猫が食べたら命を落とすかもしれない物3つ

猫が食べたら命を落とすかもしれない物3つ

猫ちゃんは床に落ちている物を誤って食べてしまう可能性があります。体に悪いものを食べないように飼い主さんは気にかけてあげましょう。

88view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫にとって危険な物

猫とチョコレートケーキ

普段猫ちゃんと一緒に暮らしていると、床に落ちている物をクンクン匂いをかいでいる姿を見かけた事ないでしょうか。好奇心旺盛な生き物ですので見たことのないものや、普段置かれていない物を見かけると、すぐに匂いをかごうとします。そのまま誤飲や誤食をする時もありますので、小さな飲み込みやすい物に関しては特に気を付けないといけません。また、食べてしまうと命を落としてしまう危険性があるものもありますので、飼い主さんはこの点だけは特に気を付けて一緒に暮らしましょう。

ネギ類

ネギに囲まれている猫

ネギだけではなく「ネギ類」がダメなので気を付けて下さい。ネギ、玉ねぎ、ニラ、ラッキョウ、ニンニクといったもの全てが危険です。「ネギ中毒」と言われていますが「溶血性貧血」を起こす原因となりえるからです。

ネギ類の中に入っているアリルプロピルジスフィドと呼ばれる成分がヘモグロビンを酸化させてしまいます。これは人間と猫ちゃんが血液の中のヘモグロビンの構造が違う為に起きてしまうのです。この効力は加熱をしても衰えることはありませんので、うっかりハンバーグの中に入れる玉ねぎやシチューを作る際などには気を付けて下さい。

チョコレートやココア

チョコ抱えている猫

チョコレートやココアの中に入っている「カカオマス」という物質には「テオブロミン」という成分が含まれています。これは心臓や中枢神経を刺激することで下痢や吐き気、不整脈や痙攣といった症状を引き起こしてしまいます。大量に食べてしまって重症化してしまうと命の危険性も出てきます。

特にチョコレートやココアにミルクが加わると、猫ちゃんが欲しがるかもしれません。マグカップに入ったココアにミルクを入れると、猫ちゃんはなんとかして飲もうと顔を突っ込もうとするかもしれませんが、可愛らしい仕草でも気を付けてあげましょう。

人間用の薬

薬瓶の近くにいる猫

無いとは思うのですが、人間の薬を猫ちゃんにあげてはいけません。猫ちゃんを治すどころか下手をすると死なせてしまうことにつながります。体の構造が違うのですから薬が毒になっても、不思議なことではありません。愛猫の風邪や病気を治すときはすぐに動物病院へ連れていきましょう、

素人の考えで人間用の薬をあげてはいけません。また今の薬はカプセルタイプや錠剤も多いので猫ちゃんが間違って食べてしまわないように、保管方法にも気を付けて下さい。

まとめ

薬を食べようとする猫

体の構造が違う分、やはり人間用のものは基本的には合わないと考えておくと間違いがないかと思います。猫ちゃんの体に合わせたキャットフードやお薬を与えることで健康につながりますので、間違って与えたり、誤飲や誤食をしないように工夫しましょう。

スポンサーリンク