猫が飼い主を怪しんでいる時の行動4つ

猫が飼い主を怪しんでいる時の行動4つ

普段は飼い主さんのことを信頼している猫ですが、状況によっては怪しんでしまうことも。疑いの気持ちを抱いた猫は、以下のような行動に移ることがあります。身を守ろうと、必死なのでしょう。飼い主さんをがっつり怪しんだ時の猫の様子、チェックして行きましょう。

1106view

1. 身をかがめる

植木鉢の後ろに身をかがめる猫

体を低く構え、飼い主さんの出方を見る猫…。完全に怪しんでいる時の行動です。「大丈夫かにゃ?何か良からぬことを企んでいるんじゃ…」場合によっては、さっさと逃げ出そう!すぐに動き出せるように、体勢を整えます。

猫が身をかがめている時、下手をすると恐怖から攻撃してくる可能性もありますので、そっとしておいてあげましょう。なだめようと近づくと、余計に怪しまれるかもしれません。気持ちが落ち着くまで待つ方が、得策です。

2. 隠れる

隠れる猫

「なんか、怪しいにゃ…」と思った時、さっとどこかへ隠れます。例えば飼い主さんが猫を病院に連れて行こうとしている時、いち早く察知した猫は、足早に姿を消します。一度見えなくなると、捕まえるのは至難の技です。

とても察しの良い生き物なので、なるべく気取られないように注意しなければいけません。キャリーを普段から室内に出しておくと、中に入れやすいでしょう。猫に近づく際は、無心でいることをオススメします。「病院に行く!」と思っていると見透かされて、隠れられてしまいますので…。

3. 逃げる

逃げる猫

続いて、怪しんでいる時の猫の必殺技、「逃げる」です。飼い主さんが少しでも不審な動きをしたら、さっとどこかへ消えてしまいます。そのスピードは、とてもじゃないけど人が追いつけるレベルではありません。猫を追いかけても、まるで歯が立たないでしょう。すばしっこい猫は、おやつなどでおびき出すしかありません。

または、警戒を解いて自ら出てくるまで、待ちましょう。「もう、大丈夫かにゃ?」とひょっこり顔を出したところをすかさず捕まえるのです。特に爪切りや歯磨きなど、体のお手入れをしようと近づくと、逃げてしまうことが多いでしょう。

ケア用品を手にすると察してしまうので、隠すなどして猫に気取られないように注意してください。気合を入れずなんの気なしに側にいけば、意外と簡単に捕獲できることが多いです。

一度逃げられると捕まえるのが大変なので、その前に確保することが、ポイントです。

4. 様子を見る

様子見な猫

さっと逃げたと思ったら、物陰から様子を見ていることも。半顔で怪しみながらこちらを伺っていることも、多いですよね。「大丈夫か?飼い主…」恐怖半分、興味半分で覗き込む猫…。

何かとても悪いことをしたような気分になります。思わず「ごめん!」と言いたくなってしまいます。決していけないことをしたわけではないのに、なぜか猫の圧力って、こちらがいけないような気分にさせられます。不思議ですね…。

まとめ

見つめる猫

猫に怪しまれたくはないですが、どうしても、疑われるようなことをせざるを得ない時があります。極力逃亡されないようにしなければいけません。細心の注意を払い、接していきましょう。

スポンサーリンク