猫の寿命を決める食事方法4つ

猫の寿命を決める食事方法4つ

猫の寿命と食事方法にはどんな関係があるのでしょうか?猫に最適な食事や方法について知ることで、飼い主さんにとっては大切な家族の一員である猫ちゃんに長生きして貰いたいですね。

3366view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.メインの食事には「総合栄養食」を与える

キャットフード

猫のフードには「総合栄養食」と「一般食」があります。総合栄養食とは、猫にとって必要な栄養が摂取できるフードです。一般食とは、人間の食事で言えば「おかず」のようなもので、こちらをメインに与えていると栄養が偏ってしまいます。

添加物や穀物不使用品が好ましい

総合栄養食にも色々な種類がありますが、できるだけ人工添加物や穀物などが入っていないものが良いでしょう。本来肉食動物である猫には穀物は不必要です。また、近年では穀物アレルギーの猫などもいますので、そういう場合には「グレインフリー」と記載されせているものを選ぶと良いとされています。

中には穀物アレルギーはなくても、チキンアレルギーなどの猫もいますので、飼い主さんの猫ちゃんに合ったフードを用意してあげましょう。

2.できるだけドライフードと新鮮な水を与える

ドライフードと水が入ったフードボウルと猫

総合栄養食にもドライフードとウェットフードがあります。ウェットフードはドライフードより香りが強く嗜好性が高いため、好んで食べる猫も多いでしょう。しかし、食い付きが良いからといってウェットフードばかりを与えていると噛む力が弱まったり、歯石が付いたりしてしまいます。

若くて歯のしっかりした猫にはドライフードをメインに、いつでも新鮮な水が飲める環境が適切だと言えるでしょう。猫は慢性腎臓病・膀胱炎・尿路結石などになりやすい生き物です。水分をあまり摂らないことも原因になることがあります。

水はこまめに取り換え、いつでも新鮮な水が飲めるようにしてあげましょう。最近では自動給水機を使用しているお家も増えて来ていますよ。

3.人間の食べ物は与えない

ピザを食べる猫

人間の食べ物の中には、猫が口にしてしまうと命に関わる中毒症状を引き起こすものが多いです。代表するなら玉ねぎ・チョコレート・ブドウなどです。これ以外にもたくさんありますが、人間にとっては良い食べ物でも猫にとっては口にすると命の危機を招いてしまうこともあるのです。

猫が食べたがるからといって安易に人間の食事を与えることはせず、猫に最適なキャットフードを与えるようにしましょう。特に猫が中毒症状を引き起こす食べ物については、知っておかなければならないことです。些細なことで、猫の寿命は縮まってしまうのですから。

4.水分補給を心掛ける

水を飲む猫

猫の水分補給は大切ですが、与える水の種類にも注意が必要です。特にミネラルウォーターは硬度が高く、ミネラル過多になり腎臓に負担がかかってしまいます。また、結石ができやすくなってしまうため、ミネラルウォーターは猫の飲み水としては使用しないようにしましょう。

あまり水を飲まない猫に対しては、前述のウェットフードで補うことも重要ですが、腸が弱い猫などでなければメインのフードはドライフードにしましょう。逆に、噛む力が弱くなったり内臓の機能が低下した老猫にはウェットフードが食べやすいでしょう。猫に合った食事や水分補給など、工夫してあげることも大切です。

まとめ

餌を食べる子猫たち

猫に与えてはいけない食べ物や、消化しづらいものを与えていると予期せぬ病気や中毒を引き起こしてしまい、その分寿命は縮んでしまいます。愛猫の体質などもしっかり考慮し、その上で一番合っているフードを食べさせてあげましょう。

フードもヒューマングレードが良いとされていますが、ヒューマングレードでも食べさせ方によっては必ず良いとは限らないのです。

いくら良いフードを与えたとしても運動不足などで肥満になってしまっては意味がありません。室内飼いの猫の肥満・または肥満予備軍は40%にもなると言われています。一度に与えるフードの分量は愛猫の年齢や体重によって管理しましょう。

スポンサーリンク