猫が一緒に寝る人を選ぶ5つの条件

猫が一緒に寝る人を選ぶ5つの条件

猫が一緒に寝てくれたら、飼い主さんとしてはとてもうれしいですよね。しかし、猫が一緒に寝てくれるには、ある条件をクリアしないと叶わないこともあるんです。どのような条件があるのかご紹介します。

6646view

1. 信頼関係がある

青い目の猫を抱きしめてキスをする女性

猫が一緒に寝てくれるには、信頼できるかどうかが重要になってきます。寝ているときは無防備になっているので「寝ている自分に危害を加えない人」が選ばれます。母猫のように思っている、普段猫のお世話をしている、猫の気持ちを察してしつこくベタベタ触らないなどが条件になるでしょう。

しかし、猫が一緒に寝てくれないから信頼されていないということではありません。自立している猫、大人な性格の猫は人と一緒に寝ないことがあります。多頭飼育の場合、仲良しな猫同士で寝ることもあります。

2. 静かに寝る

ベッドで一緒に寝る猫と女性

寝返りが多い人や寝相が悪い人とは、猫も落ち着いて寝ることができません。最初は一緒に寝ても、しばらくすると猫が去ってしまい、そのうち一緒に寝てくれなくなるでしょう。

ゆっくりと寝るために、猫は寝相が良い人を選んでいるようです。大きな音も猫は苦手とします。大きないびきをかかず、静かに寝ている人は選ばれるかもしれません。

3. 強いニオイがしない

ベッドで眠る人の足元で寝る白猫

猫は強いニオイが苦手です。タバコや香水、芳香剤などのニオイがある人や部屋はちょっと苦手だなと感じているかもしれません。そういったニオイがしない人や部屋を選ぶでしょう。

4. 布団や毛布が猫の好み

毛布に包まって寝る子猫

猫によって好きな寝床の素材に違いがあります。ふわふわした物が好きな猫やそうではない猫、もぐって寝るのが好きな猫とそうではない猫などがいます。飼い主さんが使っている布団や毛布が猫の好みだと、一緒に寝てくれるでしょう。

また、気温の影響もあります。冬はあたたかい布団で温まったり、人にくっついて寝た方が温かかったりするために一緒に寝ます。夏はタオルケットやさらっとしたシーツが寝心地が良いと感じて、一緒に寝てくれることがあります。

しかし、人と一緒に寝るのは寒い冬の時期だけの猫もいます。我が家の猫は布団の上で寝ていますが、一緒に寝てくれるのは冬やちょっと肌寒いときだけです。

5. 猫が「守らなきゃ」と思う人

寝ている赤ちゃんの隣で横になる猫

ツンデレで自由気ままな猫ですが、実はとても愛情深いんです。守らなきゃと思う相手がいれば、寄り添っていることがあります。例えば、飼い主さんや子どもです。一緒に寝て守ってくれていると思うと、猫がとても頼もしく、愛おしくなってきますよね。

まとめ

ココロ オト

猫を飼ったら一緒に寝たいと憧れますよね。しかし、猫が一緒に寝るのは誰でも良いわけではありません。猫が一緒に寝るには、信頼できる人、寝相のいい人、猫の好みの布団など条件があります。

また、猫が守りたいと思う人に寄り添って寝てくれることもあります。愛猫がどんな条件で選んでいるのか観察してみるとおもしろいかもしれませんね。

スポンサーリンク