猫が飼い主に添い寝する理由4選!愛猫はあなたを守ってくれてるのかも!?

猫が飼い主に添い寝する理由4選!愛猫はあなたを守ってくれてるのかも!?

猫は成猫になって自立心が芽生えると、基本的にひとりで眠ります。しかし、飼い主さんに添い寝したがる猫ちゃんも少なくありません。猫が添い寝するのは「自分が守られたいから」というだけでなく「飼い主さんを守りたいから」という理由もあるようです。今回は【猫が飼い主と一緒に寝る心理】を4つ解説いたします。

3252view

1. 安心できるから

眠る女性のそばでウインクする猫

飼い主さんのそばなら安心♪

睡眠時は最も無防備になるため、飼い主さんのそばで眠ることで安心してゆっくり眠れるということが第一の理由です。猫は危険に敏感な動物なので、猫にとって「安心できること」が最も優先されます。

飼い主さんを信頼しているからこその添い寝

その前提には「飼い主さんへの信頼」があります。外敵に襲われるかもしれないという野生の本能があっても、基本的に単独行動の猫は、誰彼かまわず添い寝するわけではありません。無防備な状態の自分をゆだねることができるほどに、飼い主さんを信頼しているからこその添い寝なのです。

2. 寒いから

飼い主が寝ている布団の足元から顔を出す猫

寝苦しい夏よりも寒い冬の方が、猫ちゃんが添い寝してくれる日が多いのではないでしょうか?猫は暑さが苦手ですが、やはり寒さも苦手です。

多頭飼いをしていると、冬将軍が来た日にはまさに猫団子というように、みんなで身を寄せ合っていることもあります。寒さを感じる日に飼い主さんと一緒に寝たがるのも、飼い主さんとくっついて眠ることで暖を取ろうとしていることが考えられます。

人間よりも猫の方が体温が高いので、飼い主さんにとっても湯たんぽのようにホッとする温もりですよね。

3. 子猫の気分だから

女性の顔に寄り添って眠る猫

子猫は母猫の顔のそばで寝たがる

猫ちゃんの性格にもよりますが、子猫の頃は飼い主さんの顔の近くで寝たがる子が多くいます。甘えん坊の子ほど飼い主さんの顔にピッタリとくっついて眠りたがります。

これには「母猫の顔付近にいる方が気にかけてもらいやすいから」という本能的な理由があります。私の愛猫が子猫のときには、仰向きで横になる私の首の上に乗って眠りたがったので、危うく首が締まりかけてヒヤッと起きたこともありました。

成猫になっても子猫気分が抜けない

やがて自立心が芽生えてくると、猫はひとりでも眠ろうとし始めます。しかし、甘えん坊気質の子は成猫になってからも、飼い主さんと一緒に眠ろうとすることもあります。毎晩ではなくても、日によって「今日は子猫気分」な日にだけ添い寝してくることもあります。

4. 飼い主さんを守るため

横になった女性の隣に座るシャム猫

猫がスリスリする理由

猫が家具や柱などの角に身体をこすり付けるのはマーキングです。猫は物だけではなく、親しい猫や人にもスリスリして自分の匂いを付けようとします。自分の匂いが相手からもすることで安心できるのです。

飼い主は猫の所有物?!

猫は物に匂いをつけて「ここは私の場所!」という主張をしています。物だけでなく親しい猫や人にもスリスリとマーキングをするのは「あなたは私のもの!」と所有欲を主張しているとも考えられます。猫にとって飼い主さんは独占したい対象なのです。

そのため、無防備になる就寝時も添い寝することで飼い主さんを守っているという感覚があるようです。私の胸の上で漬物石のごとく丸くなり、眠ろうとする私をじっと見降ろす愛猫も、もしかすると私の入眠を見守ってくれているのかもしれません…!

まとめ

豆太郎

基本的に自立した猫はひとりで眠りたがる動物ですので、猫ちゃんが一緒に寝てくれなくてもあまり落ち込む必要はありません。子猫の頃には飼い主さんと添い寝していても、自立心が芽生えると徐々にひとりでも眠るようになります。

しかし、猫ちゃんの中には成猫になってからも飼い主さんと添い寝したがる子もいます。毎晩必ず添い寝するという子もいれば、時々添い寝してくれるという子もいます。その理由として考えられるのは、

  • 安心できるから
  • 寒いから
  • 子猫の気分だから
  • 飼い主さんを守ろうとしているから

の4つです。猫には「飼い主さんは自分の所有物」という意識があるようで、自分が守られたいからというだけでなく飼い主さんを守ろうとして一緒に寝ていることも考えられます。なんとも頼もしいですね!

スポンサーリンク