猫が目を見開いている時の心理5つ

猫が目を見開いている時の心理5つ

猫は様々な表情で気持ちを伝えてくれています。無表情に思えますが、実はとても豊かに表現しています。猫が目を見開く時は、どんな心理なのでしょうか?一緒に探っていきましょう!

636view

1. 何かに興味を惹かれている

座って上の方を凝視する猫

ガサコソと動くもの、チラチラしているものなど、猫が何かに興味を惹かれているとき、目を見開きます。瞳孔もまん丸になっているでしょう。

このときの猫は集中しているので、話しかけても撫でても無反応なことが多いです。邪魔しないように見守ってあげましょう。ただ、ゴキ〇リなどを捕獲しようとしていたら、必死に止めましょう。食べてしまうと寄生虫がお腹に入ってしまうことがあります。

飼い主さんが動かすおもちゃにも、目を見開いて反応しますね。ガン見することで飛びかかるタイミングを見計らっているのです。猫と遊ぶのはとても楽しいので、ぜひ積極的に誘ってあげてください。

2. 興奮状態

怒って威嚇している猫

恐怖や怒りなどで興奮状態になっているとき、目がカッと見開かれます。「シャー」などの唸り声をあげているかもしれません。なだめようとウカツに近づくのは危険です。下手をすると攻撃を受けることがありますので、落ち着くまでそっとしておきましょう。

普通に暮らしている分なら、猫がここまで興奮することは少ないでしょう。他の猫の存在を感じた、飼い主さんから嫌なことをされたなど、よほど強い刺激を受けたのかもしれません。

3. 期待に胸がふくらんでいる

期待して見上げて鳴いている猫

「もしかして、おやつをもらえる?」など、期待しているときも目を見開きます。嬉しくてドキドキしているのでしょう。「にゃ〜ん」など、可愛い鳴き声もセットになっているかも。

また飼い主さんが遊んでくれそうなとき、瞳孔が大きくなった可愛い表情になります。その期待を裏切ることはできませんね。猫ががっかりしないようにしてあげてください。

4. 気になる音がする

床に横になって耳を澄ます猫

猫は人よりもはるかに高周波の音が聞こえています。何かが気になっているとき、動きを止め目を見開いた上に耳を澄まします。「何だろう?」と探っているのです。もしそれが猫にとって危険なものだったら、即座に逃げなければいけませんから。

猫が何もない空間をじ〜っと見つめているのは、音を聞いているからだと言われています。霊感が強いので、何かが見えているという説もありますが…。

5. 不愉快…

イカ耳で見つめる猫

不愉快な気分のとき、目を見開きます。イカ耳にもなっているでしょう。もしその原因が飼い主さんのしていることなら、すぐにヤメてあげてください。猫のイライラが頂点に達すると痛い応酬を受けてしまうかもしれません。

猫の不愉快サインは覚えておいて損はありません。瞳孔が大きくなる、しっぽをバタバタと振る、イカ耳になるなどで教えてくれています。見逃さないように注意してください。

まとめ

ポンちゃん

目を見開いた猫はとても可愛いです。でも中には気をつけなければいけない心理のときがあります。痛い思いをしないよう、十分に注意してください。猫と暮らしていると何となく、その気持ちが分かってきます。心を通わせて楽しく過ごしましょう!

スポンサーリンク