猫に与えても大丈夫な『飲み物』3選!期待できる効果とは?

猫に与えても大丈夫な『飲み物』3選!期待できる効果とは?

「いつも水しか飲ませていない愛猫に、他の飲み物をあげてみたい」そう感じることってありませんか?猫が飲んでも大丈夫な飲み物を知っておくと、体調不良などで水を飲まないときに、水分を補給させやすくなりますよ。

2992view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.猫用の飲み物

ミルクを飲む子猫

たまには愛猫に水以外の飲み物を与えたい。そう思うときってありますよね?そんなときは猫用の飲み物から選んで飲ませるのがおススメです。猫用に作られている飲み物なので安心といえるでしょう。例えば、猫用のミルクや猫用スポーツドリンクは体調不良や食欲がないときに与えると、栄養を摂取させやすくなりますよ。

人間用はNG!

ちなみに人間が飲んでいる牛乳やスポーツドリンクは、猫に与えるのはNGとなるので要注意。人間が飲んでいる牛乳には『乳糖』という糖質がたくさん含まれているのですが、猫は基本的にこの乳糖を分解するのが苦手な動物となります。

その結果、牛乳を与えることで下痢や嘔吐を引き起こす場合があるのです。また、人間のスポーツドリンクは猫には濃度が濃すぎるため、頻繁に与えてしまうと『糖分』や『塩分』を取り過ぎることになってしまい、肥満になったり、さまざまな病気を発症してしまう可能性が高いといえます。ですから、人間の飲み物は飲ませないよう気を付けてくださいね。

2.猫が好きな食材の茹で汁

鼻をなめる猫

「たまには愛猫にスープを飲ませたいなぁ」そう感じることがあるのでしたら、猫の大好きなお肉や魚の茹で汁を与えるのも良いと思いますよ。茹で汁をつくるときは調味料を使わずに食材(お肉・魚)だけで茹でてくださいね。

お肉や魚の茹で汁は、ほのかな香りとうっすらと味がする暖かいスープなので、愛猫の食欲が低下しているときに与えると、気軽に食欲を増進させることができるといえるでしょう。

3.カフェインの入っていないお茶

コップの中を見つめる猫

猫はカフェインの入っている飲み物や食べ物を摂取すると、中毒症状が出てしまい最悪の場合命を失ってしまうことがあります。飲み物だとコーヒーや烏龍茶、緑茶や紅茶といった飲み物は猫にとって、とても危険な飲み物となるので、絶対に与えないようにしましょう。

大丈夫なお茶

お茶系の飲み物はカフェインが入っている場合が多いのですが、一方でカフェインが入っていないお茶もありそれらは猫に飲ませても大丈夫となります。

  • 麦茶
  • 黒豆茶
  • タンポポ茶

これらのお茶はカフェインが入っていないので、猫が飲んでもOKです。なんでも、麦茶が好きな猫は意外とたくさんいるそうですよ。一説には麦茶の香りが猫草の香りに似ているからだ、といわれているみたいですね。また、これらのお茶には以下の効果が期待できます。

期待できる効果

  • 麦茶……血圧を下げる血液をさらさらにする
  • 黒豆茶……肥満予防老化にしにくくなる
  • タンポポ茶……体内の老廃物を出してくれる

こうしてみると、カフェインの入っていないお茶には猫にとってメリットのあるものがあるといえますね。とはいえ猫は肉食動物なので、与えすぎると体調を崩してしまう可能性がありますので、飲ませたい場合はたまに少し与える程度(スプーン1、2杯ほど)にすることをおススメします。

まとめ

ロイズ

今回は猫が飲んでもOKな飲み物を3つご紹介しました。「たまには、愛猫に味や香りを楽しめる飲み物を飲ませてあげたい」そんな場合に飲ませてあげると良いかもしれませんね。

また、食欲がないときに与えると、少しは食欲を取り戻させたり、栄養を摂取させることができるといえるでしょう。

ただ、猫に与える飲み物は余分なものが入っていなくてシンプルな『水道水』が一番良いといわれていますので、今回ご紹介した飲み物は『たまに楽しませるための飲み物』『体調不良時に飲ませる飲み物』として与えると良いと思いますよ。

スポンサーリンク