【命に関わる!】猫にとって危険な食べ物4つ

【命に関わる!】猫にとって危険な食べ物4つ

猫にとって危険な中毒症状の出る食べ物は多く存在します。似ているところはあっても猫、犬、人間と身体の消化機能や特徴はそれぞれに違います。人間が食べられても猫与えては危険なものをご紹介したいと思います。

2413view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.ネギ類

ネギのある庭にいる猫

タマネギやネギ、ニンニク等は、食べてはいけない猫にとって大変危険な食べ物として有名でしょう。万が一食べてしまうと赤血球が壊れてしまい命に関わります。みそ汁やスープに入っているタマネギもダメです。人間の食べ物に興味を持っている猫にはより注意が必要です。

2.チョコレート

チョコレートケーキに顔を近づける猫

チョコレートはカカオ成分であるテオブロミン成分によって中毒が起こります。人間には様々な効果が知られているチョコレートで身近にある物ですが、猫にとって危険な食べ物の一つです。特にテオブロミン含有度の高いビターチョコレートは危険です。飼い主が食べるお菓子の保管や、チョコレートの包み紙の処理をきっちりとしましょう。テオブロミンはカフェインの一種ですのでお茶やコーラにも含まれます。

3.プロビレングリコールの入った食品

テーブルの上のパンを狙う子猫

潤いを保つプロピレングリコールの入った加工食品も、猫の血液に障害を与えるので危険です。プロピレングリコールは増粘安定剤でスーパーやコンビニで販売されているおにぎりやパンなどにほぼ含まれているので、猫に与えては危険です。また、犬には大きな害をもたらさないのでドッグフードに入っていることがあります。間違って猫がドッグフードを食べないように注意するようにしてください。

4.キシリトールの入った飴やガム

キシリトールのガム

誤飲をしやすい大きさである、危険な人間のお菓子の一つにキシリトールのガムや飴があります。低血糖や内臓に影響を与え、死の危険があります。人間にはとても効果の高い成分ですが絶対に猫の手の届かない所で管理してください。

その他の食べてはいけない物

舌を出す猫

ご紹介した以外にも、猫が食べると危険な物をご紹介します。ついうっかり猫が口にすることの無いように、きちんと管理をするように心がけてくださいね。

アルコール類やカフェイン入りの飲物

お酒の置かれたテーブルでくつろぐ猫

人間でもアルコールを分解することができる人とできない人に分かれますが、猫はアルコールの分解ができません。少量でも体重の軽い猫には重篤な症状が出る可能性が高く、アルコール類を飲む飼い主は飲んでいるときにも後の処理にも注意が必要です。カフェインを含む珈琲、紅茶、お茶、コーラや栄養ドリンクなども、猫にとって危険な飲物です。

人間用のサプリメントや薬

蓋のあいた薬瓶の後ろで眠る猫

猫が風邪をひいたので、人間用の薬を与えて大変な症状になったということは案外あります。とにかく人間用に作られている薬やサプリメントは、絶対に自己判断で利用するのは絶対にやめましょう。飲ませるつもりはなくても、うっかりと落として誤飲をする危険性もあります。飼い主が薬を服用するときは床に落としたりしないように管理をしてください。

まとめ

チョコアイスを舐める猫

【命に関わる!】猫にとって危険な食べ物4つについてお伝えいたしました。

日々研究が進んできたペットフードには、優秀なものがたくさんあります。基本的には猫には猫専用フード以外は与えない方が安心でしょう。

愛猫の生活は飼い主の責任でうっかりでは済まされません。今一度、周りを見回し気持ちを引き締めたいですね。

スポンサーリンク