飼い主が騙されている猫の下心ありあり行動3つ

飼い主が騙されている猫の下心ありあり行動3つ

可愛らしい見た目や仕草に騙されて猫ちゃんの思い通りに動いてしまっていませんか。猫ちゃんの下心ありありの行動についてまとめてみました。

1000view

猫にも下心?

鳴く猫

猫ちゃんはずっと見ていられるほど、多くの魅力を持ち合わせています。しかし猫ちゃん本来の自由奔放の性格の面から、時には自分の都合の良いように事を運びたくて、飼い主さんにおねだりすることも多々あります。

普段から飼い主さんの事をじっと観察して「こうしたらこういう事が起きる」と日々学習しているのです。その学習を生かして「このように甘えれば飼い主さんはご褒美をくれたり、構ってくれたりしてくれる」と方程式のようなものが組み立てられると、実践してきます。

飼い主さんは可愛くても、冷静に判断しながら猫ちゃんの要求に応えていきましょう。

1. 足にすりすりする

ジーンズにすりすりする猫

猫ちゃんと一緒に暮らしていると、よく足にすりすりと体をこすりつけてくることはないでしょうか。うっとりとした表情で体全体を使ってこすりつけてくれるので、飼い主さんとしてはなんだか嬉しくなる仕草かと思われます。

しかしこのポーズは猫ちゃんにとって、はっきりとした要求の仕草でもあります。「この飼い主さんは自分のもの」という意味でにおいづけの効果もあるのですが、「ご飯が欲しいよ」というアピールでもあります。

ちなみに筆者の猫ちゃんは、ほぼ毎日この仕草をします。同時にしっぽはぴんと上に立っているはずです。しっぽを上に立たせることで自分の存在を大きく見せます。「ここにいるよ」と、アピールするのによく使われる手法です。ついうっかりして、猫ちゃんにおやつなどをあげないように注意しましょう。

2. ちょんちょんと触っていく

人にタッチする猫ちゃんの手

猫ちゃんは興味深いものを見つけると、前足を使ってちょんちょんとその対象物を触ります。しかしもし飼い主さんにたいしてすることがあれば、それは構ってほしかったりご飯のおねだりをしています。

筆者の猫ちゃんはよくそばを普通に歩いていくのですが、しっぽだけ軽くふわっと触れさせながら歩き去っていきます。そのように軽く触って飼い主さんの気をこちらに向けてご飯を狙っていますので、注意しましょう。

筆者が愛猫のあとを追いかけていくと、そのままいつもあげているキャットフードが入っている戸棚の前まで誘導されます。

3. 見つめる

見つめる猫

猫ちゃんのまんまるな目はとても魅力的です。見るだけでつい構いたくなってしまうほどです。この場合も猫ちゃんからの下心ある行動である可能性が高いです。

扉を開けてほしいときにしたり、「ご飯はまだですか?」という意味だったり、無言の「遊べ」という圧だったりと、状況に応じて多くの意味があります。長年一緒に過ごした猫ちゃんと飼い主さんであれば、その視線がどんな意味か分かってきますが、応えるかどうかは冷静に考えましょう。

まとめ

ひめ

猫ちゃんの仕草は、下心があると分かっていても可愛らしいものです。つい要求に屈してしまいがちになりますが、一度応えてしまうと「こうすれば大丈夫」と思われて、何度も同じ仕草をされてしまいますので、長期的な目で要求にこたえるかどうかは考えましょう。

スポンサーリンク