猫の寿命を延ばすごはんの与え方5ポイント

猫の寿命を延ばすごはんの与え方5ポイント

猫にとってごはんの時間はとても楽しみな時間ですが、その与え方には、ポイントがあります。ごはんの与え方が良くなければ、猫の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。ぜひチェックしてみてください。

3207view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. ウェットフードが最適

ウェットフードを食べる猫

ウェットフードが猫の寿命を伸ばすという科学的根拠はないものの、多くの獣医師はウェットフードを推奨しています。

ウェットフードには適度な水分が含まれ、水不足になりがちな猫をサポートしてくれます。また、保存料などの添加物が少ないのも猫の健康にはプラスに働くでしょう。そして、ウェットフードに含まれる栄養素が猫の自然のごはんに近い事も重要ポイント。

ウェットフードはドライフードよりもコストがかかりますが、猫の体には良いフードなのです。

2. 総合栄養食を

キャットフードと猫

これは言うまでもないかもしれませんが、猫の毎日のごはんは総合栄養食にしましょう。市販されている猫のごはんには、総合栄養食、一般食、おやつなど含まれる栄養素によって区分されています。

総合栄養食には、猫が必要とする栄養素がバランス良く含まれていますが、一般食やおやつなどはそうではありません。

猫の健康を保ち長生きして貰うには、必ず総合栄養食を与える必要があるのです。フードのパッケージに、どの種類のフードなのか表記されていますので確認してから購入するようにしましょう。

3. 着色料はいらない

キャットフード

猫のフードの中には着色料が入っているものがあります。着色料は本来、食べ物の見た目を良く見せる為のものですが、猫が着色されたフードを見て美味しそうとは感じません。なぜなら猫には人間が見ているような鮮やかな色彩が見えている訳ではないからです。ではなぜ、猫のフードに着色料が入っているのか?

それは、飼い主さんに向けてなのです。フードに含まれる着色料は、日本では人用に許可されたものが使われていますが、その中には海外では使用禁止になっているものも。

猫のフードに着色料が入っていても、すぐに健康を害するという訳ではないのですが、長期に渡り与えている事でガンやアレルギーのリスクを高める可能性があります。なるべくなら、着色料が入っていないフードを選んであげましょう。

4. フードローテンションを

3種類のキャットフード

フードローテーションは必須ではないものの行うことで猫のアレルギー予防、栄養の偏りを防げる、いざという時、様々なフードが食べられるなどのメリットがあります。

頻繁にローテーションするのは猫の体に負担がかかってしまうので、1ヵ月毎やフードが1袋終わったらなどのタイミングで行うと良いでしょう。

フードローテーションには、デメリットも。消化器官に負担がかかる、食べてくれずにムダになる場合がありますので、メリットとデメリットを鑑みて行いましょう。

5. 量

餌を見つめる猫

猫に与えるごはんの量もとても重要です。フードのパッケージ書かれている給餌量をそのまま与えていると多すぎることも少なすぎることもあります。

計算の仕方は、検索するとたくさん出てきます。ここで説明していると、とても長くなってしまいますのでぜひ検索して計算してみてくださいね!

計算の仕方は、検索するとたくさん出てきます。ここで説明していると、とても長くなってしまいますのでぜひ検索して計算してみてくださいね!

また、ボディイコンディションスコアを確認しながら与えることも大切です。フードの量は体重から計算するだけでなく、実際に猫の体に触り体型を確認しましょう。

まとめ

つみれ

人よりもはるかに寿命の短い猫。なるべく長い時間、一緒にいたいですよね。その為には日々のごはん管理がとても重要です。飼い主さんが猫のためにできること、一つ一つ行って行きましょう。

スポンサーリンク