猫が飼い主の身体をよじ登る心理3つ

猫が飼い主の身体をよじ登る心理3つ

猫が体をよじ登ってくる体験をしたことがありますか?飼い主さんの体を登ってくる姿はかわいいですが、爪が痛いこともありますよね。どんなときに猫がよじ登ってくるのかご紹介します。

933view

1.甘え、愛情表現

肩に乗る猫

猫にとって飼い主さんは、身の回りのお世話をしてくれる母猫のような存在ですよね。猫は母猫に甘えるように、飼い主さんにくっつきたいと思って、飼い主さんの身体をよじ登っている場合があります。

くっついていると温かいですよね。飼い主さんといっしょにいたいという、猫の愛情表現なのでしょう。

飼い主さんの鼻にチューをしたいという、とてもかわいい理由で登ってくる猫もいるんです。猫が甘えてくれるのはうれしいですが、爪が痛かったり、服に穴が開いたりするのはちょっと困ってしまいますよね。

2.要求

人の足に前足をかける三毛猫

ツンデレと言われる猫が、甘える以外で飼い主さんに積極的に近づいてくるとすれば、何かしてほしいことがあるときですよね。ごはんが欲しい、遊んでほしいなど飼い主さんへのお願いが、待ちきれない、早くしてほしいというときに身体によじ登ってアピールする猫がいます。

他には、別の場所に連れて行ってほしい、抱っこしてほしいというお願いで身体をよじ登る猫もいます。我が家の猫は、まだ家に来たばかりで先住猫とは隔離していた頃「遊びたいから、先住猫のいる部屋に連れて行って」と身体をよじ登っていました。

3.遊び、好奇心

人の肩に乗ってパソコンを見る猫

猫は高い場所に行きたがります。キャットタワーの頂上がお気に入りの猫も多いですよね。「高いところに行きたい」と飼い主さんの身体をよじ登る猫もいます。見晴らしが良く、見下ろせるので、いつもと違う風景を楽しんでいるんです。特に子猫は好奇心旺盛なので、木登りのように登れるのが楽しいのかもしれません。

また、飼い主さんが何をしているのか知りたくて、登ってくる猫もいます。料理など立って作業をしているときや、飼い主さんが何か持っているときなど肩までよじ登り、じーっと飼い主さんがしていることを眺めているんです。飼い主さんといっしょに、作業をしているつもりになっているのかもしれませんね。

まとめ

虎(トラ)

猫が飼い主さんの身体を登ってくる姿は、とてもかわいらしい光景ですよね。子猫の頃は身体に登ってきてたけど、体が大きく成長してからはしなくなったという猫もいますよね。

母猫のように甘えている、愛情表現をしてくれているというかわいい理由でよじ登ってくる猫や、「はやくごはんちょうだい」「抱っこして」と待ちきれなくて身体を登ってくる猫がいます。

また、木登りのように登るのを楽しんでいたり、飼い主さんの目線の高さからまわりを見たいという好奇心で、よじ登ったりする猫もいます。愛猫が身体をよじ登ってくるのは、どんなときか観察すると性格もわかってきそうですね。

スポンサーリンク