猫を夢中にさせる飼い主の行動3つ

猫を夢中にさせる飼い主の行動3つ

猫が飼い主さんに夢中になるにはどんなことが必要だと思いますか?おいしいおやつを用意するだけではなく、遊び方や接し方などにポイントがあります。どのような行動が、猫が飼い主さんを好きになるのかご紹介します。

1327view

1. 遊び方

人とおもちゃで遊ぶ猫

遊ぶタイミング

猫がいつでも飼い主さんと遊ぶのかと言うと、そうではありません。遊ぶのに気が乗らないときや、リラックスしていたいときなどがあるんです。寝ているときや、毛づくろいしているときなどはそっとしておいてあげると、猫は飼い主さんを好きになってくれるでしょう。

楽しませてくれる

おもちゃを使って遊ぶことにも、猫を夢中にさせるポイントがあります。おもちゃをただ動かせばいいというわけではありません。ネズミや鳥など小動物の動きを真似ておもちゃを動かしたり、ものかげに小動物が隠れているようにおもちゃを動かしたりすると、猫が夢中で遊んでくれる可能性が高くなります。

狩りをしている気分になれるように、飽きさせないように、おもちゃを「静と動」の動かし方にするのがポイントです。

2. スキンシップ

あごをなでられる猫

なでられるのが大好きな猫もいますが、なでてほしいと思っているときになでてくれる人を猫は好きになります。また、猫にはなでられてうれしい場所とそうでない場所があります。なでられてうれしいと感じるのは、おでこ、あご、背中、しっぽの付け根です。

嬉しくない場所は、お腹、しっぽ、足などです。なでられてうれしい場所でも、しつこく触られるのも嫌います。そういったことをわかっている人の方が猫に好まれます。

3. 声やしぐさなど

人の人差し指のニオイを嗅ぐ猫

静かな人が好き

猫は大きな音や声が苦手です。騒がしい人よりも、静かな人が好きなんです。なので、大きな声を出して走り回る小さな子どもが苦手という場合が多いでしょう。

猫と接するときはなるべく大きな声を出したり、大きな動作をしないように心がけると猫が安心できます。また、低い声は威嚇されているように猫が感じてしまうことがあるので、なるべく高めの声を出すようにすると警戒されにくいです。

猫のペースに合わせられる人

猫がかわいくて、かまいたくなってしまうことってありますよね。しかし、猫はグイグイ来られるのが苦手です。猫から近づくまで待ったり、猫のニオイチェックが終わるまでじっとしていたり、猫のペースに合わてくれる人を好みます。

まとめ

あらしくん

猫を飼うなら、猫に好かれるようになりたいですよね。猫が夢中になる飼い主になるには、猫の嫌がること、猫が好むことを知っていることが大切です。

例えば、猫が夢中になる遊び方や猫がなでられると喜ぶ場所などがあります。遊び方やスキンシップ、声やしぐさなど猫がどういう反応をしてくれているのかを確かめて、猫に好かれる飼い主になりたいですね。

スポンサーリンク