猫が『かご』に入りたがる理由3つ

猫が『かご』に入りたがる理由3つ

猫は箱や袋だけでなく「かご」も好きな子が多いです。一口にかごと言っても、プラスチックの洗濯かごが好きな子もいれば、自然素材のかごが好きな子もいますよね。今回は「猫にかご好きが多い理由」について解説いたします。最後には「猫ちゃん用かごを選ぶポイント」もご紹介していますのでぜひご覧ください。

904view

1. 好奇心によるもの

洗濯かごに入っている黒猫

猫は警戒心が強く臆病な動物ですが、その反面好奇心が強い子が多いという両極端な面を持っているユニークな動物です。飼い主さんが買い物をして目新しいものを買ってきた時に、我先にと買い物袋を覗きに来る子も多くいますね。

楽しそうなモノ発見!

猫ちゃんの中には、飼い主さんがお洗濯をする際に寄ってきて、洗濯かごの中に入ろうとする子もいます。洗濯物を干す飼い主さんが、猫ちゃんの目には「楽しそうに遊んでいる」と映っているのかもしれません。

飼い主さんが洗濯物を取り出すかごに興味を持って「入ってみようかな」と思っていることが考えられます。これはネットショッピングの荷物が届いてダンボールを開封する際に、猫がおもむろにダンボールの中に入ってしまう時の気持ちと同じではないかと思います。

2. 狭い場所が好き

小さいバスケットに入る茶トラ

猫は自分の身体がすっぽりと収まる程度の狭いスペースが大好きです。猫は警戒心が強い動物のため、狭いスペースに入ることで身を隠す習性があります。おしりや背中など、自分の死角となる部位がどこかに密着していると安心できるためです。

箱や袋だけでなく、小さいクッションや鍋敷きなどの平面的な狭いスペースにも思わず入ってしまうほどです。猫がかごに入りたがるのも同じように、かごが猫にとって安心できる、心地良いスペースに感じるためと考えられます。

3. 心地良いから

かごで眠るグレー猫

かごは箱や袋とは違い、編み目があったり穴が空いていたりします。その形状によって通気性が良いことから、かごの中は猫ちゃんが心地良く感じやすい場所です。猫は心地良い場所に好んでいようとしますので、猫ちゃんが安心してくつろいでいるということはその場所が心地が良いということです。

自然素材のメリット

藁やラタンなどの天然素材のかごは、プラスチック製よりも通気性が良いため、夏でも快適にくつろぐことができます。接着剤や塗料などの人工的な加工もされてないものを選ぶと、猫ちゃんが噛んだり舐めてしまった際にも安心です。また、抜け毛を除去しやすいというところも、自然素材のメリットですね。

「猫かご」を選ぶポイント

窓辺でかごに入る猫

猫ちゃん用に作られた「猫かご」も販売されていますが、猫ちゃん用でないものでも大丈夫です。

猫ちゃんにかごを選んであげるポイントは

  • 愛猫が丸まった時のサイズ感
  • 警戒心が強い子にはドーム型がオススメ
  • 洗えたり水拭きOKな素材
  • 耐久性や安全性
  • 夏には通気性が良く涼しい素材

などです。自然素材のかごは夏だけでなく、冬には毛布を敷いてあげれば1年中快適に使用することができます。自然素材のかごを選ぶ場合はチクチクしないかや、編み終わりの部分が飛び出して尖っていないかを確認してあげると、猫ちゃんがケガをする心配が軽減されて安心です。

まとめ

王子郎

今回は「猫にかご好きが多い理由」について解説いたしました。かごは狭いスペースであるため、箱や袋と同じく狭いところに安心感を覚える猫の習性を叶えるものの1つです。しかしかごは箱や袋と違って、編み目があったり穴が空いていたりして通気性が良いという特徴があります。

特に夏場は段ボールやボア素材のドームなどは暑さを感じるため、通気性がよく体温調節がしやすいかごの方が心地良く感じるのでしょう。また、自然素材のかごは万が一猫ちゃんが舐めたり噛んだりしても安心感が高いですね。

手作りの自然素材のかごは編み終わり部分が飛び出てしまっていることもあるので、猫ちゃんがケガをしないように、トゲトゲしないかをチェックしてから設置してあげてください。

スポンサーリンク