猫の甘噛みはほっといて大丈夫?

猫の甘噛みはほっといて大丈夫?

猫から甘噛みをされると嬉しい反面、度重なると不安になりますよね。可愛い猫の甘噛みではありますが理由なくしているわけではないようです。それでは猫の気持ちになり甘噛みについてそして対策について考えてみましょう。

683view

甘噛みが本噛みになっては危険!

手を噛む猫

色々な気持ちから猫は甘噛みを行いますが甘噛みが本噛みになってしまうと危険です。飼い主が怪我をしてしまったり、飼い主の体調に寄っては感染症にかかる可能性も出てきます。

猫の甘噛みの理由を探り、根本的に解決をしていきましょう。

狩り気分の甘噛み

カプリと噛む子猫

不意に猫がとびかかってきたり待ち伏せをしている場合、飼い主の行動が獲物に見えているのかもしれません。普段おもちゃを使わず手や足を使って猫と遊んでいると、狩り気分の甘噛みをよくしてくるでしょう。

まずは手や足で遊ばずことをやめて「おもちゃ」で戯らすようにしていきましょう。そして遊ぶ時間も今までより、多くとるようにしてくださいね。

甘えからの甘噛み

指に甘噛みをする猫

飼い主に撫でられている時やリラックスしている時に嬉しさがMAXになり、甘噛みをしてしまう性格的に甘えん坊の猫もいます。

飼い主とのスキンシップの足りない猫が過剰に甘えて、甘噛みする場合もありますので、その時は遊び時間を多目にとるように気をつけてあげましょう。

嫌だという証明の甘噛み

必死に手を噛む猫

ブラッシング中、撫でている途中に突然ガブリと甘噛みをされる事があるでしょう。その場合は「もう終わってニャ!」という猫の嫌と言う気持ちのあらわれです。その前に尻尾をバタンバタンとしたり、「ニャ〜!」と言われたりしませんでしたか?

猫のタイミングをよく観察すれば、噛まれずに済むでしょう。

その他の甘噛み

手を噛む猫

オス猫メス猫の首を噛みながら交尾を行いますので、飼い主を恋人と思い甘噛みをしてくる場合があります。

また歯が生えてくる痒みで甘噛みをする子猫もいます。人間の赤ちゃんと一緒で歯の抜け替わりが終了すれば甘噛みも無くなってくるでしょう。

ストレスから甘噛みをする猫もいますので、スキンシップが不足、遊び時間の不足、他の猫との間柄などを考え直してみてくださいね。

甘噛みを怒ってはいけません!

猫に手をあげる女性

甘噛みは突然にされると痛いでしょう、しかし猫に怒ってはいけません。怒るということは飼い主が相手をしてくれていると勘違いさせます。甘噛みをされた瞬間に無視をしてその場からいなくなりましょう。

まとめ

みーちゃん

猫の甘噛みはほっといて大丈夫?についてお伝え致しました。猫と人間がお互いにストレスなく暮らすためには、猫の気持ちを知ろうとする飼い主の積極性がとても大切ですよね。

これからも愛猫が喜んでくれる為に、色々と研究しようではありませんか!

スポンサーリンク