なぜ三毛猫のオスは希少なの?生まれる確率は?

なぜ三毛猫のオスは希少なの?生まれる確率は?

非常に価値が高いといわれているオスの三毛猫。一体なぜオスの三毛猫は希少だといわれているのか、その理由を詳しく解説していきます。「幸運をよぶ猫」とよばれているオスの三毛猫の魅力について勉強していきましょう♪

928view

三毛猫のほとんどはメス猫

寝転ぶ三毛猫

三毛猫といえば、日本猫っぽさを強く感じることができる可愛い猫ですよね。「三毛猫ホームズ」やサンリオの「かぶきにゃんたろう」など、三毛猫をテーマにした物語やキャラクターなども数多く出ています。

そんな三毛猫ですが、実はそのほとんどがメス猫だということをご存じでしょうか。三毛猫のオスが生まれることもありますが、その確率は非常に低く、3万匹に1匹の割合だといわれています。そのため「オスの三毛猫は非常に珍しい猫」として扱われているのです。

「オスの三毛猫」は遺伝子学的にありえない組み合わせ

うちわと三毛猫

オスの三毛猫が滅多に生まれない理由は、遺伝子が関係しています。ということで、ここからは遺伝子に関するお話をしましょう。

染色体の組合せで性別と毛色も決まる

性染色体にはX染色体とY染色体という2種類があります。「XX」の染色体を持つ猫はメスになり、「XY」の染色体を持つ猫はオスになるという決まりがあるのです。そして、この染色体の組み合わせによって、性別だけでなく毛色も決定するようになっています。

「X」の染色体には「茶色」「黒」の要素が含まれていますが、「Y」の染色体には特定の色が含まれていません。(ちなみに白の要素は常染色体に含まれているため、オスメス関係なく白い毛が混じる可能性があります。)

三毛猫のオスの誕生のなぞ

つまり、「XX」の猫(メス)は茶色、黒、白の3色が含まれる可能性が大いにありますが、「XY」の猫(オス)の場合、三色揃うということは遺伝子学上だとありえない話なのです。しかし、ごくまれにこの遺伝子の法則を無視した「オスの三毛猫」が誕生するのです。一体どのような仕組みでオスの三毛猫が生まれるのかについては、詳しいことが分かっておりませんが、今後の研究によって明かされる可能性はあるかもしれません。

オスの三毛猫の値段は「2000万円」って本当?

オスの三毛猫は非常にレアであることから「高額で販売されている」「過去に2000万円するオスの三毛猫がいた」という噂が流れていますが、実際そこまで高額になることはないそうです。

そもそも日本猫は「雑種」として扱われるため、雑種である日本猫のオスが2000万円以上するというのは考えにくい話だといわれています。ただし、オスの三毛猫が希少であることは事実なので、普通の日本猫よりも高額で取引している場合もあるようです。

まとめ

ミー

遺伝子的にはありえないけど、まれに誕生するオスの三毛猫。理論だけでは説明がつかないというのが、とてもミステリアスですよね。そんな神秘的な要素を持つことから「幸運をよぶ猫」なんて呼ばれることもあります。もしオスの三毛猫を見かけたり、飼ったりする機会があった場合は、あなたのもとにも幸運が訪れるかもしれませんよ♪

スポンサーリンク