猫が確実に理解している人間の言葉5種

猫が確実に理解している人間の言葉5種

猫は人間の言葉を理解していると思いますか?猫と暮らしていると、人間の言葉を理解しているようなしぐさを見ることがあります。猫がどのような言葉をわかっているのかご紹介します。

7197view

1.自分の名前

寝そべって見上げる猫

名前を呼んで「ニャー」と返事をする猫は多くありませんが、ちゃんと自分の名前を呼ばれていることはわかっています。名前を呼ばれると、振り向く、寄ってくる、耳を動かす、しっぽを振るなど反応をする猫が多いです。

さらに、同居しているペットと自分の名前も区別できます。ただし気をつけたいのが、叱るときに猫の名前を呼ぶと「名前を呼ばれると嫌なことがある」と理解する可能性があることです。

2.食べ物の名前

ごはんが入った容器と見上げる猫

「ごはん」「おやつ」と聞いただけでうれしそうにする猫は多いのではないでしょうか。飼い主さんが猫のごはんの時間に「ごはんだよ」と声をかけたり、猫がお腹が空いたときに飼い主さんのもとへおねだりに行ったときに「ごはん?」と聞かれたりすることで覚えるようです。

偶然そう聞こえたのかもしれませんが「ごはん」と発音できるようになった猫もいるそうです。

3.おいで

振り向く猫

なでてもらったり、抱っこしてもらったり、良いことがあるとわかっているのか「おいで」という言葉を猫は理解しているようです。

「おいで」と飼い主さんが声をかけると飛んでくる猫もいますが、おやつやおもちゃなど猫が好きなものを用意していないと反応しない猫や、おいでと言う人によって反応したりしなかったりと、言葉を理解しているからこそ反応しないという猫もいます。

4.叱られる言葉

倒れた花瓶と猫

猫がいたずらなどをしたときに飼い主さんが「ダメ」「いけない」などの言葉で叱ることで覚えるようです。「ダメ」と言われていたずらをやめる猫もいますが、わかっていていたずらをやめないという猫もいます。いたずらをする理由が他にあるのかもしれませんね。

5.褒め言葉

あごを撫でられる灰色の猫

飼い主さんの言い方やシチュエーションなどで、猫も「おりこうさん」「かわいい」を言われるとうれしいと感じます。その証拠に「おりこうさん」「かわいい」と言われた猫は目を細めて飼い主さんに愛情表現していることがあるんです。

まとめ

まっしゅ

猫と暮らしていると「人間の言葉がわかるんじゃないかな?」と思うときありますよね。その中でも意味までちゃんとわかっている言葉があります。

普段良く使う言葉や、猫にとってうれしいことに繋がる言葉です。猫によって理解している言葉の数や種類は違います。愛猫がどんな言葉を理解しているのか、観察してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク