猫がビヨーンと「伸び」をする理由5つ

猫がビヨーンと「伸び」をする理由5つ

「こんなポーズで大丈夫???」と思うくらいに猫は柔らかいですよね。この柔らかさを生かして思い切り伸びる猫たちを見かけることは多いでしょう。この伸びにも大切な理由があるようです。

1697view

1.リラックス中

窓際で長くのびる猫

眠りながらビヨーンと伸びている時は、大変に安心してリラックスしています。地面に脚も手も付いていないで伸びている猫の姿に、見る飼い主もほのぼのして嬉しいものですよね。

2.動き始める前のストレッチニャ

長く伸びる猫

そろそろ動き始めようと考えている時にも、ビヨーンと準備のために伸びます。人間と同じで体中に酸素や血液を行き渡らせます。猫の身体の柔らかさを保つためにも、ストレッチは無意識のうちに行っているようで、老廃物を出すなどデトックス効果も伸びにはあります。さすが猫ですね!

3.気分転換ニャ

伸びる猫

今までと違う事をする時に、ビヨーンと伸びてリフレッシュします。ジャンプをし損ねたりおもちゃを取り損ねたりなどの失敗の後や、大きな音や追いかけられた後など、ビクビクした気分を落ち着かせたい時にも伸びます。

猫はプライドの高い動物ですので失敗には、見て見ぬ振りをしてあげましょう。

4.緊張状態してますニャ

こちらを向く猫

家に来客があったなど、テリトリーに知らない人や動物が来た時に不安を感じ、伸びをする事があります。緊張して慎重に伸びをしている時は、なるべく触らないようにします。噛まれたり引っ掻かれたり攻撃される場合がありますので、むやみに近寄らない方が良いでしょう。

5.要求があるニャ

床に伸びる猫

眠たいなど、飼い主に甘えたい気持ちを抑えているときもビヨーンと伸びます。最高に可愛い表情で甘えているに違いありません、早めに眠る準備をしてたっぷりと構ってあげましょう。

その他伸び

ビヨーンではありませんが、猫の有名な伸びポーズをご紹介致します。

逆U字

ストレッチする猫

起きたての時にお腹を逆U字のようにそらせて、準備体操のように伸びます。「さぁ、食べるニャ〜」「動くニャ〜」という状況でしょう。

両手伸ばし

地面で伸びをする黒白猫

人間のヨガのポーズにも似ている、猫の身体が気持ちよくなる伸びのポーズです。

まとめ

ぶぶ

猫がビヨーンと「伸び」をする理由5つについてお伝え致しました。

猫のポーズは何でも可愛いのですが、伸びているときの姿もまた格別ですよね。伸びているときに出ているお腹に触ると、怒られることもありますから気を付けないといけませんね。

スポンサーリンク