猫が『見ないでほしい』と思っている部位やタイミング4選!もしかしたらストレスを与えてるかも…?

猫が『見ないでほしい』と思っている部位やタイミング4選!もしかしたらストレスを与えてるかも…?

猫はとても繊細な生き物です。本当は飼い主さんに「ここは見ないで欲しいにゃ!」と思っているシーンがあるかもしれません。それを知らずにじ〜っと見つめていたら、ストレスを溜めてしまうかも…。注意していく為にも、しっかりチェックしましょう!

1810view

1. トイレ

トイレ中の猫

トイレしている間じ〜っと見られていたら…。猫はストレスを感じてしまいます。落ち着いて用を足せないので、困ってしまうでしょう。「ここは安心できにゃいにゃ!」と判断したら、以後はそのトイレを使わなくなる可能性があります。粗相の原因になってしまうかも。

猫にとって用足しは命がけです。無防備な状態になるので、いつ敵に襲われるか分かりません。ですから、なるべく安心できる場所でしたいと思うのが猫心。たとえ家の中であっても本能ですから、その心情は変わりません。たとえ飼い主さんであってもトイレ中は見ないで欲しいと思っています。

ただ稀に依存心の強い猫や子猫気分が抜けない猫の場合、見ていて貰った方が安心!と思うこともあるようです。わざわざ飼い主さんを呼んで用を足すことがあるので、そこは彼らの好みに合わせてあげましょう。

2. ご飯

餌を前にした猫

ご飯中、「視線を感じると気になってしかたにゃいにゃ!」という猫の嘆きが聞こえてきます…。夢中になって食べている姿はとても可愛らしいので、思わず見つめてしまう気持ちは分かります。でも猫は、ストレスに思っているかも。

性格的に気にしない場合もありますが、できればゆっくり落ち着いて食事させてあげたいもの。特に食べている時体に触れるのは、嫌がる場合が多いです。少し離れた所から見守ってあげましょう。

ですがトイレと一緒で、食事中飼い主さんに側にいて欲しいと思う猫がいます。万が一敵が襲ってきた時は、守って欲しいと思っているのでしょう。その場合はじっと側で見守ってあげてください。

3. 目

猫の目

目を見られるのを嫌がる場合は多いです。なぜなら猫界では見つめ合うのは「やんのか?ゴルラァァァァ!」と喧嘩を売っている意味になってしまうから。特に初対面の猫など、信頼関係がまだ構築できていない場合は注意してください。

じっと見つめていると段々鼻息が荒くなって、そのうち飛びかかって来られてしまうかも。そうなると敵う気がしませんので、猫の目は極力見ないように気をつけましょう。

もしバッチリと視線が合ってしまった場合はスッと反らすか、ゆっくり瞬きをして敵意がないことを伝えましょう。

信頼関係ができていれば、多少目を合わせても大丈夫です。

4. 失敗したとこ

滑った猫

例えばジャンプしようとして落っこちてしまった、足を踏み外したなど猫が失敗するシーンを目にすることがあると思います。思わず声を上げて笑ってしまいますが…。

猫にだってプライドがある!失敗したところを見られて笑われたらきっと、自尊心が傷ついてしまうでしょう。分からないと思っても実は、結構気にしているようです。

笑いたくなってもこらえるのが、猫に対しての礼儀。見て見ぬふりをするのが1番かもしれません。

まとめ

恥ずかしそうな猫

やはり、猫もトイレやご飯は静かに落ち着いて済ますのが良いよう。ストレスを溜めてしまわないよう、配慮してあげてください。

人以上に繊細な生き物なので、体調を崩してしまう可能性もあります。十分に気をつけて、お互い快適に過ごしましょう!

スポンサーリンク