飯を食べた後と早朝に運動会が始まって、テレビが聞こえなかったり、朝ゆっくり寝てられなかったり(笑)

2018年の12月25日の夜から、全くご飯を食べなくなって次の日病院に連れて行くと、胸に水が溜まっていますと言われ、痛い思いをして針をさして水を抜いてもらったよね。最初は、心臓に何かしらの問題があって胸水が溜まっているのかも知れません。ただ、危険度は低い方です。って言われて、投薬や病院にこの先ずっと通うことになっても、命があるならそれだけで良かったと思った。死ぬなんて全然思ってなかった。
26日に受診して、お薬なくなる頃にまた来てくださいって言われたけど、28日にはまた苦しそうに息をしてて、よく見てもらうと心臓には悪い所がなくて。。その後、31日、3日、5日と水を抜いてもらう為に病院に通ったよね。針を刺されるのは凄く痛そうで、診察室からギャァァ!ってチビの声が聞こえてくる度に、辛くて痛い思いさせてごめんって思ってたよ。結局、調べるうちに胸に偽膜性嚢胞が出来る 先生も見た事ない病気にかかってるのがわかって、水を抜くのが難しくて2019年1月7日、病状が出て12日間で 虹の橋を渡ってしまいました。
亡くなる前日のお昼までは、高カロリーの缶詰にチュールを混ぜたものを 辛いながらもゆっくり舐めてくれて、まだ食べれる。大丈夫と思っていたのに。。そこから急激に体調が悪くなったよね。。
日曜日で、病院もやってなくて。。もぅ治療法もなくて、手の施しようがなかったから 先生には覚悟しておいて下さいって言われたけど、こんなに早く急変するなんておもわなかったよ。一晩苦しむチビちゃんを、ずっと見て、最後は楽に行かせたいと思って、月曜日の朝、病院が開く1時間前に 電話で もぅ苦しそうだから安楽死させて欲しいので すぐお願いできませんか?って言ったけど、9時にならないと先生が来ないと言われて。。
チビ頑張れって頭を撫でてたら、苦しいのに立ち上がって頭スリスリしてくれたよね。いつもは力強いすりすりが すごく弱くて、そのまま倒れ込んでしまって。。あの時のスリスリは、最後だとわかってしてくれたのか、苦しいよ助けてだったのか。。
フラフラと立ち上がってベットの下に行こうとする度に、ママのベッドで寝なって言って連れ戻してごめん。。一人で、冷たいところで死なせたくなかったんだよ。でも、死に際見られたくなくて一生懸命立ち上がったんだね。。
病院へ行くためのゲージを用意するために少し目を離した時に、ベットから降りて 今まで1度も、トイレの失敗をした事がないチビちゃんが、苦しさから失禁しながらベットの下に行き、最後苦しそうに声を上げながら、痙攣して亡くなった。。
治療はもぅ手を尽くして、できることは全てやったって思えるけど 、最後に苦しませて逝かせてしまったことだけは、悔しくて仕方ありません。。苦しい思いさせてごめんね。。本当にごめん。。

チビが亡くなってから2日、子供たちの学校も始まって淡々とやる事をこなしてるけど、ふと目をやった端々ににチビちゃんがいる気がして涙が止まりません。
生まれてから8ヶ月、うちに来てくれてからの7ヶ月 幸せでしたか?ママはすごく幸せだったよ。本当にありがとう。
いつかママが天国に行った時に、また会えると良いな。。会えたら、またあの力強い頭突きスリスリしてね。。

ありがとう。チビちゃん大好きだよ

30代 女性 はなこ

ペットロスは、辛いものですよね!
私も何度も経験しました。慣れないし毎回どん底に落ちます。
しかし、ペットロスのときには無理せずに過ごすことと、泣きたいだけ泣きました。すると、何だか辛い思いが少しましになっていくような気になっていきます。不思議ですね。
あとは、我が家も新しい猫ちゃんを保護してからは忙しくなりあまり泣かなくなりました、そして何より前向きな気持ちになりました。亡くなった猫ちゃんにやってあげられなかったことを、たくさんしてあげることができます。あとは、亡くなった猫ちゃんの思い出話をすることで、供養になっていたとも、思います。

20代 女性 にゃー

母親に間引かれてしまって車のエンジン内に隠れていたのを鳴き声を頼りに見つけ、病院に連れて行き元気になるまでという条件でうちにきて18年。
体が弱いこともあり、何度も病院に行って頑張ったね。
最後は検査する体力も無いと言われ、家で看取ってあげて下さいと言われてから2年も頑張りました。
きっとにゃーの家族の中で誰よりも長生きしたと思います。
最後は私と母にみとられて行きました。
私の人生の半分以上も一緒にいて、にゃーがいないと何をすればいいかわかりません。
暇さえあれば撫でたり遊んだりしていて…
こんなに1日って長かったっけ?と感じます。
友達には新しい子を迎えたら?と提案されますが、いつかまたこの別れがくると思うと新しい子を迎えようとは思えません…

50代以上 男性 匿名

来佳。女の子。13歳。
信じられない、涙が止まらない、胸が苦しい、

40代 女性 くるみ

昨日、愛猫くるみが息をひきとりました。子供がいない私にとってくるみは我が子でした。私が、20代のころから、悲しいときはそばで見守り、ピアノやパソコンなどしてると必ず邪魔したり、毎晩一緒に寝て、朝は起こしてくれる、お利口で甘えん坊のくるみでした。15年前、マンホールの上で雪にまみれて半分死んでる状態を母が拾ってきました。インフルだから安楽死を進められたけど、別の病院に行ってなんとか助かった奇跡の猫ちゃん。あれから、昨日まで本当に毎日幸せで、悲しくても、「くるみが慰めてくれる」と、乗り越えてこれました。散歩も大好きで犬並みににおいをかぎ、爪とぎをし、葉っぱを食べてたね。毎日「くるちゃん、世界一かわいいお姫様!大好きだよー!」ってたくさんのハグとキスをしました。
腎不全からの多臓器不全で最期は心臓がとまるまで苦しかったね。
私は人生で一番泣いて悲しく、涙ってどこまで出るんだろうって思う。食べる気も、仕事する気も起きない。画像や動画を見て泣くばかり。明日、火葬だから、虹の橋で待っててね!今まで見送ってきたペットたちは、母がいつか虹の橋に寄ったときに一緒に行ってしまいそうだけど、くるちゃんは違うよね。今日も、くるみがいた場所や、登ってた階段、ごはんの場所を目にするだけで涙があふれる。身体の一部をえぐられるような感覚。くるみは、まだいるけれど、そっとしておいてあげなきゃね。1ヶ月苦しかったもんね。でも、今晩も一緒に寝ていいかな。最後の目に見えるくるみをやきつけて。
くるみー!愛してるよー!かわいいくるちゃん。お姫様。くるちゃん、大好きだよー!ずっとずっとずっと。虹の橋で待っててね!必ず行くからねー。

20代 女性 匿名

ヤスくん、今まで本当にお疲れ様。
9年って本当にあっという間だったね。一緒に暮らし始めた時になんとなく、この子はあんまり長生き出来ないかもしれないなって思ってたけど、心のどこかでずっと一緒に居られるような気がしてました。名古屋でも一緒に暮らしたかったよ。
もっともっとずっと一緒にいたかったよ。9歳なんて早すぎるよ。まだまだこれからだと思ってたよ。白血ウイルスにかかって色んな病気して片脚も動かなくなって私とお母さんが落ち込んでたから最後に元気な姿を見せてくれたんだよね。本当にありがとう。
私の友達が来た時も沢山撫でさせてくれてありがとう。
最期まで一緒にいてあげられなくてごめんね。ワクチンもちゃんと打ってあげられなくてごめんね。
可愛い可愛い私のヤスくん、本当にどこの子よりもヤスが1番可愛かったよ。
本当はカンパネルラが白黒だったから白黒のハチワレは飼わない予定だったんだよ。
真っ黒の子を探してて、たまたまホームページでヤスを見つけたんだよ。本当にその時募集がでてた子のなかで1番に可愛くて、でも白黒だったからやめようと思ってまた他の子を探したけど、どうしてもヤスが忘れられなかったんだよ。ほっぺも目もまんまるで、絶対この子がいいって思ったんだよ。
いまでも色んなところでいろんな猫に会うけど、やっぱりヤスくんが1番、1番可愛いよ。
家にいるのが辛かった日もずっとそばに居てくれてありがとう。これから実家に帰ってもヤスが居ないなんて、なんて寂しいんだろう。もう朝にヤスの声で起きることも出来ないんだね。ふわふわのお腹を撫でてあげることも、顎の下を撫でてあげることも頭からしっぽにかけてヤスが動くのに合わせてずーっと撫でてあげることも出来ないんだね。いつか生まれる私の子供にも、ヤスのお腹を撫でさせてあげたかったな。
ヤスのいない世界でこれからも生きていかないといけないのはすごく辛くて嫌だけど、でも最期まで頑張ったヤスを見習って私も頑張って生きるから。見守っててね。
まだこっちをウロウロしてるのかな?もう虹の橋をわたったのかな?天国ではきっとしおりやとしえやお父さん、カンパネルラが待っててくれるから、寂しくないよ。3人ともすごくすごく可愛がってくれるはずだから安心してね。カンパネルラはヤスの大好きな女の子だけど気が強いから気をつけてね。
またこっちに降りてくることがあったらまた出会いたい。また友達になってくれる?
もし近くに降りてきてくれても私は鈍感だし、気のせいって思っちゃうからわかりやすくアピールしてね。
声が変わっても目の色が変わっても柄が変わっても良いからまた友達になってね。その時はもっともっと長く一緒にいられるようにちゃんと頑張るから。
私たちと一緒にいられて楽しかった?まだまだ遊び足りなかったと思う。私はもっともっと一緒にいたかったよ。
撫でられて嬉しかった?本当に本当にいい子だね。ヤスが居なくなっちゃって、私は今まで生きてきた中で1番悲しいよ。こんなに泣いたことは今まで1度もなかったよ。
この9年間私たちに癒しをどうもありがとう。出会ってくれてありがとう。最期まで元気な姿を見せてくれてありがとう。
最期まで可愛く居てくれてありがとう。
本当に本当に本当にずっとずっとずーっと大好きだよ。愛してるよ。本当はお別れなんてしたくないよ嫌だよ。まだまだずっと一緒に居たい。
でも、もう痛いところも苦しいところもないんだもんね。これからはどこかから私たちを毛繕いでもしながら見守っててね。
今まで本当に本当にどうもありがとう。さようならは悲しすぎるから言わないでおくね。ヤスくんまたね。愛してるよ。

40代 男性 匿名

愛猫、ちびちゃんが平成31年4月24日の午後に旅立ちました。公園に居た、ちびちゃんだったので年齢は不詳ですが、13年6ヶ月家族と一緒でした。昨年の今頃、かかりつけ医から乳腺腫瘍と宣告され、それから約1年で虹の橋へ。最後の方は見ているのも辛い程の衰弱でした。ちびちゃん。ありがとうございました。

40代 男性 そいち

みーちゃん
18年間一緒だったね。たくさんの愛をありがとね。
うちには子供がいないからみーちゃんが僕らの娘だったよ。

最初の出会いはまだ1歳前くらいかな、家の前のマンションの植栽の中に居たね。お腹すいてるだろうからうちの玄関先でご飯を置いてあげたのが始まりだね。
そのうち嫁が仕事から帰ってくると、必ず玄関に来てご飯をおねだりしたね。そうこうしてるうちに家に入り家族になりました。
僕は子供の頃から猫アレルギー持ちだったけど、一緒に暮らしていくうちに治っちゃた。
いっぱい遊んでいっぱい食べていっぱいふれあっていっぱい癒されて、最後は体調悪くなってからあっというまに亡くなっちゃったね。ちょっと前までタコ1パック食べきってたのに。

つらい…
つらいよー…

でも最後は生きてるうちにギリギリ会えたし、病院に向かう車の中で助手席の嫁に抱かれながら逝きました。まだ心臓がとまって3分くらいだったから病院で蘇生したら生き返るんじゃないかといろいろやったけどダメでした。
いまはダンボールの中でお花に囲まれて、まるで寝ているようなすこやかな顔をしているのがせめてもの救いです。

みーみー、会いたいよ
みーみー、膝の上に乗ってよ
みーみー、ご飯おねだりしてよ
みーみー、一緒にベランダでるよ
みーみー、ベランダの雨水は飲んじゃダメだよ
みーみー、チューして
みーみー、抱っこの刑だ
みーみー、みーみー、みーみー…

今日会社休んだよ。あと2時間で火葬場に連れていきます。

みーちゃん来世も家族になろうね

40代 男性 匿名

アンクと読んでも、鳴いてくれない。膝の上にも寝てくれない。そんな日が突然くるなんて。誰も知らないけどなぜ今なの?もっともっと遊んでいればよかった。アンク、お風呂に一緒に入ってお水を飲んだり帰ってくると鳴いてくれたりしたよね。ちゃんと見ていれば、みんなが見ていればえらい思いもしなくてよかったのにごめんなさい。後ろ足も怪我させてごめんなさい。痛い思いさせてごめんなさい。でも、アンクはずっと家族の心の中に生きてますよ。

男性 匿名

職場の車の下に子猫ちゃんが住みつきだして半年間位の間、毎日、毎日、職場に着いたら出迎えてくれてました。いつの間にか僕は子猫ちゃんに会いに行く事だけ考えてました。昨日に僕が職場に着いて居なかったので周りを見たら遠くから僕を見てこっちに走ってきたその時に車に跳ねられてなくなりました。悲しくて悲しくて仕方がないです。

30代 女性 km

ココちゃん♡
茨城の家で野良として産まれ、両親がこのまま置いてきたら死んでしまうと思い東京に連れてきてくれてそこで初めて会ったよね♡
初めて会った時から可愛くて可愛くてすごく嬉しかった!
1歳なのに子どもみたいに小さくて心配したけどやっぱり可愛かた仕方なかった!
歯が痛くて辛そうだったのに我慢してご飯たくさん食べたよね。
人懐っこくて膝の上に乗ってきてくれたり、すごく可愛かった!
病院に行くのが大嫌いだったよね。、風邪が治ったのに病院に行かなくてまた歯が悪化してしまったように思う、、
なんでもっと早く病院に連れて行かなかったのか、、
最後も駆けつけたらまだ生きたい!といってるように感じて悩みに悩んで病院に連れて行って注射と点滴、、病院嫌だったよね、、ごめんね、、
生きて欲しかったんだ、、まだ一年、会って二ヶ月なんだもん、、
何もしてあげられなくて本当にごめんなさい。家に少しだけ入ってご飯たくさん食べて幸せでしたか?
ココにまた会いたくてしょうがないです。
ゴールデンウィークには元気だったのに
後悔ばかりしてしまうよ
虹の橋のところでは元気な体でたくさん遊んで兄妹と遊んでね!!
いつかココちゃんのような猫ちゃんを飼って愛情を注ぎます!
短い間だったけどココと出会えて嬉しかったよー!ありがとう!大好きだよ♡

50代以上 女性 みん

にゃんちゃんありがとうね。
マンションの廊下で偶然出会ってから19年。きっと二十歳は越えてるのに本当にお利口さん。私をいつも守って支えてくれてました。最期まで優しいにゃんちゃんに感謝の気持ちでいっぱいです。猫は人間の言葉がよくわかります。実感した19年でした。

50代以上 女性 匿名

猫のいない 生活って
仕事 おわり 早く帰らなきゃ 猫缶 買って
あっ いないんだ 帰りたくない
ドアを開けても 出てこない にゃあ
もうすぐ 一緒に 暮らして 10年
まだまだ 一緒に いられると 思っていたから
にゃあちゃんの いない生活って
耐えられない 苦痛 涙 ためいき

笑顔のような 寝顔が 最後だなんて
でも きっと またいつか 会えるかな
その時まで 待っててね ばいばい