猫が人の寝室に入りたがる理由3つ

猫が人の寝室に入りたがる理由3つ

猫と一緒に寝ている飼い主さんも、そうでない飼い主さんもいますが、猫が寝室に入ろうとすることありませんか?寝室の何が好きなのか、何が気になるのか不思議ですよね。猫が寝室に入ろうとする理由をご紹介します。

1215view

1.飼い主さんを母猫のように思っているから

毛布の上で仰向けになってお腹を撫でられている子猫

猫にとって飼い主さんは、母猫のような存在となっていることが多いです。ごはんを用意してくれる、トイレをきれいにしてくれる、甘えさせてくれるなど、いつも近くにいてほしいと思っています。

なので、飼い主さんが寝室に入ってしまうのは猫にとって寂しいことなんです。さらに飼い主さんがそばにいることで、敵に襲われることなく安心して眠ることができるというメリットもあります。

独立心の強い猫など、猫によっては飼い主さんとベタベタするのは好まない場合もあります。また、多頭飼育などでは飼い主さんを独り占めしたいという思いから、寝室に入って飼い主さんに甘えようとする猫もいます。

2.布団の寝心地が良いから

毛布に包まれて眠る猫

猫はやわらかい毛布や布団が好きですよね。寝室にある布団が猫にとって寝心地が良いと知ってしまった場合、寝室に入ろうとすることがあります。特に冬は飼い主さんの布団に潜り込んでくっついて寝た方があたたかいので、寝室に入ろうとするでしょう。

我が家の猫も、普段猫が出入りできない家族の部屋に侵入してベッドで寝ていたことがあります。自分の好みの布団に一人で寝られたのが気持ち良かったのか、その後も侵入しようとしていました。また、布団は飼い主さんのニオイがするため、猫が安心できるのも寝室に入ろうとする理由として挙げられます。

3.寝室への興味

ベッドで眠る飼い主の足元から顔を出す白黒の猫

寝室に猫を入れないようにしている場合、猫にとっては何がある部屋なのかとても気になります。夜になると飼い主さんが入り、朝になると出てくる、不思議な場所ですよね。猫は好奇心旺盛な生き物なので「入ってはいけないけど入りたい!」と、すきを狙って入ろうとすることもあるでしょう。

寝室の窓から見る景色が好きという理由で、寝室に入りたがる猫もいます。決まった時間に寝室の窓から外を見るというルーティーンがある猫もいるんですよ。

まとめ

ごましお

飼い主さんの寝室に猫が入ろうとする姿、想像するととてもかわいらしいですよね。ですが、飼い主さんが猫アレルギーだったり、布団の上で猫がおしっこをしてしまったり、困ったこともあります。

なぜ猫が寝室に入ろうとするのか。それは、猫にとって飼い主さんは母猫のような存在で、いつもそばにいたいという思いから、一緒に寝室で寝たいと考えているようです。

また、寝室にある毛布や布団が好き、寝室が不思議な場所だから入ってみたいという理由も挙げられます。猫が寝室に入ろうとする理由から、甘えん坊な性格、好奇心旺盛な性格などが見えてきそうですね。

スポンサーリンク