簡単!フリース1枚で猫ベッドを手作りしてみよう!

簡単!フリース1枚で猫ベッドを手作りしてみよう!

今はまだ日中は暑くて、夏用の猫ベッドを使用していますが、これからだんだんと寒くなってくるとフリースの猫ベッドを使うようになります。我が家では冬用の猫ベッドは2つずつ持っていますが、できれば頻繁に清潔な物に変えていきたいので、簡単にフリースでできるベッドを作ってみました。その作り方です。

482view

フリースを使った猫ベッド

暖かいフリースの猫ベッドは数個持っていますが、毎日使うものなのでいつの間にか汚れていたりします。気になったら洗ったりしますが、生地が厚めなのでなかなか寒い季節は一日ではしっかり乾かなかったりします。

できればいつも清潔にしていたいので、気になるときにさっと洗濯できて、更に乾きが早いフリースで簡単に猫ベッドができないかと思い、作ってみました。

フリース猫ベッドを作るための材料

1.フリースの毛布1枚 100cm×70cm
2.タオル1枚

猫ベッドの作り方

1.まず、フリースを広げて、手前にタオルを広げて重ねる。

フリースとタオルを重ねている。

2.重ねたものを手前からクルクルと巻いていく。
  フリースだけでは輪の所が柔らかいので、芯の役目でタオルを一緒に巻きます。

クルクルと巻いている

3.端を10cm~15cm位残して、クルクル巻いた端同士を中に詰めて丸くする。
  巻かずに余った所は、輪の中に入れておく。

輪になった状態

4.出来上がりです。

完成品

子猫に見せてみました。

まずいつものように匂いを嗅ぎに来ましたが、子猫の身体にはちょうど収まるサイズなので、気持ちよさそうに中に入りました。まだまだ暑いので長くは入っていませんでしたが、これならいつでもすんなり使ってくれそうです。

また、完成品をそのまま置いていたら、成猫も寄ってきて、知らない間に中に入って寝てしまいました。フリースの肌触りがいいのでしょう。

同じように使ってくれるのは嬉しいのですが、サイズ的には成猫には小さすぎるので、身体が出てしまいました。

子猫がベッドに乗ろうとしている。
ベッドの中に入っている。
成猫がベッドの中に入っている。

まとめ

このフリース1枚のベッドは、針と糸も何も使っていませんので、とても簡単にできます。何と言っても便利なのは、巻いている所を解けばまた1枚になるので洗濯がしやすく乾きも早いです。

これからの季節は汚れが気になったらすぐに洗うことができるので清潔に保てます。但し、単に丸めているだけなので持ち上げたらすぐに解けてしまします。でも、また丸めれば元に戻るので、便利です。

更に成猫用に作るには、フリースのサイズをもう一回り大きくした方がベストです。それから、中心の身体が入るところは生地が薄いので、寒さが増してきたら更に1枚小さなフリースを中に敷いた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク