猫が飼い主の『股の間』を好む理由3つ

猫が飼い主の『股の間』を好む理由3つ

猫はなぜ人の股の間を好むのでしょうか?足が痺れて大変な思いをしている飼い主さんからすると、その謎を解き明かしたいところですよね。今回は猫が足の間に入る理由と、複雑な心情についてご紹介いたします。

3073view

足の間にすっぽり入ることを好む理由

膝の上で抱かれる猫

抱っこは嫌いだけれど、足の間にすっぽりはまることは好き、という猫は意外と多いのではないでしょうか?長時間居座られると足が痺れてきますが、それもまた幸せと思えてしまうのが猫の魅力ですよね。

猫はなぜ、わざわざ足の間に入りたがるのでしょうか?その理由を3つご紹介いたします。

1. フィット感がいい

袋に入る猫

猫は狭い場所を好む習性があります。これは元々、穴蔵を住処にしていた野生の名残りです。人の足の間は体にフィットするので心地よいのでしょう。

さらに子猫時代に母猫の体に密着して眠っていた頃を思い出し、安心してくつろぐことができます。

2. 程よくあたたかい

毛布にくるまる猫

猫が足の間に入ってくるとあたたかさを感じるように、猫も人と触れ合うことであたたかさを感じています。

猫は寒さを感じると、きょうだいや本当に親しい猫と身を寄せあって暖を取ります。これと同様に、暖を取るために足の間に入り込むことがあります。

肌寒さを感じる季節になると猫が身体を密着させてくるのは、温もりを求めているというのも理由の一つなのです。

3. 飼い主さんのにおいを感じることができる

撫でられる猫

少し生々しい話になりますが、足の間からはその人特有のにおい(フェロモン)がアポクリン腺から放出されています。

アポクリン腺とは汗腺の一種です。脇の下が有名な場所ですが、足の間にもアポクリン腺は存在しています。

「アポクリン腺」や「におい」というとネガティブなイメージが強いかもしれませんが、これが猫には好評なのです。足の間に入ることで、安心感を得られるうえに大好きな飼い主さんを感じることができるのです。

ちなみに人の脇のにおいは、猫のおっぱいのにおいに似ているといわれています。おそらく足の間もそうでしょう。飼い主さんを感じると同時に、母猫に包まれているような感覚にもなれるのです。

足の間は猫にとって都合の良い場所!?

足元で眠る猫

人の顔に近い場所でくつろいだり、眠る猫は人への信頼度が高いといわれています。足の間というポジションはどうなのでしょうか?

どうやら猫にとっては、次のような理由からちょうど良いポジションなようです。

  • 警戒心が残っており、顔周辺では甘えられない
  • 自由度が高く、いつでも移動できる
  • 過剰に撫でられることがない

本当はもっと甘えたいけれど難しい、飼い主さんに密着したいけれど束縛はされたくないなど、猫には葛藤があるようです。足の間は程よく欲求を満たしてくれるスポットなのです。

まとめ

イブ

足の間を好む理由は、どれも猫らしさを感じるような可愛らしいものでした。猫が抱える葛藤も愛おしさを感じますよね。

夏場は暑いので頻繁には入り込まないかもしれませんが、愛猫が好んで足の間に入るようであれば付き合ってあげてください。くれぐれも立ち上がる際は要注意です。

スポンサーリンク