猫が「気まずい…」と思っているときの態度5つ

猫が「気まずい…」と思っているときの態度5つ

マイペースな猫も、時には気まずさを感じることがあるようです。その時の態度は、一体どんなものでしょう。意外と人と共通する点が、多いようです。早速チェックしていきましょう!

1672view

1. 目が泳ぐ

顎の下を撫でられて目が泳ぐ白猫

気まずくて思わず、目が泳いじゃう猫…。イタズラがバレたとき、自分から飼い主さんのお風呂をのぞいたとき、失敗したときなど、その場面は様々です。

筆者宅の猫も、なぜか近寄ろうとすると気まずそうにオタオタしてます。どうしてでしょうか?何かやましいことでも、あるのでしょうか?迫ってこられるのがあまり得意ではないので、どうしたら良いか戸惑っているのかもしれません。そんなに怖い存在ということでしょうか?ちょっと自信をなくしますね…。

2. 動きが止まる

驚いた表情で何かを見つめる猫

気まずさが発動した猫は、ピタッと動きが止まります。頭の中が真っ白になってしまうのでしょう。目の焦点も合っていないようです。そのうち我に返りそそくさとその場を去って、修羅場をくぐり抜けます。

引き出しを必死で漁っていた猫が視線を感じ振り返ると、そこには飼い主さんが…。動きを止め、「引き出しなんか開けてません…」というかのようにさりげなく閉める姿が、筆者の記憶に残っています。何かのテレビ番組で見たのですが。気まずくなると思わず止まってしまうのは、猫も人も同じなのですね。

3. 何事もなかったように振る舞う

じっとこちらを見つめる猫

例えばジャンプに失敗したとき、大抵の猫は何事もなかったかのように振る舞います。何なら寝たふりなんかしたりして、「え?何かあった?」とでも言いたげです。

端から見たらバレバレなのに、面白いですよね。これも人も同じことをしますので、種族は違えど似た部分が多いのかもしれません。何だか親近感が湧きますね!

4. 全身から緊迫したオーラを出す

真剣な表情で見つめる子猫

気まずさが最高潮に達すると、全身から緊迫のオーラを発します。ピキーンと張り詰めた糸のような、空気が流れます。

猫は人に対してだけではなく、猫に対しても気まずさを感じることが。筆者宅の猫たちは、ちょっとやんちゃなヤツの側を通るとき、刺激しないようにこっそりと歩き去ります。

その際、正に全身から緊迫のオーラが出ています。同じきんぱくでも、「金箔」の方なら良いのですが…。つまらない話は置いておいて、猫は雰囲気などで気分が読めるので、意外と分かりやすい生き物なのかもしれません。

5. ちょっと後ずさる

少し上の方を見つめる猫

「ヤバっ!」と少し後ずさりをする猫、見たことありませんか?気まずい空気の中、飼い主さんに叱られないか構えているのでしょう。もし危ない雰囲気になればきっと、全速力で逃げるつもりです。

走る準備は万端!猫が本気を出すと、とてもじゃないけど人は追いつけません。もし猫がイタズラをしていたとしても、捕まえるのは至難の業です。

まとめ

ジュ

いつもは態度が大きいのに、気まずさを感じているときは一回り小さくなったように感じます。本当に猫は動きが面白いです。思いがけない仕草を取ることがありますので、いつもいつでも目が離せませんね。

スポンサーリンク