猫が飼い主に猫パンチする理由4つ

猫が飼い主に猫パンチする理由4つ

猫が飼い主さんに対して猫パンチをするのはなぜなのでしょうか。意外と知られていない「飼い主さんに猫パンチをする理由」を本記事で詳しく解説していきます。猫パンチが多くて悩んでいる飼い主さんはぜひ参考にして頂けると嬉しいです。

2015view

猫はどんな時に猫パンチをする?

猫パンチをする猫

普段は穏やかな猫なのに、ふとした時に突然猫パンチをしてくる…。そんな猫を飼っている飼い主さんは意外と多いのではないでしょうか。猫はさまざまな理由から、飼い主さんに猫パンチをすることがあるのです。

一体どのような理由で猫は猫パンチをすることが多いのか。よくある例を挙げながら解説していきましょう。

1. 嫌なことをされたから

ファイティングポーズの猫

猫が嫌がる部位(お腹や後ろ足など)を触られた時や、飼い主さんが不審な動きをしたり大声を出しているせいでびっくりした時などに、猫はとっさの行動で猫パンチをすることがあります。

「やめて!」「怖い!」「反撃しなきゃ!」といった危機感を感じた時、身を守るために猫パンチが出る猫は多いようです。

2. 手足がおもちゃに見えるから

猫にパンチをする手と猫

飼い主さんさんが手足をブラブラと動かしている時に猫パンチが飛んできた場合は、猫が飼い主さんの手足をおもちゃに見立てているのかもしれません。細かい指の動きや足の動きなどが虫や鳥などの動きに似ていると「獲物だから捕獲しなきゃ!」と思うのでしょうね。

ただ、飼い主さんの手足に猫をじゃれさせるのはあまりおすすめできません。特に子猫のうちは好奇心旺盛なので手足にじゃれつく子は多いと思いますし、子猫の猫パンチは弱いので攻撃されてもさほど痛みを感じないです。

ですが、手足にじゃれつく癖がついたまま成猫になってしまうと、成猫の強い猫パンチで手足を攻撃されるため、力加減によっては飼い主さんの手足に傷が残ってしまうこともあるのです。

3. 飼い主さんを起こしたいから

飼い主に猫パンチをする猫

猫パンチによって、飼い主さんのことを叩き起こそうとする猫もいます。力強い猫パンチを受けて、思わず目を覚ましてしまったという飼い主さんはきっと多いと思います。

特に成猫の場合は、猫パンチの威力は強いので「猫パンチをしたら、飼い主さんは起きてくれる」と学習している可能性もあるかもしれません。

愛猫が朝しつこく猫パンチをしてくるせいで悩んでいる場合は、猫パンチされても反応しない、起きようとしないといった態度を貫くのもひとつの対策といえるでしょう。

4. 飼い主さんの気を引きたいから

猫パンチをする猫

猫パンチをして飼い主さんの気を引こうとする猫もなかにはいます。飼い主さんが構ってくれないから、猫パンチをしてアピールしているのでしょうね。

日頃からこまめに猫と遊んであげたり、先回りして猫の要望を叶えてあげることによって、猫パンチをしなくなる可能性はあるので、猫の様子を頻繫にチェックしてみるのもおすすめです。

まとめ

まりん

猫が猫パンチをするのには必ず理由があります。猫パンチをされた場合は頭ごなしに叱るのではなく、なぜ猫パンチをしているのか猫の気持ちになって考えてみましょう。そうすることによって、解決の糸口が見えてきますよ!

スポンサーリンク