猫が鼻を『ヒクヒク』させる意味2つ

猫が鼻を『ヒクヒク』させる意味2つ

猫ちゃんが一生懸命に鼻ヒクヒクさせている姿は可愛らしいと思いませんか。猫ちゃんにとってどのような意味をもつ行動なのかを調べてみました。

797view

なぜ鼻をヒクヒク?

匂いを嗅いでいる猫

猫ちゃんと暮らしていると様々な愛らしい仕草が見られると思います。その中でも比較的多くみられているのが鼻をヒクヒクさせる姿ではないでしょうか。何かのにおいをかぐときやもちろん飼い主さんの手をかぐときもヒクヒクさせると思います。

一生懸命に鼻を動かしている姿は愛らしいのですが一体どのような意味をもつ仕草なのでしょうか。今回はこのテーマについて調べてみました。

猫の鼻の感知能力

鼻の匂いを嗅いでいる猫

猫ちゃんの可愛らしいお鼻は、人間の約数万~10万倍の感知能力をもつといわれています。しかしこれは人間の数万倍においが強烈に感じるという意味ではありません。人間が無臭と感じてしまう中でも、数万~10万分の1のにおい物質の濃度をかぎわけることができるという意味です。

生きる上で欠かすことのできない重要な器官であるお鼻は、やはり人間よりもかなり優れた能力を持ち合わせているのです。

1. 嗅覚をフル回転させている

指の匂いを嗅いでいる猫

猫ちゃんにとって嗅覚は優れたセンサーの一つです。視力があまりない猫ちゃんにとって、対象物が一体どのようなものなのかを判断するために重要な器官です。他の猫ちゃんのお尻のにおいをかいで相手が誰なのかを判断したり、食べ物が腐っていないかどうかを判断することもできます。

また辺りのにおいをかぐことで、誰の縄張りなのかを調べることにも欠かせません。嗅覚を働かせるためにも当然鼻をヒクヒクさせます。

2. 呼吸困難の可能性

苦しそうな猫

上記の内容とは打って変わって鼻をヒクヒクさせる仕草がずっと続くようであれば、呼吸困難の可能性を疑ってもいいかもしれません。鼻をヒクヒクさせる行為は目的としては二つあり、一つはにおいを嗅ぎ分けようとしているときか、もしくは大きく呼吸をするときの二つしかありません。

においをかいでいるなら問題ありませんが、呼吸をしようとして鼻をヒクヒクさせているのであれば病気の可能性があります。猫ちゃんは人間とは異なり、緊急事態でもないかぎり口呼吸はあまり行わない生き物です。猫ちゃんの鼻自体が小さいので、なかなか呼吸困難とは気づきにくいので、しっかりと観察しましょう。

まとめ

はち子

どんなことにも言えますが愛猫を観察して普段と違うところはないか、飼い主さんの目からチェックすることは大切です。少しの気づきが猫ちゃんの命を救うことにもなるので、日頃からしっかりと見ておきましょう。鼻をヒクヒクさせることが単純に鼻を働かせているのか、大きくだるそうに呼吸を繰り返しているのかを見極めないといません。

スポンサーリンク