重くないの?猫が重なって寝る理由4つ

重くないの?猫が重なって寝る理由4つ

他にもスペースはあるのに、なぜか猫が一点に重なり合って寝る光景、見たことありますか?上の方ならまだしも、一番下にいる猫は重さを感じないのでしょうか。彼らが積み重なって寝る理由、探ってみました。

617view

1. 温かいから

2匹の子猫

猫が重なって寝る理由、それは温かいからです。お互いの体と体をくっつけ合えばぽかぽかして、気持ち良く眠れます。ぎゅうぎゅうに詰まるのは彼らのお得意技。たとえちょっとぐらい苦しくても気にしません。それよりも温かい方を選ぶのが猫なのです。

重なるのは子猫でも成猫でも行いますが、子猫の場合は体温を保つ意味が大きいです。まだ小さいうちは体の熱を一定にしておく機能が完全に出来上がっていない為、冷えて体調を崩してしまわないようにしているのです。それにしても猫団子は、見ていて微笑ましい気持ちにさせてくれますね。

2. 安心するから

安心して寝る猫

誰かにくっついて寝ると、ほっとしますよね。それは猫も同じのようです。たとえ仲間を下敷きにしていたとしても、逆にされていたとしても安心感には変えられません。

他の猫のぬくもりを感じながら眠りにつくと、ほっとするのでしょう。万が一敵が襲ってきたとしても仲間がいれば何とかなる。そんな気持ちもあるのかもしれません。

3. 優位に立ちたい

ひざに乗る猫

上に重なるのは相手よりも優位に立ちたい、という心理が考えられます。これは猫に対しても飼い主さんに対しても同じです。「自分の方が上なのにゃ」と相手を従わせようとしているようです。猫自身の体重で押さえつけているのかもしれません。よく我が物顔で体の上に乗ってくる理由が、理解できたような気がします。

4. 良いクッションだから

猫にのる猫

他の猫のことを「ふわふわで温かい良いクッション」と思っている可能性も。彼らは良く、色々なものを体の下に敷く傾向があります。ちょうどそこに気持ち良さそうなヤツが寝てたから、たまたま上に乗ってみたのかもしれません。

下敷きにされた方は良い迷惑ですが、乗っかっている方はそんなことにはお構い無し。涼しい顔をして、寝ているに違いありません。猫って繊細な生き物ですが、そういう面は図太いですよね。

やっぱり重い!

重なる猫

下敷きにされた猫は重くないのか?苦しくないのか?と心配になりますが、やっぱり不快みたいです。一番下にいる猫がもそもそと這い出てきて、山の一番上に重なることがあるからです。すると今度は次に一番下になった猫が出てきて…ともしかしたらクルクル循環しているのかもしれません。

重なる猫の数にもよりますが、成猫だったら平均4kgはありますからたとえ1匹だけでも重いですよね。それが何匹も乗っかってきたら、窒息しそうな勢いです。猫が潰れてしまわないように、注意したいところです。

まとめ

チッちゃんクッちゃん

猫は時に、人間には理解しがたい行動をすることがあります。なんでわざわざ重なって寝る…?と疑問に思いますが、彼らには彼らなりの理由があるようです。

重なり合ってスヤスヤしている猫たちにちょっと混ざりたい!と思ってしまうのは、私だけでしょうか…?

スポンサーリンク