猫が飼い主に『体当たり』をしてくる時の心理3つ

猫が飼い主に『体当たり』をしてくる時の心理3つ

猫は、飼い主さんに対して体当たりをすることがあります。ゴツンゴツンと何度もぶつかってくるのはなぜなのでしょうか?今回は猫が体当たりをする理由についてご紹介いたします。

3441view

愛猫が体当たり!一体なぜ?

擦り寄る猫

皆様は、愛猫に体当たりをされたことがありますか?体でぶつかってくることもあれば、頭突きをしてくることもあるかもしれません。

体当たりをされても、特別嫌な印象も受けなければ、猫も憎しみを込めている雰囲気はありません。ここでは、この不思議な行動に込められた猫の気持ちについていくつかご紹介いたします。

1.好きだから

人に額をつける猫

体当たりや頭突きは猫の愛情表現です。よくスリスリしてくる猫がいますが、その延長が体当たりなのです。飼い主さんのことが好きで好きでたまらないのです。

最初はソフトにスリスリしていたものが徐々に激しくなり、ゴツンゴツンとぶつかってくることがあります。

愛猫が体当たりをしてきたら、頭や背中など好む場所を撫でてあげると喜びます。こちらも愛情を伝え返してあげましょう。

2.尊敬している

人に額をつける猫

猫の世界に明確な上下関係はありません。人間である飼い主さんとの関係も同様です。ただし、猫にも尊敬の念はあります。

猫は尊敬している相手には自分から擦り寄っていきます。そして、やや強めのスリスリが体当たりになります。

いつも身の回りのお世話をしてくれて、安心して甘えさせてくれる飼い主さんに対して、感謝と尊敬の気持ちを体当たりで表現しているのです。

3.におい付けをする

すり寄る猫

猫の顔周辺には「臭腺」があります。頬や額を擦り付けることで、人間には感知できないにおいをつけているのです。

体当たりや頭突きも一種のマーキングとして行うことがあります。これを聞くと、単なるにおい付けとガッカリしてしまう飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。でも決して残念な話ではありません。

猫が自身のにおいをつけるのは、「誰にも取られたくない」と言う思いが強い相手なのです。つまり大好きな飼い主さんを独り占めしたいのです。だからマーキングといっても、愛情表現に近い意味合いがあります。

まとめ

飼い主にすり寄る猫

猫の体当たりに悪意はないとお分かりいただけたと思います。むしろ喜ばしいことでしょう。体当たりをする猫は、愛情表現がストレートなのです。

こちらも優しく撫でたり、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてあげましょう。他の猫との接触(浮気)は程々に。愛猫が強い嫉妬を抱いてしまわないように気をつけましょう。

スポンサーリンク