猫に「ねこまんま」は与えないほうがいい?

猫に「ねこまんま」は与えないほうがいい?

炊いたお米にかつお節やお味噌汁などをかけて作る『ねこまんま』。昔の猫はねこまんまを食べながら生活することがありました。しかし、お米を使うねこまんまは猫にとって良い食べ物といえるのでしょうか?ねこまんまの必要性に迫っていきます。

723view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ねこまんまは与えない方がいい

ご飯を食べる猫

結論から先にいいますと、『ねこまんま』は与えない方がいいといえます。なぜならねこまんまには猫にとってマイナスとなる部分が多いからです。ねこまんまという食べ物は、炊いた白米にかつお節をまぶして与える『かつお節ご飯』や、白米にお味噌汁をかけてあげる『味噌汁かけご飯』といった種類があります。これらの食べ物はなぜ猫にマイナスになるのかといいますと、基本的に猫の体に合わないからです。

猫の身体に悪影響が

ねこまんまには『穀物(お米)』『お味噌汁』『かつお節』などが使われますが、猫は肉食動物なので穀物やお味噌汁に含まれている野菜を消化しにくいのです。また、人が食べ残したお味噌汁をねこまんまに使うとどうしても塩分が多くなり、猫に毒となる玉ねぎやネギなどが使われていることもあったりするので、猫にとって悪影響を与えてしまうといえるでしょう。

ちなみに炊いた白米は、少量でしたら猫に与えても大丈夫だといわれていますが、猫の体には合っていない食べ物といえますので、私の個人的な意見としては与えない方がいいと思います。

ねこまんまに使う『かつお節』はNG?

何かを見つめる猫

ねこまんまに使われることもある『かつお節』。おそらくほとんどの方は、かつお節は猫の大好物というイメージをもっているのではないでしょうか?実際にかつお節は香りが強くて味が濃いので、与えると猫が興味を示しながら食べることが多いといえます。ただ、そんなかつお節には『ミネラル』がたくさん含まれているので少し要注意です。

結石のリスク

たまに少量与えるくらいでしたらあまり問題ないといえますが……、毎日与えてミネラルをたくさん摂取させていると『結石』ができてしまう可能性が高くなってしまいます。例えば、猫は膀胱や尿道、腎臓などに結石ができやすいので、これらの場所に結石ができやすくなるのです。つまり、かつお節ご飯タイプのねこまんまは、猫にとってリスクしかない食べ物といえるのではないでしょうか?

ねこまんまを主食にすると猫にどういった悪影響を与えるの?

餌を食べる猫

それでは少し極端な例えになってしまいますが、ねこまんまを主食として毎日与えると猫の体にどういった影響を与えるのでしょうか。考えられることをご紹介しますと……

  • 消化不良によって下痢になる
  • 栄養が偏りやすい
  • 肥満になりやすい
  • 塩分をとりすぎる
  • 動物性たんぱく質が不足しやすい
  • 腎臓病になる可能性が高くなる
  • 結石ができるリスクが増える
  • その他の病気を発症しやすくなる
  • 体に負担をかけて寿命が短くなる可能性がある
  • 濃い味に慣れてキャットフードを食べなくなる可能性

主に上記のようなリスクが考えられます。

猫は基本肉食

猫は肉食動物なので『動物性たんぱく質』を摂取する必要があるのですが、猫まんまに使われる食材は穀物や野菜となるので、どうしても動物性たんぱく質が不足しがちになってしまいます。また、穀物から摂取される『炭水化物』は猫が分解しにくい栄養素となり、それらが体内に残ることで『肥満』になりやすくなるそうです。

猫と相性の悪い食べ物に含まれる栄養素は、猫の体では分解しにくいものとなる場合が多く、過剰に摂取してしまうことで、猫の体に様々な悪影響を与える可能性が非常に高いといえるでしょう。酷い場合は大病の原因にもなり得るので、そのことからも、ねこまんまはなるべく与えない方がいいといえますね。

まとめ

餌を食べる猫

今回はねこまんまについてお伝えしました。ねこまんまを与えると体調が急激に悪化するということにはなりにくいですが、頻繁に与えてしまうと猫に様々な悪影響を与えてしまう食べ物となります。猫の体とは相性が悪い食べ物とですので、愛猫のことを想うのでしたら与えない方がいいといえるでしょう。

スポンサーリンク