飼い主をお世話してくれている猫の行動4つ

飼い主をお世話してくれている猫の行動4つ

猫によっては「飼い主さんのことは自分がお世話してあげているニャ」と思っている可能性があるって知っていますか?今回は猫が飼い主さんのことをお世話している時に見せる行動について詳しく解説していきます。

1584view

飼い主の世話をしてるつもりになっている猫の行動

子供と子猫

普段飼い主さんは「自分が愛猫のお世話をしている」と思っていますよね。でも、実は猫のほうも「自分が飼い主をお世話している」と思っている可能性があります。人間からして見たら「猫は一匹では何もできないから色々とお世話してあげなきゃ」と思ってしまうものですが、猫からしてみたら「人間は世話の焼けるやつだな~」と感じているのかもしれないのです。

猫がそのように感じた時、一体猫はどのような行動をとるのか、いくつか例を挙げて紹介していきます。

1. ねずみや虫などの獲物を持ってきてくれる

ネズミを狙う猫

愛猫が飼い主さんのもとにねずみや虫などを持ってきて、びっくりした経験はありませんか?実はこの行動は、飼い主さんのことを思ってやってくれているのかもしれません。

母猫は狩りのできない子猫のために、ねずみや虫などの獲物を持ってきてあげる習性があります。つまり、それを飼い主さんに対して行うということは「まだ狩りのできない子猫と同じ」だと思っている可能性があるのです。

ただし「飼い主さんに褒めてほしいから」という理由で、獲物を持ってくるケースもあるので「獲物を持ってくる=飼い主さんの世話をしている」とは一概にはいえません。

2. 手や顔を舐めてくる

人の手を舐める猫

母猫は、まだ毛づくろいのできない子猫のために、からだを舐めてあげることがあります。また、愛情や信頼を感じている相手に対して舐め合うこともあるのです。

そのため、愛猫が飼い主さんの手や顔を舐めてきた場合は、子猫に対する気持ちと同じような感情になっているのかもしれません。

3. 飼い主の調子が悪い時にそっと寄り添う

人に寄り添う猫

飼い主さんが落ち込んでいたり、体調が優れない時、いつもはクールな愛猫が自ら寄り添ってきたなんてことはありませんか?

そんな時は愛猫が飼い主さんの異変を感じて、心配しているのかもしれません。愛猫が寄り添うことによって、飼い主さんの心が癒されるということを薄々分かっているのかも!?とても嬉しくなる一瞬といえるでしょう。

4. 飼い主さんが落ち込んでいる時にわざといたずらをする

植木鉢を落とした猫

責任感の強い猫の場合、落ち込んでいる飼い主さんを見て「自分がなんとかしないと!」と思うことがあります。そのような猫は、わざといたずらをして飼い主さんの気を引き、飼い主さんの意識が他のことに向くように仕向けることがあるのです。

家族が亡くなって落ち込んでいたら、愛猫がその日からいたずらばかりするようになり、飼い主さんの気を引こうと必死になったなんていう話もたまに聞くので、きっと猫なりの励ましかたなのでしょう。

まとめ

るいクン

猫は人間が思っている以上に賢くて、飼い主さんのことをよく見ています。「獲物をもってくる」「わざといたずらをする」といった一見不可解な行動も、実は猫なりの「お世話」なのかもしれませんよ。

スポンサーリンク