ご機嫌な猫がする仕草8つ

ご機嫌な猫がする仕草8つ

猫のご機嫌な顔、分かりますか?犬の場合は、人間に似た笑いの表情を見せるので分かりやすいのですが、猫の場合、慣れないと少し分かりづらいかもしれません。しかし、猫にもちゃんとご機嫌な時があります。それはどんな時なのか、彼らの仕草、行動面から探ってみましょう。

2494view

ひとりでご機嫌な時

伸びをする猫

猫にだって気分が「アゲアゲ」になることがあります。例えば、日差しが暖かい時、気持ちいい風が吹いている時、美味しいものを食べてお腹がいっぱいな時。ご機嫌になるタイミングは、人間も猫もさして違いはありません。まずは、猫がひとりで楽しい気分になっている時に見せる仕草・行動から見ていきましょう。

1.お日様を見上げて日向ぼっこをする

くつろぐ茶猫

これは、お気に入りの場所を見つけてそこにおさまった後、目を閉じて太陽に顔を向け、その暖かさを堪能している時の写真です。この時少し鼻を上に向けながら空気の匂いをかぐのは、周りの安全を確認しているのかもしれません。

これは典型的なご機嫌フェイス。猫が安心してそこにいる印です。その証拠に、邪魔さえ入らなければ、間違いなくこの後心地よい眠りに落ちて行くことでしょう。

2.ひっくり返って地面をコロコロする

三毛のころころポーズ

帰宅した飼い主さんに会えた嬉しさで、床や地面をコロコロする猫ちゃんは少なくありませんね。しかし、これはもともと猫が持っていた行動パターンのひとつで、飼い主さん専用の仕草ではありません。猫たちはひとりでいても道端でコロコロするのです。

このコロコロは、縄張りを主張するためのニオイつけだといわれています。そのせいでしょうか、この行為に特に熱心なのは、野良猫や外出OKの猫たちで、室内飼いの猫ではあまり見られないようです。

コロコロするのは、そこが猫にとってとてもいい場所だからです。そこにどんな素敵な理由があるのかは人間には分かりませんが、とにかくそこに行くと気分がハイになるようです。日課になっている猫以外、よほど運に恵まれなければ出くわさない仕草ですから、見かけたら何かいいことがあるかもしれませんね。

3.毛繕いをする

しっぽを舐めるキジトラ白

猫は色々な場面で毛繕いをします。食事の後や気分を落ち着かせたい時、毛並みが乱れたり、何となく汚れたなと感じた時、そして写真の猫のように昼寝の前。

通常の毛繕いは汚れやすい顔や手先などが中心で、お座りの姿勢で行うことが多いものです。しかし、この写真のように、どっしり構えている時は、とてもリラックスしている時です。「気持ちいいな。せっかくだから、しっぽの先まできれいにしよう!」そんな声が聞こえてきそうです。

4.踏み踏み、グーパー、チュウチュウ

地面にひっくり返る茶トラ白

もしかすると、「ご機嫌」というのとは少し違うのかもしれませんが、猫たちが極上の幸せ気分を漂わせてする仕草に、踏み踏み、グーパー、そしてチュウチュウがあります。

「踏み踏み」は、柔らかい毛布や飼い主さんの腕などを前肢で交互にもむ行動です。「グーパー」はそれが空中に向かって行われる場合。「チュウチュウ」は同じく毛布や飼い主さんの身体一部、または同居猫のおっぱいを吸う行為です。

どれも、母親のお乳を飲む時の動作で、猫たちが眠たい時、子猫気分になっているようです。そして、気が済むまで行った後は、大抵そのまま眠りに落ちます。これが毎晩の儀式になっている猫ちゃんもいるようですね。

大好きな友だちに対して

しっぽを立てて歩く猫

猫は集団生活をする生き物ではありませんが、社交性がないわけではありません。そして、単独行動をする生き物だからこそなのでしょうか、特別なつながりを持つことがあります。相手はもちろん猫のほか人間や他の動物、例えば敵であるはずの犬でこともあるようです。

そういう大切な友だちを見つけたら、猫たちはまず写真のようにしっぽを立て、目を合わせて歩き始めます。相手が猫でない場合は、目を細め、ニャーと呼びかけながら急ぎ足でやって来ます。

5.挨拶をする

身体をくっつけて歩く仲良し猫

猫のきょうだい、あるいは友だち同士は本当に仲良しです。野良猫のメスは、母娘で子育てをすることが知られてますし、オスも、繁殖期以外は兄弟同士や義兄弟で仲良く行動していることが多いものです。

猫たちはしっぽを立ててやって来た後、顔や身体をこすり合わせて正式な猫の挨拶を交わします。写真の猫はおそらくきょうだいなのでしょう。しっぽまで寄せ合って、嬉しさあふれる姿ですね。

6.遊びに誘う

ちょっかいを出す茶トラ

大好きな相手には、遊びのお誘いもしたくなります。

この写真は、子猫が年長の猫を遊びに誘おうと、チョッカイを出しているところです。少し舌を出してウキウキな顔。これから大好きなお兄ちゃん、あるいはお姉ちゃんと楽しく遊ぶことを考えると、期待に胸がふくらんで嬉しくて仕方ない!そんな顔に見えませんか?

7.一緒にお昼寝をする

キジトラを舐める白猫

人間でも大事なお友だちに会ったら、お茶でも飲みならがゆっくりした時間を過ごしたいものですね。猫の場合も同じです。一緒に遊んだり探検したりした後は、お気に入りの場所で一緒にくつろぎたいのです。

そこでのんびり毛繕いをして、互いのぬくもりを感じながらウトウトできたなら....。それは、猫に限らず最高のご機嫌タイムではないでしょうか。

飼い主さんに対して

見つめ合う子どもと子猫

猫の目を真っ直ぐ見つめると、猫は怖がるといわれます。何かを「じっと見つめる」という行為は、自然界では「狙っている」と同義語ですから当然といえば当然です。しかも、人間の目は動物の中でもかなり特殊で、白目があるため何を見つめているのかがすぐに分かってしまうのです。

しかし、もしその恐ろしい人間の目を真っ直ぐ見つめる猫がいたら、それはその相手の人物を心から信頼している印です。この写真の猫と少女は、かなりくつろいだ姿勢で見つめ合っていて、羨ましいほどの仲良しぶりが見て取れますね。

8.これが極上のご機嫌な顔

ご機嫌な顔の茶トラ

しかしその安心の相手に、さらに自分の良い気分を知らせたい時、猫はこんな表情で見てきます。この笑ったような満足そうな顔。これがおそらく猫が最高にご機嫌な時に見せる顔です。

この顔で見つめられたら、飼い主さんは一瞬でとろけてしまうでしょう。そして、ひと言ニャアとでも鳴かれたならば、今までの数々のイタズラや苦労が、1度に吹き飛んでしまうのではないでしょうか。

まとめ

ゆうき

見慣れてくると、猫たちは結構な割合でご機嫌な顔や仕草をしています。猫というのは、基本的に楽天主義。ご機嫌な場所で、ご機嫌気分をまき散らしているものなのです。

そして、ご機嫌気分は伝染するもの。猫のご機嫌気分をお裾分けしてもらうのも悪くありません。おうちの子を、あるいはお散歩中に出会う猫ちゃんたちを観察する時間を、少しだけ増やしてみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク