猫が飼い主の腕で寝たがる理由3つ

猫が飼い主の腕で寝たがる理由3つ

猫が飼い主さんの腕の中で寝たがる場合、一体どのような気持ちを猫は抱いているのか。猫の飼い主さんなら気になる人も多いのではないでしょうか。本記事では、腕の中で寝たがる理由についてまとめたので、猫のお世話をする際の参考にしていただけると嬉しいです。

1749view

猫が飼い主さんの腕で眠る理由を解説!

腕の中で寝落ちしている猫

猫によっては、飼い主さんの腕で眠ることを好む場合があります。一体なぜわざわざ飼い主さんの腕のところにやってきて眠りたがるのか、その理由を詳しく解説していきましょう。

1. 飼い主さんに甘えたいから

抱っこされる猫

甘えん坊な性格の猫の場合、甘えたいからという理由で飼い主さんの腕の中で眠っている可能性も考えられます。

特に、子猫の時期から同じ飼い主さんに育てられている猫の場合、飼い主さんのことを実の親のように感じており、いつまでも親離れできない、そもそも親離れする必要がないと考える傾向にあるため、成猫になっても子猫のように甘えて、腕の中で眠っているのかもしれません。

あまりにも甘え癖が激しく、腕の中で眠らせてあげないとストレスを抱えてしまう…といった場合は、少しだけ親離れをさせる練習をしたほうが良いかもしれませんが、そうでないのなら甘えさせてあげましょう。

2. 飼い主さんの腕が温かいから

腕の中で寝落ちしている猫

冬の寒い時期だけ飼い主さんの腕の中で眠る場合「飼い主さんの腕の中=温かい場所」と猫が認識している可能性が高いです。猫は季節に合わせて寝る場所を変えたり、お気に入りの場所を変えることがあります。その時の気温にあった快適な場所を探して、そこを自分の居場所にするのです。

そのため、猫があまりにも寒がっている場合は、腕の中で眠らせてあげるだけではなく、室内の暖房の温度を上げるなどの工夫も取り入れましょう。

3. 飼い主さんの腕だと眠りやすいから

腕の中で寝落ちしている猫

気候に関係なく、ただ単に飼い主さんの腕の中だと寝心地がよいと思っている猫もいます。

腕の中だと寝返りが打ちやすい、飼い主さんの腕に覆われている感覚が好きと感じている場合も、しつこく飼い主さんの腕を要求してくる傾向にあるようです。

「毎回腕の中で眠るので、作業が何もできなくて正直困ってしまう時もある」と思う場合は、腕の中以外にも快適な場所、たとえば段ボール箱、猫用ベッド、一人きりになれる空間などを用意してあげるのもおすすめです。

「腕で眠ってくれない=嫌われている」というわけではない

顎を撫でてもらう子猫

もちろん、全ての猫が飼い主さんの腕の中で眠りたがるわけではありません。クールな性格の猫だったり、飼い主さんの腕の中よりも快適な場所を知っている猫の場合は、飼い主さんに対してそっけない態度を見せることもあります。

飼い主さんのことが嫌いで避けているわけではないので「うちの猫は腕の中で眠ってくれないから私のことを嫌っているのでは…?」と心配になる必要はありません。

まとめ

らて

猫が飼い主さんの腕の中で眠りたがるのは「甘えたいから」といった単純な理由だけではない場合もあります。

あまりにもしつこく飼い主さんの腕の中に居座る場合は、猫が寒がっていたり、飼い主さんに依存しすぎていたりする可能性も考えられるので、適切な対応をとるようにしましょう。

スポンサーリンク