キャットフードを選ぶときのチェック項目5つ

キャットフードを選ぶときのチェック項目5つ

猫に食べさせるキャットフード。恐ろしくたくさんの種類があります。どれを選べば良いのか分からない!そんなお悩みはございませんか?キャットフードを選ぶときにチェックしておきたい項目を5つ、挙げてみました。

923view

1. 総合栄養食かどうか

キャットフード

キャットフードにはいくつか種類があります。猫に常食させる必要があるのは「総合栄養食」と表示のあるものです。その他のキャットフードは猫の健康を維持する上での栄養素が十分に含まれているとはいえません。

「一般食」や「間食」と表示されているものは猫に食べさせても大丈夫ですが、いつものご飯にするのは向いないのです。たまに楽しむ為に与えるようにし、与えた時はその分のカロリーを与える総合栄養食から差し引く必要があります。

2. なるべくならプレミアムフードを

プレミアムな食事を見る猫

プレミアムフードと呼ばれる高品質のキャットフードがあります。できればそれを与えると猫の体には良いでしょう。ただコストがかかるのでそこはお財布と相談です。

プレミアムフードも様々な価格帯が用意されていますので、懐具合を鑑みながらできるだけ高品質なものを与えてあげましょう。その方が猫の健康が保てますので余分な医療費を削れるかもしれません。

そしていつも元気でいてくれる方が猫も飼い主さんもお互いにとってハッピーでしょう。その為の必要経費だと考えればそこまで負担には思わないのではないでしょうか。

3. ライフステージに合っているか

ご飯タイムの猫たち

猫のライフステージに合ったフードかどうかも大切なポイント。子猫には子猫の、成猫には成猫の、老猫には老猫の必要な栄養があります。ライフステージに合っていないと肥満や病気の原因になることも。

大抵のフードにはライフステージについて分かりやすく表記してありますのでそれを参考にして買い求めましょう。

4. ドライかウェットか

ウェットフードを食べる猫

キャットフードには俗にいう「カリカリ」と呼ばれるドライフードと猫缶などに代表されるウェットフードがあります。どちらを与えるのが良いのか、迷ってしまいます。

多くの獣医師は自然の食事に組成が近いウェットフードを推奨しています。猫に不足しがちな水分も摂れるのでオススメです。ただコストがかかるため要検討です。

なるべく費用を抑えたいのなら、ドライとウェットを併用すると良いでしょう。例えば朝はドライで夜はウェットなど。違う食感のフードを食べられた方が猫も楽しめますので、検討してあげましょう。

5. 添加物について

美味しそうなキャットフード

キャットフードを選ぶ上で、添加物が気になる場合があります。なるべく少ない方が良いのでは?と考えたくなりますが…。一言で添加物といっても様々な種類があります。

品質を保つ上での保存料もあれば見た目を良くする着色料、猫の食欲を高める香料、栄養の補完を行う栄養添加物などです。人工的なものは入っていない方が、と思いますが必要な添加物もあります。

キャットフードの添加物に対しては「ペットフード安全法」という法律で安全性が保たれています。毎日食べても健康に害を与えない量だけ使われているのです。ですからそれほど敏感になる必要はありません。

どうしても気になる場合はなるべく添加物の使われていないキャットフードを選択すると良いでしょう。

まとめ

ミーコ

猫の健康を保つ上で重要なキャットフード。彼らの身体状況はもちろん、飼い主さんの志向やお財布具合などから最適なものを選んであげてください。キャットフードは猫の健康に直結します。納得のいくものを食べさせてあげましょう。

スポンサーリンク