猫が飼い主にベタ惚れしている時の仕草5つ

猫が飼い主にベタ惚れしている時の仕草5つ

猫が飼い主のこと好き!という度合いには、レベルがあるよう。少し好き、普通に好き、大好きなど、それまでの猫との関わり方や飼い主の家族の中の立場などにより、ベタ惚れになるかどうか、決まるそうです。飼い主にベタ惚れな猫、可愛いですね!

6292view

1. お腹を見せる

お腹を見せる猫

猫が飼い主の目の前にトコトコとやって来て突然コテン。お腹を見せるようにして寝転がるのは、「飼い主に甘えたい」「飼い主と遊びたい」の意思表示です。ここで一つ気をつけたいのがお腹を見せてはいるけれど、お腹に触って欲しいわけではないと言う事。

撫でる場合はお腹ではなく、頭や頬など、猫が喜ぶ場所をナデナデしてあげましょう。猫にとってお腹は急所ですが、そこを惜しげもなく飼い主に晒しているのですから、よほど信頼していないとできるものではありません。猫がわざとお腹を見せてきたら、飼い主へのベタ惚れ認定しても良いでしょう。

2. 後を追う

こちらを見る猫

飼い主にベタ惚れして一時も離れたくない猫が行う行動が「後追い」。飼い主の行くところに一緒に付いて行って満足そうな顔をします。

多頭飼いなら、気がついたら猫に周りを固められてたなんて事も。可愛い猫の仕草に思わず、顔が綻びます。きっと飼い主の側にいると安心なんですね!

3. 体の上に乗る

人の上に乗る猫

体の上に乗るのはやはりベタ惚れと考えられます。ただカイロ代わりにされている可能性は否めませんが、何をされるか分からないので信頼していない人の上には乗りません。

つまり、猫が飼い主の上に乗るということは「この人は安全だにゃ」と最低限思っている証拠なので、ベタ惚れまで行かなくても惚れているのは確かでしょう。

一般に良く言われるのが、飼い主の顔の近くで寝るのはベタ惚れだということです。最も甘えている寝場所だと言われ、猫が飼い主にズブズブに甘えているのが分かります。もし猫が飼い主の顔の近くで寝るようなら、ベタ惚れされていると思って良いでしょう。

4. いつも側にいる

人の手に掴まる猫

気がつくといつも、猫が側にいませんか?時には突然現れたかに見える猫にびっくりするかもしれません。ホント猫って音もなく近寄ってくるので、気がついたら近くにいて踏み潰しそうになることもありますよね?

少し話が横道に外れましたが、猫がいつも飼い主の側にいるのは、ベタ惚れしているからに他ありません。母猫代わりとして慕われているのかも。

5. じ〜っと見つめる

見つめる猫

どこかから視線が…と思ったら、猫にじ〜っと見つめられていたということはありませんか?猫の大きな目で見つめられると、いろんな意味でドギマギしてしまいますが、これも飼い主にベタ惚れだから、と言えそうです。興味があるからこそ、じ〜っと見つめるのでしょう。

ただ猫の視力はそれほど良くはなく、何メートルも離れていると猫に飼い主の姿が見えているかどうかは疑問です。ぼんやりと見える飼い主を、ただボ〜ッと見ているだけの可能性も考えられますね。いずれにせよ、猫に見つめられたら見つめ返すだけでなく、ゆっくりと瞬きをして愛を伝えましょう!きっと猫は喜んでくれるはずです。

まとめ

ぽぽ

猫にベタ惚れされたら、とても幸せな毎日を送れそうですが、ベタ惚れされすぎるのは、ちょっと困ったことになるかも…

なんでもほどほどが一番!猫がベタ惚れしてくれたからといって、お互い依存するのはヤメましょう。節度を持って、猫とは付き合って行きましょう。

スポンサーリンク