猫がドン引きしている『飼い主のおせっかい行動』5選

猫がドン引きしている『飼い主のおせっかい行動』5選

飼い主さんが良かれと思ってした行動、実は猫にしたらおせっかいだと思っているかもしれません。ドン引きされないように気をつけたいですね。どんな飼い主さんの行動に猫はおせっかいだと思ってしまうのか。チェックしていきましょう。

1469view

1. 過剰に心配する

心配されすぎな猫

やたらと心配しすぎて、猫に負担をかけてしまうのはおせっかいでしょう。例えばそれで猫の行動を制限してしまうなら、ストレスを溜めてしまいます。猫は自立しており、自分で考えて動ける動物。

たとえ飼い主さんがいなかったとしても、自らの力で窮地を切り抜けられるでしょう。なので過剰な心配は不必要です。猫の尊厳を損ねないように接していきましょう。

2. 降ろしてあげる

不満げな猫

高いところに登って降りられなくなる猫はたまにいます。登るのは得意でも、下るのはそれほど得意ではないよう。もし本当に降りられずに困っているなら助け船を出すのはOKです。

でもそうではないのに勝手に降りられないと判断して下ろすのはおせっかい。「せっかく気分が良かったのに…」とがっかりされてしまうでしょう。

以前筆者が勘違いして愛猫を高いところから下ろしたら「何を余計なことを」という表情で見られてしまいました。判断が難しいところではありますが、降りられなくて困っているのかどうかを見極めて対応してください。

3. 嫌がるのに服を着せる

服を着た猫

術後服など着せる必要がある場合があります。でもそうではないのに洋服を着せるのはどうなのでしょう?ただ単に可愛いからという理由で着せるのは、おせっかいを通り越して迷惑になってしまうでしょう。

それも嫌がっていた場合には、多大なストレスを与えてしまいます。もしどうしても着せたいのならごく短時間にして、さっと写真を撮って終わらせてしまいましょう。

一部洋服を着るのが好きな猫もいます。ここは個性や性格を見極め対応するようにしましょう。

4. 撫ですぎる

顔を撫でられる猫

猫が可愛いからといって、撫ですぎるのもおせっかいになってしまいます。体のチェックの為に撫でる必要があることもありますが、過剰にならないように注意しましょう。

猫が撫でて欲しい時や撫でて欲しい場所を狙って触れるようにすると、おせっかいにはならないでしょう。いつもいつも大歓迎というわけではありませんが、飼い主さんとの適度なスキンシップは必要です。オーバーにならないようにしながら接すると喜んで貰えます。

5. 来客に披露する

抱っこされる猫

人懐こい猫もいますが、ほとんどの猫は人見知りです。来客が来ると真っ先に隠れてしまう場合も多いでしょう。そんな猫を引っ張り出して見せるのはかなりのおせっかい。

気持ちは分かりますが、彼らにしたらものすごいストレスです。来客時には猫の好きなようにさせてあげましょう。そのうち気が変わったら、恐る恐る姿を見せてくれるかもしれません。

その時に対面して貰うようにすればよいのです。決して無理やり披露することのないように気をつけてください。

まとめ

猫に抱き着く女性

当たり前ですが猫と人の感じ方は異なっています。猫にとっての快が飼い主さんにとっての不快になることもあれば、その逆もしかりです。

大切なのは人の基準だけで判断しないこと。猫目線で考えることが重要です。お互い快適に過ごせるようにしていきましょう!

スポンサーリンク