猫が飼い主をおちょくっている時の行動5つ

猫が飼い主をおちょくっている時の行動5つ

猫は賢い生き物なので時として「もしかしておちょくられてる?」と感じられることがあります。どんな行動をする時、飼い主さんをおちょくっているのでしょか?探っていきましょう。

4414view

1. いたずらをする

いたずらした猫

飼い主さんをおちょくっている時、いたずらをかましてくるかもしれません。物を落としたり食べ物を漁ったり。こうやれば飼い主さんが反応することが分かっているのです。

今以上におちょくられない為には、いちいち声などをあげるのを避けなければいけません。無反応を突き通すのです。すると猫は「あれ?」と拍子抜けするでしょう。それ以上のいたずらはやめてくれるかもしれません。

ただ構って欲しくてやっている場合もありますので、そこは猫の気持ちを汲み取ってあげてください。

2. 乗っちゃダメな場所に乗る

キッチンにいる猫

わざと乗っちゃいけない!と言われている場所に乗っておちょくってくることがあります。キッチンやテーブルの上など、飼い主さんとしては猫に乗って欲しくないところがあるでしょう。

何度もダメといっているのに乗る場合、さもおちょくっているかのように思いますが、実は理解していないケースも。猫にしたら、なぜ乗ってはいけない場所なのか正直良く分からないのでしょう。どうしても乗って欲しくない場合は根気良く教え込む必要があります。

3. 呼んでもこない

府愛想な猫

猫を呼んでもこない…良くあることです。ご飯をあげようと探しているのに、無反応。どんなに名前を呼んでも反応してもらえないことはしばしばです。

おちょくっているというか「何してんの?」くらいの感じで、冷た〜い視線を送られていることは多々あります。ちょっと返事くらいしてくれてもいいのに。

ですが名前を呼んだ時の猫の反応を良く見ると、耳やしっぽをちょこっと動かしていることがあります。猫なりのお返事なのです。動くのが面倒な時にこのような行動をするよう。適当にあしらわれているような気がしなくもありません。

4. フェイントをかます

そっぽを向く猫

場合によってはフェイントをかまされることも。猫が近寄ってきたので甘えてくるのかな?と思いきや思いっきりスルー。そんなことをされた飼い主さんはいらっしゃらないでしょうか?

気まぐれな生き物なので、フェイントしてるつもりは毛頭ないのかもしれませんが、こちらからしたら完全におちょくられているとしか思えません。

そんな予想ができないところも猫の魅力ではあるのですが。気まぐれな猫の行動を楽しめるようにしたいものです。

5. 隠れて飛びかかってくる

隠れている猫

猫は狩りをする時、物陰に隠れて獲物を狙います。遊ぶ時もどこかに隠れ、飼い主さんが通ったスキに飛びかかってくることがあるでしょう。びっくりしたオーナーさんを尻目に一目散に逃げていくかもしれません。

おちょくっているのだか戯れているのだか分かりませんが、可愛い猫の行動と思って許してあげてください。そんなお茶目な遊びができるのも、信頼できる相手だからなのでしょう。

まとめ

舌を出す猫

猫が飼い主さんをおちょくることがあるのかといわれれば、そのほとんどが構って欲しい故なのかもしれません。

もちろん、気まぐれな行動がそのように見えることもしばしばでしょう。猫の気持ちは推測するしかありませんが、そんなやり取りも楽しみの一つではないでしょうか。楽しんで行きましょう。

スポンサーリンク