猫がイラついているときの仕草や行動3つ

猫がイラついているときの仕草や行動3つ

感情が分かりにくいと言われている猫ちゃんですが、よく観察をしていると喜怒哀楽がハッキリ分かります。猫ちゃんがイラついている時の特徴をお伝えしましょう!

1179view

実はイラついてます!

不機嫌そうなスコティッシュフォールド

環境が変わったり、思うように飼い主さんに甘えられなかったり……。猫ちゃんがイライラしてしまうシチュエーションはたくさんあります。

どんな振る舞いも可愛らしい仕草に見える猫ちゃんの行動ですが、実はイラついている感情の表れであることも!猫ちゃんがちょっと不機嫌になっている時の行動やしぐさを3つご紹介しましょう。

1.ついつい、ガブッ!

怒り顔のアメリカンショートヘアー

可愛い猫ちゃんですから、ついつい執拗にかまってしまいがち……。ひとりが好きな猫ちゃんや、あまり触られるのが好きではない猫ちゃん、妊娠中・出産直後のメス猫ちゃんなどは、しつこく撫で回されるとついガブッ!と噛み付いてしまいます。

これは猫ちゃんの我慢の限界!「やめて!」の合図です。あまりしつこくせずに、つかず離れずの距離感を保つことも大切ですね。

2.しっぽをパタパタ……

しっぽをパタパタする三毛猫

猫ちゃんが尻尾をパタパタとするしぐさはとっても可愛いですが、小刻みに動かしている時は要注意です。あまり好きではない爪切りの時や、ブラッシングをしている時などによく見られる行動ですね。

一応じっとしてはいるけれど、内心は早くやめてもらいたくてイライラ……。じっとしていることに飽きているサインでもあります。

3.一所懸命毛づくろい。

毛づくろいをするキジトラ

知らない人に撫でられたり、来客が苦手な猫ちゃんは、普段の環境に戻ると思いっきり伸びをしてから一所懸命体をペロペロします。

ストレスから解放された猫ちゃんが、早く落ち着きたいために、リラックス効果の毛づくろいをしているのです。

まとめ

ラブ

いかがでしたでしょうか?猫ちゃんのイライラのサインをキャッチしたら、嫌がりそうな行動はなるべく避けて、リラックスできるようにそっとしておいてあげましょう。

小さなお子様がいる家庭では、お子様が猫ちゃんを構い過ぎないように配慮することも大切です。猫ちゃんがストレスを溜めすぎてしまうと、場合によっては、体を舐めすぎてしまい皮膚炎になってしまったり、ストレス性の膀胱炎になってしまうことも。

猫ちゃんと飼い主さんの適度な距離感を保ち、お互いに幸せな暮らし方を見つけましょう!

スポンサーリンク