【絶対ダメ!】猫にNGなバレンタインのプレゼント3つ

【絶対ダメ!】猫にNGなバレンタインのプレゼント3つ

バレンタインのプレゼントとなるスイーツや飲み物のなかには猫にとってNGとなるものがたくさんあります。食べてしまうと中毒を起こすものもあり最悪の場合命を亡くしてしまうことがあるので、バレンタインのプレゼントの扱いには十分気をつけるようにしましょう。

822view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.チョコレート

チョコケーキと猫

バレンタインのプレゼントといえば、何といってもチョコレートが有名ですよね。女性は大好きな男性のために、一度は手作りのチョコをつくったことがあるのではないでしょうか?また男性は気になる女性からチョコレートをもらえるかどうか、ドキドキした経験があることでしょう。

そんなバレンタインのプレゼントとして有名なチョコレート。実は猫にとってかなり危険な食べ物となるので、愛猫が食べないように十分気をつける必要があるといえます。

猫には悪影響な物質

チョコレートには『テオブロミン』という物質が含まれています。テオブロミンはカフェインに似た物質で多量に摂取すると中毒症状を引き起こします。テオブロミンは肝臓で分解して排泄されますが、猫はテオブロミンを分解する力がなく、体に蓄積してしまい中毒症状を起こしてしまいます。

症状としては、『下痢・嘔吐』『不整脈』『血圧の上昇』『痙攣』『昏睡状態』といったものが現れることが多く、たくさん食べてしまった場合24時間以内に命を亡くしてしまう危険性もあるそうです。チョコレートは猫にとってとても危険な食べ物となるので、愛猫の手の届く場所には絶対置かないようにしてくださいね。

2.ブドウ・レーズンが入っているスイーツ

ブドウと猫

バレンタインの時期になるとオシャレなスイーツがたくさん販売されますよね。そのなかにはブドウやレーズンが使われているものも数多くあったりします。しかし、実はブドウやレーズンも猫にとって危ない食べ物となるので愛猫が誤って食べないように気をつける必要があります。

ただ、実際にはブドウやレーズンが猫にどのような悪影響を与えるのかは、まだハッキリと分かっていないそうです。とはいえ現段階では猫がブドウやレーズンを食べると下痢や嘔吐、おしっこの量が減るといった中毒症状を起こしたり、『急性腎不全』を引き起こす可能性が高いことは判明しているそうなので、バレンタインのプレゼントにレーズンやブドウが含まれている場合は、絶対に愛猫が食べないように対策するようにしてくださいね。

3.カフェインが含まれている飲み物・スイーツ

コーヒーと猫

バレンタインのプレゼントとして最適となるオシャレなスイーツのなかにはコーヒーや緑茶、紅茶を使用しているものもたくさんありますよね。これらには共通してカフェインが含まれているのですが、カフェインも猫にとって中毒を引き起こす危険なものとなるので扱いに気をつけなければいけません。

誤って摂取すると

猫がカフェインを摂取してしまうと、中枢神経に過剰な刺激を与えてしまい、興奮しやすくなったり体に様々な悪影響を与えてしまうそうです。症状としては『不整脈』『動悸が激しくなる』『嘔吐』『ふらつき』『けいれん』『呼吸困難』などが知られています。

最悪の場合死に至ることもあるので、カフェインが含まれている食べ物や飲み物は猫にとって凄く危険なものといえるでしょう。コーヒーや緑茶、紅茶、烏龍茶といったカフェインが入っている飲み物や食べ物はバレンタインの時期だけでなく普段の生活でも親しみのあるものとなるので、愛猫が口にしないよう常に気をつける必要があるといえますね。

まとめ

籠の中の猫とプレゼント

バレンタインのプレゼントとして人気のあるチョコレートやスイーツ、オシャレな飲み物には猫が口にすると危険な物質が含まれていることが多いといえます。

バレンタインの時期はついワクワクして浮かれぎみになるので、愛猫が危険なものを食べないよう、つねに心がける必要があるといえるでしょう。バレンタインを楽しみながらも愛猫の安全をバッチリ確保してあげてくださいね。

スポンサーリンク