猫が食べると死ぬ可能性のある『絶対NGな食べ物』4選

猫が食べると死ぬ可能性のある『絶対NGな食べ物』4選

猫が食べると危険な食べ物はたくさんあり、なかには命を失ってしまうほどの中毒症状がでてしまう食べ物も存在します。今回はそんな猫にとって絶対NGとなる食べ物を4つご紹介します。猫にとって危険なものを知っておくと、愛猫の安全を守りやすくなりますよ。

4550view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.チョコレート(カカオ)

チョコレート

チョコレートは猫にとって凄く危険な食べ物として有名で、実際に猫が死んでしまうほどの危険性がある食べ物となります。

具体的にいいますとチョコレートの原料となる『カカオ』が猫と相性がとても悪く、猫がチョコレートを食べてしまうと、カカオに含まれている成分『テオブロミン』と『カフェイン』によって、中毒を起こしてしまうそうです。カカオによる中毒症状としては

  • 興奮状態になる
  • 失禁する
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 心拍数の増加
  • けいれん
  • 発作

などがあります。食べてしまった量が多いと命が失われてしまうこともありますので、絶対猫に食べさせてはいけない食べ物といえるでしょう。

ちなみにココアやチョコレートケーキなどをテーブルに置いたまま、少し部屋を離れている間に猫が口にしてしまって中毒を起こしてしまう、というケースは割とよくあるそうなので、部屋を離れるときは気をつけてくださいね。

2.玉ねぎ・ネギ類

綺麗な玉ねぎ

玉ねぎやネギ類の食べ物も猫にとって危険な食べ物として知られています。猫が玉ねぎなどのネギ類を食べると『アリルプロピルジスルフィド』という成分によって血液中の赤血球が破壊されてしまい、体に様々な悪影響を及ぼしてしまうそうです。症状としては

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 貧血
  • 心拍数の増加
  • 呼吸困難
  • けいれん

などがあり、チョコレート(カカオ)と同様に、たくさん食べてしまうと命にかかわる危険性が高いといえます。

猫は玉ねぎやネギ類をそのままかじって食べることはあまりありませんが、玉ねぎを使った料理、スープなどを口にしてしまうことは少なからずあり、そういった場合に中毒を起こしてしまうことが多いそうです。ですので、玉ねぎを使った料理を作ったときは、愛猫が食べないように気をつける必要があるといえるでしょう。

3.アボカド

オシャレなアボカド

意外と知られていない猫にとって絶対NGとなる食べ物、それは『アボカド』です。アボカドは猫にどのような影響を与えるのかまだハッキリとは分かっていないそうなのですが、猫がアボカドを食べると『ペルシン』という成分によって中毒を起こしてしまうといわれています。

中毒症状としては『下痢や嘔吐』、酷い場合は『けいれん』『呼吸困難』『昏睡状態』といった症状が知られていて、可能性は低いですが命を失ってしまうこともあるそうです。中毒症状をおこすペルシンはアボカドの皮や特定の品種に含まれており、命にかかわるといわれています。

アボカドを原料として含むキャットフードには、中毒を起こさないアボカドミールやアボカドオイルが含まれていますので、アボカド中毒の心配はありません。ヒトの食事でアボカドを使用するときには、猫に盗食されないように十分注意しましょう。

4.カフェインが含まれている食べ物・飲み物

コーヒーと猫を撫でる人

カフェインの含まれている食べ物や飲み物も猫にとってとても危険なものとなり、過剰に食べ過ぎると命を失ってしまう可能性があります。カフェインの含まれているものといえば、コーヒーやお茶、抹茶、チョコレートといったものが有名ですよね。

コーヒーやお茶と聞くとすぐに飲みものが思い浮かぶと思いますが、カフェインの入っている食べ物も危険となります。

カフェインが含まれている飲み物は、明らかに猫にとって危険なものとして飼い主が気をつけやすいのですが、コーヒーや抹茶などのカフェインが含まれているケーキなどのスイーツは「あっ!これカフェインが入っていた!」と後から気づいたり、うっかり忘れてしまって危険視できずにいたりする、といったケースがよくありますので要注意。

カフェインが含まれている食べ物や飲み物を猫が口にしてしまうと、『興奮状態になる』『動悸・不整脈』『嘔吐』『けいれん』といった症状を出ることが多いといえます。

コーヒー一杯が致死量

ちなみにコーヒー一杯分のカフェインを摂取すると猫は命を失ってしまうといわれています。現実的に考えると猫が一度にコーヒー一杯飲む。ということは考えられにくいので、基本的にはカフェインによって命を失う可能性は低いそうです。

しかし、猫によっては少量でも酷い中毒症状を起こしてしまい死んでしまう可能性もありますので、カフェインの含まれている食べ物や飲み物を、口にしないよう気をつける必要があるといえるでしょう。

まとめ

鍋を覗く猫

猫にとって危険な食べ物(飲み物)はたくさんあります。今回はその中でも特に危険な絶対NGとなる食べ物を4つご紹介しました。

人間にとってはどれも身近な食材となるので、おそらくなにかしらの猫にとって危険な食べ物が家にあるのではないでしょうか?

愛猫が口にしてしまうと命を失ってしまう可能性がありますので、愛猫が食べたり舐めたりしないようつねに置き場所に気をつけてあげてくださいね。

スポンサーリンク