猫が一番好きな人にだけ見せる仕草6つ

猫が一番好きな人にだけ見せる仕草6つ

猫って気まぐれで気分屋なのでなかなか「自分は好かれているのか」ということを理解することは難しいですよね。しかし、猫は信頼関係があると一番好きな人にだけ見せる仕草があるようです。そんな仕草についてご紹介させていただきます。

11574view

猫が一番好きな人だけに見せる仕草

猫と飼い主

猫は長く一緒に過ごす人とお世話をしてくれる人を人物に一番信頼関係を持ってくれます。

では、そんな猫が一番好きな人にはどのような愛情表現をしてくれるのでしょうか。好きな人にしか見せない仕草についてご紹介させていただきます。

1.お腹を見せる

お腹を見せて眠る猫

特に警戒心が強かったり、臆病な猫はお腹を見せてくれることはなかなかありません。なぜ猫があまりお腹を見せてくれないかというと「猫のお腹」は他の敵に狙われてしまうと命取りになるからです。

猫は大昔野生に生息していたので自分で自分の身を見守らなくてはいけませんでした。その本能によって現在でもお腹を見せると命を狙われるかもしれないという恐怖心があるのです。そんなお腹を無防備にして「ごろにゃんこ」をしてくれるのは、一番好きな人だからこそですね。

2.ゴロゴロと喉を鳴らす

喉を鳴らしてくれる猫

触っているときに猫が喉を「ゴロゴロ」と鳴らしてくれることがありますよね。これは、誰にでも見せてくれるわけではありません。

猫が大変満足しておりストレスフリーな状態でリラックスをしているときに見せてくれる仕草のうちの1つですから、触ったらこのようにゴロゴロと言ってくれるというのは大好きな証なのです。

3.フミフミとする

伏せする猫

飼い主さんの足の上や飼い主さんの衣類などに口を当てて、前足をフミフミしていることありませんか?

猫がフミフミをするときには眠たかったり甘えたい気持ちがあるとき。これは誰にでも見せてくれるわけではありません。この行為は子猫だったときに「母猫の母乳を出やすくするための行為」ですから母猫と思いを重ねられるような信頼関係のある相手にしか見せてくれることはないのです。

4.お腹などに乗ってくる

乗る猫

猫は信頼をしている相手だとお構いなしにその人の足やお腹、ときには顔などに乗ってくることもあるようです。

好かれていないようであれば呼びかけても無視、触ってもスルー、酷いときには怒って「シャー」と鳴いてしまうこともあるようですが、信頼のおける大好きな相手であればそのような態度を示すことは一切なく、いつでもどこでもお構いなしに乗ってくることがあるでしょう。

5.後をついてくる

スリスリする猫

猫は目で追いかけたりしてくれることもありますが、大好きな相手がおり「甘えたい」「かまってほしい」という気持ちになると足元にまとわりつくように後ろをついてくることがあります。

猫が足元でスリスリとしてくるのは自分の匂いをなすりつけて「ご主人様は私のもの!」と主張してくれているんですよ。

6.お尻を向けて寝る

お尻を向ける猫

猫がお尻を向けて座ると「拗ねてるのかな?」「嫌われているのかな?」と不安になってしまいそうですが、意味としては全く反対です。

猫がお尻を向けるということは襲われないので安心をしてくれている、または襲われそうになっても守ってくれる相手だと信頼をしているのです。ですから、お尻を向けて座ったり眠るということは一番好きな人ということなんですね。

まとめ

抱っこされる猫

猫は一緒にいつもいてくれてお世話をしてくれる相手のことが一番大好きだと思うようです。

そんな相手には無防備にゴロにゃんこをしてお腹を見せたり襲われてしまうようなお尻を気軽に見せる、後をついてくるなど他の人には見せてくれないような姿を見せてくれますよ。

自宅の猫ちゃんが飼い主さんにこのような行為をしてくれるということは「一番大好き」だという証なのでしょう。

スポンサーリンク