猫部屋の風通しをよくするための対策!

猫部屋の風通しをよくするための対策!

寒い季節は猫部屋の窓は閉めていて良かったのですが、これからエアコンを利用するまでの期間は、なるべく窓を開けて風通しを良くしたいので、猫が網戸を破って外に出ないようにラティスでカバーを作りました。

689view

猫たちのために作った物

窓際に写っているラティス

窓を開けた時に網戸に登ったり、破ったりしないようにカバーを作りました。寒い季節は猫部屋の窓は、空気の入れ替えの時だけ開け閉めしていました。今の季節は心地いいので、できれば窓を開けっぱなしで一日中空気の循環をしていたいものです。

ただ、窓を開けて網戸にすると、時々登ったり、猫同士でじゃれ合ったりした時に、誤って網戸に突進して破れたりするかもしれません。誰かが見ている時ならすぐに対処できますが、そうでない時に、もしも外へ出ていったらと思うと危険です。

そこで、猫たちが網戸を触ったり、登ったり、また、破ったりできないように1枚のラティスで網戸のカバーを作りました。

網戸のカバーを作るための材料

  1. ラティス 1枚 180cm×90cm
  2. 窓とラティスの隙間に入れる角材 2本
  3. L字の金具 4個
  4. ネジ 4個

作り方

1.網戸側の窓を開けた時に隙間ができるので、そこに角材をネジで取り付ける。
2.窓にラティスを挟んで、L字金具で4カ所取り付け、固定する。

窓際の横から写っている柱

3.簡単ですが、これで完成です。

窓を開けて猫に見せてみました。

ラティスの前で横向きに立っている猫

特に特別な変化はなく、ただラティスを見上げて、ふ~ん・・・という感じでした。

まとめ

猫を飼育していると、部屋から出ないようにと気を使います。一日中締め切った部屋の中だけではストレスが溜まるかもしれないので、フリーにしているのですが、これからの季節は窓を開けると心地いい風が入ってきます。

猫たちも日向ぼっこをしながら、風通しがいい部屋だと過ごしやすいと思います。一日中猫たちと一緒にいることはできないので、そんな時でも安心して窓を開けて、部屋の空気を循環できるので、網戸にカバーを取り付けて良かったです。

但し、猫たちは家人が居ない時には、どんな行動をとるか分かりませんので、誰かが家にいる時は網戸にしていますが、誰もいなくて外出している時はやはり窓は閉めるようにしています。

スポンサーリンク