飼い主と一緒に寝たがる猫の心理5つ

飼い主と一緒に寝たがる猫の心理5つ

飼い主さんが布団に入ると、決まって一緒に寝ようとする猫…。自分の快適なベッドがあるはずなのに、どうしてわざわざ飼い主さんと一緒に寝るのでしょう?その猫心理、探ってみました。

1929view

1. 甘えたい

飼い主と寝る猫

甘えたい気持ち全開の猫は、飼い主さんと良く一緒に寝たがります。寝る時はどうしても無防備になりますから、信頼している飼い主さんと一緒に寝ることで、安心感を得ていると考えられます。

甘えん坊な性格の猫はほぼ、飼い主さんと一緒に寝ようとするでしょう。寝るとすぐに、布団に来る猫はいませんか?その猫は間違いなく、甘えん坊だと思って良いでしょう。可愛いですけどね!

2. 寒い

毛布に包まれた猫

寒い季節になると暖を取るために、飼い主さんと一緒に寝たがる場合も。飼い主さんを湯たんぽがわりにして、寒い冬も難なく乗り切れます。

猫と一緒に布団に入ると、飼い主さんも暖かいです。お互いの体温で温まりながらぐっすりと眠るのは、とても幸せな気分になります。猫の性格などにより、冬限定な場合と季節に関わらず、一緒の布団で寝る猫に、分かれるようです。

3. 守って欲しい

飼い主の手を掴む猫

寝ているときは、とても無防備です。猫はたとえ目を閉じていたとしても、ひげや耳などで敏感に周囲の状況を察知していると言いますが、さすがに熟睡しているときは、できません。

そこで飼い主さんと一緒に寝ることで、守って貰いたいと思っていることがあるようです。万が一敵が近づいてきたら、飼い主さんが撃退してくれると信じているのでしょう。

家の中なので猫の敵が来るとはあまり思えないですが、警戒心が強い猫ですから、万が一のことを考えて、飼い主さんと一緒に寝ているのでしょう。

4. 自分が守る!

女の子と猫

猫が飼い主さんと一緒に寝るのは、「自分が飼い主さんを守る!」という気持ちも、多少あるようです。飼い主さんを自分の子供などと思っているのかもしれません。

「この牙も爪も尖ってないひ弱な生き物を、自分が守らなければ…」そんな使命感に燃えているのかもしれません。確かに、いざとなれば人よりも猫の方が、強そうな気がしますが…。猫が守ってくれると言うのだから、大人しく守られるのも良いですね!

5. 子猫気分

人のそばで甘える猫

成猫であっても子猫気分が抜けていない場合があります。そんな猫は、飼い主さんの顔や上半身近くで寝る傾向にあります。

飼い主さんのことを母猫だと、思っているのでしょう。筆者宅のボス猫は、結構な確率で筆者の顔近くに寝ています。

普段はボス猫然として頑張っているのできっと、より甘えたい気持ちが強いのかもしれません。そんな猫を優しく、労りたいと思います。

まとめ

獅子丸

猫と一緒に寝るのは、とても幸せな気分になります。ただ猫が側で寝ていると、身動きが取れなくなることがあります。寝返りが打てず若干困ることもありますが、それも猫との暮らしの楽しいところです。今日も猫と一緒に寝て、幸せな時間を過ごしましょう!

スポンサーリンク