猫の『遊んでほしい!』サイン6つ

猫の『遊んでほしい!』サイン6つ

猫が飼い主さんを遊びに誘っているときのサインに気がついていますか?鳴く以外にも、飼い主さんにサインを送っているんです。どんなしぐさで猫が遊ぼうと伝えているのかご紹介します。

1912view

1.鳴く

見上げて鳴く猫

飼い主さんにしてほしいことがあるとき、猫は鳴いて訴えますよね。遊んでほしいときも、鳴いてアピールするんです。甘えた鳴き方で訴えても反応してくれないと、大きな声で不満そうに鳴くこともあります。

2.スリスリする

スリスリする猫

「遊ぼう」と飼い主さんの足にスリスリと体をこすり付けて、甘えて訴えます。飼い主さんが歩きだすと、それでもスリスリしながら一緒に歩いて来たり、先回りしてアピールすることもあるんです。我が家の猫もこのタイプで、気をつけて歩かないと蹴ってしまいそうになります。

3.飼い主さんを見る

見上げる猫

鳴いたり、スリスリしても飼い主さんが反応してくれなかったときや、激しい主張をしない奥ゆかしい性格の猫が、飼い主さんをじーっと見つめていることがあります。怒ってしまったのかなという表情でいる猫もいますが、飼い主さんの動きに注目しながら、遊ぼうとサインを送っているんです。

4.お腹を見せて転がる

転がるキジトラ猫

猫が飼い主さんを見ながらコロンとお腹を見せて横になったら、それは遊ぼうと誘っているんです。弱点であるお腹を見せられるほど、安心して甘えているということでしょう。こんなにかわいいしぐさをされたら、すぐに遊んであげたくなりますね。

5.いたずら、邪魔をする

トイレットペーパーと茶トラ猫

遊びたいアピールをしているのに遊んでくれない、飼い主さんが他のことをしていて気づいてくれない時に、猫がいたずらや邪魔をして注目してもらおうとすることがあります。パソコンや新聞を見ていると目の前に入ってきたり、やってはいけないと言われていることをやったりしてしまうんです。

また、いたずらや邪魔をしたときに、飼い主さんが大きな声を出すなどして叱ったことが、猫にとっては「構ってもらえた」と理解されてしまい、遊びたい時にいたずらをしてしまうこともあります。

6.おもちゃを持ってくる

おもちゃをくわえる猫

猫が自分でおもちゃをくわえて持ってきてくれる。一番ストレートな遊びのお誘いですよね。おもちゃを運んできたら、どんな状況でも遊んであげたくなりますね。

我が家の猫も、まだ体が小さくてケージで生活していたときは、ケージから出してあげるとすぐにおもちゃが入った箱に向かって行き、その時のお気に入りのおもちゃをくわえて持ってきてくれていました。

まとめ

桃ちゃん

猫の遊んでほしいアピールをご紹介しました!甘えたようなしぐさや、いたずらなど、どの方法も猫の気持ちがよく伝わってきますよね。ご自宅の猫がどんな方法で飼い主さんを遊びに誘ってくれているのか、ぜひ観察してみてください。遊ぼうサインをキャッチできれば、猫ともっと良い関係になれるかもしれませんね。

スポンサーリンク