猫が飼い主に甘えない5つの理由!甘えてもらう方法まで

猫が飼い主に甘えない5つの理由!甘えてもらう方法まで

クールそうに見えて実は結構な甘えん坊の猫。でもそんな猫が全然甘えてきてくれなかったら、飼い主としてはちょっと寂しくなってしまいますね。どうして猫が甘えてくれないのか?そしてその対処法を、お伝えします!

1177view

1. 過去に怖いことをされた

タオルにくるまる猫

飼い主さんにそのつもりはなくても、例えば大きな音をずっと立てていた、猫がとっても驚くようなことをしたなどでトラウマになっているのかもしれません。

猫は自分の身を守るため、危険な目に遭ったことは覚えているといいます。その為「飼い主さん=危険な目に遭った」とインプットされていると、甘えるなどとんでもにゃい!となってしまうのでしょう。

こうなってしまうのはよほどのことですが、心当たりがないか胸に手を当てて考えてみましょう。そして、猫の信頼を取り戻す為に、猫の気持ちを考えて優しく接して行きましょう。

2. 遠慮してる

物陰からのぞく猫

なんか知りませんが、遠慮しているのかもしれません。それは、まだ慣れない飼い主さんに対してもですが、同居猫に遠慮している場合もあります。

猫に遠慮のイメージはあまりありませんが、実は結構周りに気を使っている生き物なのです。遠慮の対象となっている猫がいないと、飼い主さんに甘えてくることも。

まだ猫が慣れていない時は、できる限りコミュニケーションをとって、慣れて貰いましょう。また、同居猫に遠慮している場合は、遠慮している猫がストレスを溜めないよう、飼い主さんからも積極的に構うようにしてあげると良いでしょう。

3. 独立してるタイプ

ベランダに座る猫

元々の性格が独立しているタイプの場合、あまりベタベタと甘えてこないことも。飼い主さんの近くには寄るものの、そこまで甘えてこない…という場合は独立タイプの猫なのでしょう。

これはもうその猫の性格なので、そういうものなのだと思っておきましょう。無理に甘えさせようとしても、きっと無駄な努力に終わるでしょう。

4. 甘えるって何?

疑問を持つ猫

長年野良猫だった猫の場合、人への甘え方が分からないケースもあります。甘えるということがどういうことなのか分かっていないのです。

それはそうですね。ずっと1匹で暮らしてきたのですからいきなり「飼い主さんに甘えなさい」と言われても分からないのは、無理もありません。

少しずつ人に甘えることを覚えて貰うよう、優しくコミュニケーションを取って行きましょう。甘えることを覚えたら、今度は離れなくなってしまうかもしれませんね。

5. 甘えたいけど…

人の腕をつかむ猫

本当は甘えたいけど、飼い主さんの猫への接し方がどうにも苦手で、甘えられないことも。猫は基本的に、あまりにベタベタと触られたり、ずっと抱っこされたりするのが好きではありません。

猫への接し方を変えれば、甘えてくれるようになる可能性はあります。猫が耳を伏せる、しっぽをバタバタ振るなど嫌がるそぶりを見せたらすぐに解放する、猫の気分が乗らない時は無理に触らないなどを徹底すると猫は安心して、甘えてくれるようになるでしょう。

まとめ

悩む猫

せっかく猫と暮らしているのだから、やはりイチャイチャして幸せな時間を過ごしたいですよね?

あまりに甘えた猫も困りものですが、適度に甘えてくれる猫はとっても可愛いです。ぜひ、猫が安心して甘えられる環境を、整えてあげましょう!

スポンサーリンク