猫のウンチが『異常に臭い』原因3選!ニオイを消すための対策から考えられる病気まで

猫のウンチが『異常に臭い』原因3選!ニオイを消すための対策から考えられる病気まで

猫の便は衝撃を受けるほど臭いものです。なぜ猫の便は臭いのでしょうか?さらに、悪臭が増す場合も原因があるのでしょうか?今回は猫の便臭についてご紹介いたします。

1737view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫のウンチはなぜ臭い?

鼻を押さえながら猫トイレを掃除する人

猫と暮らしてみて驚くのが、何といっても便の臭いでしょう。たとえ愛おしい愛猫でも、便臭だけは慣れるのに時間がかかるのではないでしょうか?

そもそも猫の便は、なぜこれほどまでに悪臭を放つものなのでしょうか?ここでは、猫の便が臭い理由を3つご紹介いたします。

1. 猫は肉食動物だから

肉や野菜やキャットフードが入った器の前に座る猫

日本人にとって、猫は魚が好きだという認識が強いでしょう。しかし、実際には肉食動物です。キャットフードも、肉食に合わせてたんぱく質が豊富に含まれています。猫の便臭が強い理由として、たんぱく質の多い食事が一番に挙げられます。中でも「動物性タンパク質」が臭いの原因になっています。

人間や犬とは異なり、肉食動物ならではの問題なので、致し方ない部分はあります。「とにかく猫のウンチは臭い!」と言う覚悟を持って接するしかありません。ただし、フードの種類によって軽減することは可能です。それは後ほど詳しく紹介いたします。

2. 便秘によるもの

人間のように本を読みながらトイレに座る猫

人間である我々にも心当たりがあるかもしれませんが、便秘は便臭を強めてしまいます。それは、猫にも同様のことがいえるのです。ただでさえ臭いの強い便を溜め込んでしまうことで、さらに臭いが強くなってしまいます。便秘になる理由としては、水分不足・環境の変化に伴うストレス・病気など様々なものが挙げられます。

愛猫の様子に違和感を覚え、便秘がなかなか改善されないようであれば動物病院を受診するようにしてください。

3. フードの変更による変化

ステンレスの器でご飯を食べる猫

便は食べたキャットフードの種類によって変化します。キャットフードごとに使用されている原材料の種類や配合が変わるからです。

同じ風味でも、メーカーによって含まれる成分は異なります。よって、フードによっては便臭がきつくなってしまうことがあるのです。

病気の可能性も視野に入れて!!

笑顔の獣医師に抱っこされている猫

強烈な臭いを放つ猫の便ですが、臭いなりに愛猫の便臭が普通か異常かを、飼い主さんであれば嗅ぎ分けることができるでしょう。便臭の変化だけで病気と確定できることはありませんが、急激な変化には注意が必要です。特に次のようなことに注目してみてください。

血の匂いがする・赤みがかった便が出る

主に大腸に出血が見られる場合、明らかに血便であると認識できるような赤みがかった便をすることがあります。さらに少し血の匂いがすることもあります。

ちなみに消化管に異常があり、出血を伴う場合は黒いタール便であることもあります。見た目が血便でなくても、臭いがおかしいと感じたら要注意です。

下痢をする

下痢が必ずしも大病と結びつくわけではありません。特にフード変更後や、食事量が多かった日は便がやわらかくなることがあります。そして、便臭も強くなります。

一時的であれば問題ありません。ただし改善が見られない場合は、フードの成分に対するアレルギーや他の病気も視野に入れて考えましょう。

くさ~い猫の便臭を改善する方法

猫を抱っこして顔を近づける女性

何とかしたい猫の便臭!猫だから仕方ないと諦めないでください。いくつか改善する方法があります。

  • 品質の良いフードを選ぶ
  • 毛玉ケアをする
  • 水分補給を積極的にさせる
  • 適度に運動するなど

消化の良い品質の良いフードを選び、運動をして腸の働きをよくするなどの健康管理を行うことで、便臭の軽減の一助になるかもしれません。

まとめ

トイレの子猫

猫の便臭に慣れるのは本当に大変です。肉食動物であるが故の臭さはありますが、フードの種類や生活習慣など、上手に工夫してみてください。

そして普段通りの食事をしているのにも関わらず、明らかに異様な悪臭を放つ際は病気の可能性も視野に入れて様子を見てあげるようにしてください。

スポンサーリンク